ブログトップ
2010年 10月 11日

筋湯・(大分県九重町)

d0158053_23171780.jpg


 くじゅう湧蓋山の山懐に、こんこんと湧きいずる筋湯温泉。 永らく秘湯的な佇まいを見せていたそうだが、近年はにわかに人気が高まりはじめ、第二の黒川温泉となる勢いで、狭隘な道路に各地から大型観光バスが乗り入れてくる。 そんな賑わいをよそに、路線バスだけは、昔ながらの鄙びた面持ちで、寂しげに温泉街を抜けてゆく。




d0158053_21465938.jpg
◎読み・・・すじゆ
■運行・・・日田バス株式会社 玖珠営業所
□路線・・・くじゅう登山線
[PR]

by hansman | 2010-10-11 23:25 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(6)
Commented by 三ちゃん at 2010-10-15 23:11 x
筋湯温泉ですか?  八丁原地熱発電所に出張の際に行きましたよ。

此処はうたせ湯が有名でしたが現在は知りません。久大線の豊後中村

からバスで大分かかったと思います。昭和30年代初めの頃だったから

今では当時の景観は無いだろうネ?湯治場の様な温泉場だったと記憶

しています。
Commented by ちょんびん at 2010-10-16 19:51 x
こんばんは。筋湯、確かに人気ですよね。
20年ほど前には頻繁に通っていた私としては、
人気の出る要素って不確定でわかんないなぁ、と思います。
当時から鄙びたいい雰囲気の山あいだったです。

こうやって掲載されたのを機に、いちど行かなきゃな、って思いました。
牧の戸から黒岩くらい、子どもたちと登りに行くついでにでも。
Commented by hansman at 2010-10-18 22:14
≫三ちゃん

返信遅くなりました~!

昭和30年代前半の筋湯なんて、今でも細い山道が、更に険しく、しかも舗装も砂利道や、未舗装区間もあったのではないかと想像しますがどんな感じだったのでしょう。

打たせ湯は今でも有名ですよ♪
Commented by hansman at 2010-10-18 22:20
≫ちょんびんさん

ついついバスに乗ったり、撮ったりが主題になってしまって、なかなか温泉にゆっくり入れないのが、もっぱらの悩み事になっており、偉そうに紹介している割には、実は筋湯に入ったためしもありません♪

くじゅうもいつか登山したいと思いつつ、どうしてもバスの方に行ってしまうんですよね!
Commented by 三ちゃん at 2010-10-19 11:54 x
そうなんです。舗装区間なんて有りません。国道さえも未舗装が有ったんですから…下り坂なんて石ころの上でブレーキをかけても止まりません。余程、早くからブレーキに足を置いておかねばキケンでした。
Commented by hansman at 2010-10-19 23:23
≫三ちゃん

そんなに険しいところだったんですね!!

いまや見る影もありません。 昔は自動車の運転者は相当な労力と技術が必要だったんでしょうね!

しかし、そういう悪路を行くボンネットバスなんかを体験してみたいものです。


<< 神の瀬小学校・(熊本県球磨村)      教楽来堤・(福岡県大牟田市) >>