ブログトップ

カテゴリ:(佐賀県)・唐津/伊万里( 16 )


2016年 11月 23日

片島・(佐賀県呼子町)

d0158053_217784.jpg


▲加部島をゆく昭和バス

 初冬の荒波がしぶきを上げる加部島は、呼子大橋で九州本土とつながる島です。 橋の開通までは、呼子と片島(加部島)を結ぶ渡船があって、大昔は昭和グループの昭和渡船によって経営された時期もありましたが、その後、呼子の業者に譲渡されたそうです。 現在、加部島に渡るバスは朝夕だけで、日中は昭和タクシーによるジャンボタクシーがその輸送の任に当たっています。



d0158053_2155417.jpg
◎読み・・・かたしま
■運行・・・昭和自動車株式会社 唐津営業所
□路線・・・呼子線(加部島支線)
[PR]

by hansman | 2016-11-23 20:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2016年 11月 21日

納所[終点]・(佐賀県肥前町)

d0158053_19301643.jpg


▲納所終点で・・・

 東松浦半島一円を網羅する、昭和バスの路線網。 その終点は漁港であったり、農村であったりと、ひとくちに東松浦半島といっても様々な顔を覗かせます。 そんな終点のひとつ納所(のうさ)は、半島上に位置する静かな集落に佇んでいます。




◎読み・・・のうさ
■運行・・・昭和自動車株式会社 唐津営業所
□路線・・・有浦線(納所支線)
[PR]

by hansman | 2016-11-21 20:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2016年 11月 19日

呼子[終点]・(佐賀県呼子町)

d0158053_2132186.jpg


▲呼子ターミナルで

 呼子のいかは、もはや全国区。 漁港の磯の香りと、いかを焼く露店の香ばしい風が漂う街角に、昭和バス呼子ターミナルがひっそりとたたずんでいます。 現在はターミナル裏からバスが進入出来る構造となっていますが、かつては敷地の奥のターンテーブルでバスを転回させる方式だったそうです。 ターンテーブルの遺構は今でもそのまま残っています。




◎読み・・・よぶこ
■運行・・・昭和自動車株式会社 唐津営業所
□路線・・・呼子線(唐津~呼子)・湊線(唐津~湊経由~呼子)・加部島線・波戸岬線・呼子台場線
[PR]

by hansman | 2016-11-19 20:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(1)
2016年 11月 17日

宝当桟橋[終点]・(佐賀県唐津市)

d0158053_2042612.jpg


▲唐津城と昭和バス

 地元唐津では絶大な力を持つと言われる昭和グループは、佐賀・福岡両県でバス事業のみならず、トヨタの自動車販売店をはじめ、各放送局への出資を積極的に行うなど、多角的な経営を成功させています。 昭和バスの本拠地・唐津営業所は宝当桟橋ゆき渡し船乗り場のほとり、美しい唐津城を真正面に見渡す絶好の地に・・・。 別名舞鶴城とも称される唐津城の天守閣は、昭和グループの創始者・金子道雄が唐津市長を務めていた昭和41年に完成しました。史実には存在しなかったという天守閣を敢えて建造し、「観光唐津」の目玉に推し上げたその経営手腕は、今でも昭和グループはもとより、唐津市に大きな功績を残しています。




◎読み・・・ほうとうさんばし
■運行・・・昭和自動車株式会社 唐津・前原・伊万里・福岡営業所
□路線・・・福岡~唐津線[特急](からつ号)
[PR]

by hansman | 2016-11-17 20:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(1)
2016年 11月 15日

松浦橋・(佐賀県唐津市)

d0158053_23562867.jpg


▲松浦橋を渡る昭和バス

 山紫水明の風情を醸し出す早朝の松浦川。 そして、凛と張った冷たい空気を切るように松浦橋を渡る昭和バス。 現在の松浦橋は戦前の昭和14年に竣工したものが現役で、全長496mに及び、九州でも屈指の川幅を持つ松浦川下流の貴重な渡河ルートとして重宝されました。 筑肥線電化までは鉄道もこの大河に阻まれ、博多からの列車は橋の手前の東唐津駅までで途切れていました。 松浦橋には、現在も路線バスが渡る他、朝の二便だけ唐津城入口まで足を延ばす“特急バスからつ号”が車庫へ戻るために渡ってゆく光景を見ることができます。




◎読み・・・まつうらばし
■運行・・・昭和自動車株式会社 唐津営業所
□路線・・・七山線(唐津~細川)・市内循環線(東ルート) ※橋を渡る系統のみ掲載
[PR]

by hansman | 2016-11-15 20:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2016年 06月 07日

立川・(佐賀県伊万里市)

d0158053_22193265.jpg


▲立川停留所にて・・・

 伊万里市の東のはずれ、山を越えたらもう相知町という場所にある立川集落は、その昔立川炭鉱があり、賑わったところだそうです。今は荒蕪地が広がるだけの立川。昭和バスが寂しく走ります。



d0158053_22195433.jpg
◎読み・・・たつかわ
■運行・・・昭和自動車株式会社 伊万里営業所
□路線・・・立川線(伊万里~立川上)
[PR]

by hansman | 2016-06-07 18:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2016年 06月 05日

西分[終点]・(佐賀県伊万里市)

d0158053_22102612.jpg


▲西分終点で・・・

 伊万里湾岸を走る松浦鉄道の小駅、浦ノ崎駅から扇状地に沿って登ってゆく西肥バス西分線。 一日数本のバスが、わずかな乗客を運びます。




d0158053_22105066.jpg
◎読み・・・にしぶん
■運行・・・西肥自動車株式会社 伊万里営業所
□路線・・・西分線(伊万里~西分)
[PR]

by hansman | 2016-06-05 18:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2016年 06月 03日

東分橋・(佐賀県伊万里市)

d0158053_18372239.jpg


▲こいのぼりと西肥バス

 五月晴れの昼下がり、川沿いに延びる集落を西肥バスが下ってゆきました。 空を気持ちよさそうに泳ぐこいのぼりは、初夏の日本の風景によく似合います。



d0158053_18373544.jpg
◎読み・・・ひがしぶんばし
■運行・・・西肥自動車株式会社 伊万里営業所
□路線・・・西分線(伊万里~西分)
[PR]

by hansman | 2016-06-03 18:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2016年 06月 01日

福島支所前・(長崎県福島町)

d0158053_18103397.jpg


▲福島支所にて待機する西肥バス

 隣県の佐賀県伊万里市より橋によって繋がれた福島は、伊万里湾の中に浮かぶ島。 福島支所前は、伊万里から橋を渡って来るバスと、島内を循環するバスの運行拠点です。 橋が繋がる前より、島内にバスが走っていたそうです。



d0158053_1811567.jpg
◎読み・・・ふくしまししょ
■運行・・・西肥自動車株式会社 伊万里営業所
□路線・・・伊万里~福島線・福島循環線
[PR]

by hansman | 2016-06-01 18:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2014年 12月 05日

炭山[終点]・(佐賀県伊万里市)

d0158053_205779.jpg


▲炭山終点で転回する西肥バス

 伊万里と佐世保の街を分断する、国見岳の中腹の終点・炭山。この国見岳を迂回するように平地を走る、有田経由の国道から分かれた炭山ゆきのバスは、それはそれは狭くて急峻な坂道を登ってここまでたどり着きます。



d0158053_2053318.jpg
◎読み・・・すみやま
■運行・・・西肥自動車株式会社 伊万里営業所
□路線・・・炭山線(伊万里~炭山)
[PR]

by hansman | 2014-12-05 22:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)