ブログトップ
2013年 03月 07日

西本町八幡駅前・(北九州市八幡東区)

d0158053_2244076.jpg


▲皿倉山と西鉄バス

 かつて路面電車が闊歩していた大通りを、いまは西鉄バスが走っています。八幡駅に降り立つと、目の前にそびえるのが標高622mの皿倉(帆柱)山です。八幡の経済を支えてきたのが八幡製鐵で、地形的にバックとなってきたのがこの皿倉山であり、市民から愛される山でもあります。左の建物は八幡信用金庫(現ひびき信金)の本店で、唐津出身で北九州育ちの建築家、村野藤吾による設計です。この八幡駅界隈は戦時中の大空襲で焼け野原となったため、戦後は不燃都市として総合的に開発されたところで、ほかにもいくつか村野氏が手掛けた建物があります。



d0158053_2244197.jpg

◎読み・・・
■運行・・・
□路線・・・
[PR]

by hansman | 2013-03-07 06:00 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(2)
Commented by 三ちゃん at 2013-03-07 21:52 x
此の景色 良いですね。八幡駅前 南に皿倉山のケーブルが…
本来なら以前は西鉄市内線が走っていたんですが寂しいですね。
Commented by ハンズマン at 2013-03-07 23:26 x
>三ちゃん 電車が走っていたときに是非とも撮っておきたかった景色ですよね・・・。北九州はもったいない選択をしたと思います。


<< 大島液化ガス[終点]・(佐賀県...      波戸岬・(佐賀県鎮西町) >>