ブログトップ
2012年 06月 27日

平松・(福岡県田川市)

d0158053_22143560.jpg


▲鷹羽橋を渡る快速バス

 後藤寺駅の広々とした構内から分岐する日田彦山線と糸田線の線路を一気に跨ぐ赤い鉄橋は、戦前の昭和10年に架けられた非常に古い橋です。 橋の名前の鷹羽とは田川の地名の由来となった言葉なのだそうです。 “たかは”→“たがわ”に転化していったのでしょうか。
 ところで、この橋のたもとに百円坂給油所という、以前から気になっていた名前のガソリンスタンドがありますが、この百円坂というのは石炭採掘が全盛の頃、この付近に三井炭鉱の幹部クラスの職員住宅があって、彼らの百円という当時では大変高額な給与から、一帯を百円坂と名付けたそうです。 



d0158053_22291029.jpg

◎読み・・・ひらまつ
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 田川支社
□路線・・・小倉~田川線[快速]・金田方城線[22・23]・平原線[1]
[PR]

by hansman | 2012-06-27 06:00 | (福岡県)・筑豊 | Comments(2)
Commented by ワイドサイズ at 2012-06-27 13:32 x
おごめ~ん!

これは、炭鉱全盛期を語っているような堂々とした橋ですね!!!
Commented by ハンズマン at 2012-06-27 22:33 x
≫ワイドサイズさん

こんにちは~♪

筑豊から、昔の栄華を残すものが次々と姿を消していますが、この橋はまだまだ現役で活躍中です! これからも残っていてほしいです。

折尾の西鉄電車のレンガ鉄橋の“ねじりまんぽ”を早いうちに撮っておこうかなと考えています!


<< 脇田転向場[終点]・(福岡県若宮町)      金田・(北九州市小倉北区) >>