ブログトップ
2012年 05月 02日

東原・(大分県大分市)

d0158053_21422138.jpg


▲坂を登る大分バス

 古い車を大事に使う大分バス。 明野団地へ向かう4車線の広々とした登坂路を、老朽車が力強く登ってゆきました。
 後ろに見えるのは、高城の町と新日本製鐵の大分製鐵所です。 温泉と山岳地帯のイメージが強い大分県ですが、県都・大分市は北九州市に次いで、九州で二番目の工業都市です。



d0158053_21434445.jpg

◎読み・・・ひがしばる
■運行・・・大分バス株式会社 大分中央営業所
□路線・・・明野団地線(高城経由)
[PR]

by hansman | 2012-05-02 06:00 | (大分県)・大分市内近郊 | Comments(2)
Commented by 三ちゃん at 2012-05-03 22:11 x
昭和20年後半、社会党の県知事が当選しました。それまでは
別府市と人口は変わりなく約10万人でしたが埋め立て地、1号地
から5号地まで埋め立てして企業を迎え今の様にコンビナート
が出来ました。1号地には九州石油・九電大分火力・住友化学。
2~3号地には昭和電工・日昭化学。4~5号地には新日鉄が
出来まして今の様な大きな都会になりました。以後も6~8号地
を埋め立てて造船所などが出来ていますね。自民党じゃなく
社会党の政権が創った事に意義が有ります。
何事にも反対の社会党県政が……ご立派でした。
Commented by ハンズマン at 2012-05-05 19:57 x
≫三ちゃん

こんにちは!

大分は熊本と並んで、昔は政争県と言われてましたが、まさに政争県ならではの行動力ですよね!
大分交通の車庫が5号地にあって、何となくそういう埋め立てがなされている事は知ってましたが、まさか九州石油のところから数えて5号地とは知りませんでした♪


<< 日向神・(福岡県矢部村)      三本松・(熊本県砥用町) >>