ブログトップ
2010年 05月 06日

尾倉町・(北九州市八幡東区)

d0158053_20243449.jpg




 八幡の街のシンボルとなっている皿倉山。標高622mの山頂からは遠くは英彦山、さらに大分の由布岳が見渡せる日もあり、新日本三大夜景にも数えられるパノラマスポットだ。それでも八幡駅とケーブルカーのりばを結ぶバスは、日祝日の1便のみという状態にまで衰退しており、完全にその役目を失っていた。


※廃止済み停留所※

◎読み…おぐらちょう ■運行…西鉄バス北九州 □路線…帆柱ケーブル線[46番]
[PR]

by hansman | 2010-05-06 23:50 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(2)
Commented by 三ちゃん at 2014-07-28 22:12 x
お久し振りです。 空気を運ぶバスは、いずれ廃止になる運命?
バスの本数が少なければ乗客も離れて行きます。
まして車の無い方は行かれません。
岩屋も同じですね。最低7人は乗らないと採算は取れないと
聞いていますが……バス料金を増やす為に路線を途中で打ち切って
乗り換えにして、初乗り運賃が必要になります。
Commented by ハンズマン at 2014-08-01 23:05 x
>三ちゃん 乗り換えにしたり、本数を減らしたりすると、確かにコストは削減されていいんでしょうけど、その分利用者が一掃することを考えるとやらない方が良いのかもですね・・・。20分に一本は無いと客は離れていく感じがします。


<< 川辺・(大分県三重町)      森林都市・(福岡県宗像市) >>