ブログトップ
2010年 09月 13日

八幡製鐵所総合センター前・(北九州市戸畑区)

d0158053_22441261.jpg


 高度経済成長期の象徴ともいえる、真っ赤な若戸大橋を背に、西鉄バスが列を成してやってきた。 つい数年前までは、すべてのバスが橋のたもとの渡船場、“戸畑渡場”から市内各地へ向けて出発していたが、今ではおよそ半数の路線が渡場まで行かず、営業所から直接発車していくようになったのも時代の流れというものだろうか。 



d0158053_22475176.jpg

◎読み・・・やはたせいてつしょそうごうせんたーまえ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 戸畑・門司・蜷田・弥生が丘・香月自動車営業所 など  
□路線・・・電車代替線(戸畑線)[70・74]・中原線[5・93]・一枝線[27・28]・鞘ヶ谷線[40]・大谷線[42]・白谷線[44]・戸畑循環線[1・2] など
[PR]

by hansman | 2010-09-13 23:03 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(2)
Commented by 三ちゃん at 2010-09-14 16:16 x
幾らか涼しくなった様です。又、関係の無い事を書きます。北九州市

合併に際は戸畑市は八幡製鉄所戸畑の羽振りが良かったので市庁舎

は戸畑に造れとゴネテいました。堺・千葉に製鉄所を造り出して社員の

転勤で人口が減り昔の面影は全く有りません。八幡市の人口は小倉市

よりも多かったのですがやはり中心地は小倉市だった。製鉄所では

嫌な目に相当遭ってるので戸畑は余り行きません。戸畑渡場からの

バスの発着だったのに今では半分ですか?それだけ乗客が減ったの

か自家用車が増えて乗らないのか乗るのは弱者の老人ばかりです。

老人が多いのなら路面電車の方がバリアフリーが定着していますので

良いのですが……いらぬ事を書きました。
Commented by ハンズマン at 2010-09-14 23:03 x
≫三ちゃん

こんばんわ~

やっと涼しくなってきましたね♪

戸畑渡場は、渡船→電車というかつての乗り換えの図式が、バスになって徐々に崩れ始め、渡船の利用客そのものが激減してしまっています・・・。

そういった影響や、西鉄社内での合理化政策がマッチして、本数が半減となってしまっています。

本当に三ちゃんのいうとおり路面電車を廃止してなければ、北九州はもっと魅力的な街だっただろうにと悔やまれますね。

北九州は電車が私企業による運営だったことや、マイカーだけでなく自社の路線バスが大きなライバルであったことが廃止を促進させたように思います。

戸畑も寂しくなってしまいましたね・・・。 そういえば一時期北九州市役所の仮庁舎は戸畑にあったそうですね! 八幡はちょっと西により過ぎているので市庁舎誘致は不利でしたでしょうね。

とはいえ、やっぱり小倉がもっともしっくり来ると思います♪


<< 赤岩Ⅱ・(大分県天瀬町)      和布刈公園・(北九州市門司区) >>