ブログトップ
2012年 10月 17日

戸畑渡場[終点]・(北九州市戸畑区)

d0158053_22483986.jpg


▲寂しげな戸畑渡場で・・・

 洞海湾で隔てられた若松と、こちら戸畑の仲を取り持つわかと丸。 今年開通50周年を迎えた若戸大橋の真下にその若戸渡船の船着場と西鉄バスのりばがあります。
 ここは昭和60年まで西鉄の路面電車が発着していた場所で、現在でも当時のプラットホームと屋根がそのままの姿で、バス停留所として使われています。 かつては渡船からの乗り換え客であれだけごった返した戸畑電停も、今となってはすっかりバスの発着台数が少なくなり寂しくなったものです。 つい近年まで小倉の街中では頻繁に見かけていた“戸畑渡場ゆき”の表示を出したバスが、最近はすっかり珍しくなりました。



d0158053_22501129.jpg
◎読み・・・とばたわたしば
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司・戸畑・弥生が丘自動車営業所
□路線・・・戸畑線[70・74]・中原線[5・93]・鞘ヶ谷線[40]・白谷線[44]
[PR]

by hansman | 2012-10-17 06:00 | (福岡県)・門司/小倉/京築 | Comments(2)
Commented by ワイドサイズ at 2012-10-18 14:19 x
おごめ~ん!

この電停から若松へ橋を渡って遊びに行ったのが懐かしいです!
Commented by hansman at 2012-10-19 00:39
≫ワイドサイズさん

それにしてもここ10年くらいで一段と寂れたもんです…。
来週日曜日は若戸渡船が無料運航らしいので久しぶりに活気を取り戻すかもしれませんね♪


<< 森町・(大分県玖珠町)      十篭[迂回区間]・(福岡県星野村) >>