ブログトップ
2011年 11月 25日

加来・(大分県中津市)

d0158053_19564622.jpg


▲狭隘な住宅地を走る大分交通

(中津市内の路線バスは、基本的に中津駅~大貞車庫間をどういう経路で走るかというパターンが基本となっています。 池永経由というのもその経路のひとつですが、その派生系統としてこの少年院支線をはじめ、田中・八面山・野路へと足を延ばす便があります。 ここ加来は、中津少年学院官舎の終点の程近く、民家の塀をかすめながらバスが通り抜けていきます。 ちなみに少年院に着いたバスはそのまま道を真っ直ぐ進み、大貞車庫へと回送されますので、終点の雰囲気は全く感じられません。)

◎YouTubu動画→クリック
(路線バスの走る風景など各種動画を投稿致しております。どうぞご覧下さい。)
最終投稿日:23/10/22



d0158053_19571783.jpg
◎読み・・・かく
■運行・・・大交北部バス株式会社 中津営業所
□路線・・・池永線(少年院支線)
[PR]

by hansman | 2011-11-25 06:00 | (大分県)・国東半島/宇佐/中津 | Comments(2)
Commented by 三ちゃん at 2011-11-25 12:00 x
今日わ。何時も行けない場所の写真を拝見しています。
地方のバスは道路が狭くても運行しているのに西鉄なんかは
乗客が少なければ、すぐ廃止のなります。企業努力でバスを
小型化にするとかして運行して欲しい路線が多々あります。
株主を大切にする余り採算が採れない路線は廃止なんです。
公共交通機関という立場を捨てていて金儲け一辺倒です。
3㎞先に行くのに態々、黒崎経由で行ったら運賃が3~4倍も
かかり時間も待ち時間を含めると1時間以上かかります。
大手の私鉄ってこんなものでしょうね。
車の持たない方の気持ちは全然解っていない様です。
私も12月6日限りで免許証を返納しますので病院はタクシー
になるでしょう。
Commented by hansman at 2011-11-25 22:51
≫三ちゃん

こんにちわ!

まぁ、ここも1日2往復しかバスが走らないので、使える代物では無いんですけどね~。それでも、西鉄のように路線もろとも切り捨てるやり方よりは良いと思います。

三ちゃんの言うとおり、西鉄は株主ばかりに気を使い、地域住民など蔑ろにしています。上場企業には、地域の公共交通を任せられないと感じます。


<< 八幡町・(大分県中津市)      薦神社前・(大分県中津市) >>