ブログトップ
2011年 01月 07日

菅原[終点]・(大分県九重町)

d0158053_22113298.jpg


 宝泉寺温泉郷に程近い山あいに、菅原という集落がある。 昔、ここに菅原道真が立ち寄ったとされる由緒正しい場所なのだそうだ。 周辺にはそこかしこに温泉が湧く静かな佇まいの中、お昼のバスが出発を待っていた。



d0158053_22123073.jpg

◎読み・・・すがわら
■運行・・・玖珠観光バス株式会社
□路線・・・小国線(菅原支線)
[PR]

by hansman | 2011-01-07 22:17 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(2)
Commented by 三ちゃん at 2011-01-08 21:30 x
菅原の集落は行った事が有りませんが「宝泉寺温泉」は昔、久大本線
豊後森駅から乗車して隣の恵良駅より分岐する「宮原線」にて「宝泉寺
温泉」に行きました。ここで3日宿泊して山口県の俵山温泉に行きましたが旧、小郡駅までの切符は旅館で予約してくれました。当時は急行
でした。付近に温泉が沢山有り好きな温泉場です。泊った旅館は「龍
泉閣」でした。料理は最高でした。余り関係ない話でゴメンなさい。
Commented by hansman at 2011-01-09 18:11
≫三ちゃん

こんばんわ!

谷あいの静かな温泉宿で、最高の料理に舌鼓を打ってのんびりと過ごすという旅もたまにはやってみたいものです。

私の場合、どこに行ってもバスばっかり乗っていますので、結構時間に追われた旅になりがちですので♪

当時は鉄道でも色んな田舎や山奥に行けた時代なんですよね~。ローカル線が廃止されてしまったのは本当に残念です。

今年もどうぞよろしくお願いします!


<< 九重少年自然の家・Ⅱ・(大分県...      役犬原・(熊本県一の宮町) >>