ブログトップ
2012年 07月 01日

砂津Ⅲ・(北九州市小倉北区)

d0158053_2371728.jpg


▲広大な西鉄砂津車庫と発着所

 明治時代に西鉄の全身の九州電気軌道がここに電車車庫を置いて以降、一貫して北九州の西鉄電車・バスの運行拠点をつかさどる砂津。 電車は無くなりましたが、今でもおびただしい数の西鉄バスが発着してゆきます。
 ひと昔前の砂津は、田川・行橋・中津・直方・飯塚など、遠くの知らない町へ向けて出発してゆく様々な行先の西鉄バスを眺めながら、夢や旅情がかき立てられるところでしたが、近年はそのような中距離路線は縮小整理の嵐となっており、市内路線と福岡市内へ頻繁に発車してゆく高速バスが全盛となっています。
 しかるに、バスの行先の変貌は、以前は周辺の中小都市から人が出てくるという小倉の街の立場が揺らぎ、今度は小倉自体が福岡という大都市へ吸収される側の立場への転換が起こったという事実を明確に示しているといえます。



d0158053_2374328.jpg

◎読み・・・すなつ
■運行・・・西鉄グループ各社 各自動車営業所
□路線・・・高速特急・市内各路線
[PR]

by hansman | 2012-07-01 06:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)


<< 砂津Ⅳ・(北九州市小倉北区)      脇田転向場[終点]・(福岡県若宮町) >>