ブログトップ
2014年 06月 20日

手向山トンネル口・(北九州市小倉北区)

d0158053_0245823.jpg


▲手向山トンネルを往来する西鉄バス

 賑やかな小倉の街を辞して、トンネルを抜けるとそこはもう隣町の門司です。 今でも多くのバスが往来する国道3号線ですが、昭和60年までは西鉄の路面電車の門司線がここを走っており、電車の架線の分だけトンネルの天井部が高く作られています。 ちなみに明治時代の電車開通時は手向山の岬を迂回するようなルートで、後にこのトンネルを掘って短絡したそうです。 広い九州の中でも4車線まるごとの幅を持つトンネルは、そうそうお目にかかれない代物ではないでしょうか。
 電車はバスに変わりましたが、今も昔も、小倉へ門司へ、通勤通学、そして買物、レジャーと人々の日常と思い出が交錯するところです。




d0158053_026932.jpg

◎読み・・・たむけやまとんえるぐち
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司・戸畑・中谷・浅野自動車営業所
□路線・・・電車代替線(門司~戸畑・八幡線)[70][71][73][74][75]・(門司~徳力線)[6]・門司~小倉線[95]・奥田線[63][83]・山田~藤松線[49]
[PR]

by hansman | 2014-06-20 22:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(2)
Commented by 三ちゃん at 2014-06-22 16:30 x
こんにちわ。 写真の手向山トンネルは門司に行く際に幾度も
通りました。当時は西鉄が運転されていました。
懐かしいトンネルです。
Commented by ハンズマン at 2014-06-23 22:35 x
>三ちゃん こんにちは! 門司方面の西鉄は一度は乗ってみたかったな~と。10年位前に改修されてトンネルの形状が大きく変わってしまいましたね。


<< 和布刈神社前・(北九州市門司区)      東中洲・(福岡市博多区) >>