ブログトップ
2012年 03月 01日

八幡東ニュータウン第二・(北九州市八幡東区)

d0158053_20381590.jpg


▲雪をかき分けて走る西鉄バス

 急勾配を抱える路線なので、うっすらでも雪が積もれば基本的に運休となるのですが、この日の運転手はそんなことお構い無しに丘の頂上まで登りきってしまいました。西鉄の運転手にもまだまだ気骨のある方がいらっしゃるようで頼もしい限りです。
 八幡東ニュータウンは小倉の到津地区から南へ2kmほど。 バブル景気も終わろうかという時期に、小高い丘の上を削り取って、中規模な住宅団地が造成されました。 標高が100m以上のところであるため、下界は雨でも団地内は雪が降りしきるという事は良くあるようで、雪が降ると営業所の職員が融雪剤を撒きますが、結局は山路ランプ入口での折返し運転が常です。 なので雪の八幡東ニュータウンを走るバスは貴重かも♪ 



d0158053_20411797.jpg

◎読み・・・やはたひがしにゅーたうんだいに
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 小倉自動車営業所
□路線・・・八幡東ニュータウン線[76]
[PR]

by hansman | 2012-03-01 06:00 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(2)
Commented by 三ちゃん at 2012-03-01 22:39 x
北国の運転手はこの位の雪なら普通に走るでしょね。
昭和36年頃、真冬に北海道・滝川火力発電所(北電)に行った際

タクシーは普通のタイヤで2m以上の積雪を平気で運転していま

した。チェーンは無し、ましてスノータイヤなど無い時代です。

北国の運転手は巧いです。現在、事故ってる車は無装備で

走ってるのが多い。自分は運転が巧いと思ってるんでしょうね。
Commented by hansman at 2012-03-02 01:07
≫三ちゃん

こんにちは!

雪国の方にとっては、たかだか1センチの積雪で高速道路が通行止めになって、交通が混乱する福岡の様子は理解し難いのかも♪

九州でも阿蘇や大分の山奥は雪でも平気でバスが走りますが、西鉄はホント雪に弱いですね…。


<< 黒川[終点]・(福岡県甘木市)      相浦桟橋[終点]・(長崎県佐世保市) >>