ブログトップ
2010年 08月 23日

長者原[九重登山口]・(大分県九重町)

d0158053_1962234.jpg


 くじゅう・飯田高原の中でももっとも美しいといわれる、長者原。 草原の中を、やまなみハイウェイの快適な曲線が貫き、夏草は風にゆれ、くじゅうの山々は涼しげに高原をつつみ込む。 その壮大な景色を堪能しつつ、九州横断バスは風を受けて走り去る。


d0158053_1991110.jpg

◎読み・・・ちょうじゃばる[くじゅうとざんぐち]
■運行・・・九州産交バス株式会社 熊本営業所/日田バス株式会社 玖珠営業所/亀の井バス株式会社 別府営業所
□路線・・・九州横断バス[くじゅう号・あそ号] / くじゅう登山線 / くじゅう高原線[37]
[PR]

by hansman | 2010-08-23 19:21 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(2)
Commented by Kassy at 2010-08-24 19:35 x
初めまして。ブログ「それゆけ!! Kassy号〜♪」をやっておりますKassyと申します。
TGWくんのブログからやって参りまして、それ以降ちょくちょくお邪魔しております。hansmanさんの撮る画像って、風景の中にとけ込まれそうな、でもしっかり活躍しているバスの画像……バスのアップ画像と違って、バスの動きだとかその場の雰囲気だとか、独特の“匂い”が感じられてとても好きです。私にはとてもできるようなワザではなく、いつも感嘆の声をあげております。

コチラのバス停は行先としては知っていたものの、こういう雄大な場所にあったとは知りませんでした。ついついお出かけしたくなるような場所ですね。あ、もちろんもうちょっと暑さが落ち着いたらですね(笑)。

残暑厳しい日日が続きますが、どうぞご自愛くださいね。また寄らせていただきます。よろしくお願いいたします。
m(_ _;;)m
Commented by hansman at 2010-08-24 20:59
≫kassyさん

はじめまして。 ご覧いただきましてありがとうございます!

そうなんですよ!kassyさんがお気づきの通り、「バスのアップ画像と違って、バスの動きだとかその場の雰囲気」を伝えたいというのが当サイトの大きな目標のひとつになってまして、写っているバスの型式の説明をやってないのも「バスファンサイト」というジャンルとは一線を画したいという意図があります。 その結果、バス好きの方にとっては「内容が物足りない」、風景好きの方にとっては「バスが無ければ良いところなのに」という評価をいただくという微妙な立ち位置にあります(笑)

せっかくご覧いただいているにもかかわらず、最近は撮り貯めた写真の在庫が底を付き、だんだん掲載写真の品質が低くなってきてますので、どうぞ長い目でお付き合い下さい♪


<< 銀天街入口・(北九州市小倉北区)      東光寺・(福岡市博多区) >>