ブログトップ

カテゴリ:(大分県)・佐伯/臼津( 11 )


2015年 07月 20日

大手前Ⅱ・(大分県佐伯市)

d0158053_0324424.jpg


▲にぎわう大手前バスセンター構内

 かつては九州一円にスーパーマーケットを展開した、寿屋発祥の地・大手前。 寿屋全盛期はもちろん、その昔から佐伯市の商業の中心地であり、街と郡部とを結ぶ大分バスのターミナルも、ともに発展してまいりました。現在は寂れてしまいましたが、それでも数少ないバスの発着時間になると、一地方の小都市とは思えないほどの旺盛な利用者でにぎわいます。



d0158053_0325613.jpg

◎読み・・・おおてまえ
■運行・・・大分バス株式会社 佐伯営業所
□路線・・・大分~佐伯線[急行]・佐伯地区各路線
[PR]

by hansman | 2015-07-20 22:00 | (大分県)・佐伯/臼津 | Comments(0)
2013年 06月 07日

港・(大分県津久見市)

d0158053_22502684.jpg


▲津久見湾と臼津交通

 津久見の町から、東に突き出た四浦半島。 佐賀関のような知名度はありませんが、その景観の良さは、佐賀関をはるかに凌ぎます。 四つの浦からなる四浦半島をゆくバスは、津々浦々をめぐるために山越えと、海沿いの道を繰り返しながら走ってゆきます。



d0158053_22521878.jpg

◎読み・・・みなと
■運行・・・臼津交通株式会社 本社
□路線・・・四浦線(津久見~間元)
[PR]

by hansman | 2013-06-07 06:00 | (大分県)・佐伯/臼津 | Comments(2)
2012年 08月 27日

大手前バスセンター・(大分県佐伯市)

d0158053_2037850.jpg


▲夕方の寂しい大手前バスセンター

 平日の昼間は病院通いや買い物客などで比較的にぎわっている印象の大手前バスセンターですが、休日の夕方はご覧のとおりの寂しさが漂っています。
 大手前は佐伯の中心部、かつて九州のスーパー業界の雄といわれた寿屋の創業の地は、ここ大手前商店街の化粧品店でした。 今では寿屋そのものが倒産し、一時期は百貨店並みの規模を誇った寿屋佐伯店跡地は大きな広場となって取り残され、町の空洞化が進んでいます。



d0158053_20392387.jpg

◎読み・・・おおてまえばすせんたー
■運行・・・大分バス株式会社 佐伯営業所
□路線・・・大分~佐伯線[急行]・蒲江線・小浦線・宮の浦線・梶寄線・蒲戸線・本匠線・小野市線・坂の浦線
[PR]

by hansman | 2012-08-27 06:00 | (大分県)・佐伯/臼津 | Comments(0)
2012年 06月 05日

落の浦・(大分県津久見市)

d0158053_2103567.jpg


▲急峻なカーブをくだる・・・

 岬越えと、海岸線とが幾度も繰り返される四浦半島めぐりの間元ゆき。 近年は浦々を貫通するトンネルが次々と開通し、以前のようなワインディングな峠越えをする区間は少なくなってきましたが、いまでも乗り応えのある区間が所々に残っています。
 ここ落の浦は、急峻な崖に民家や墓地が張り付くように建て込んだ中を、急カーブを切りながら走るバスを楽しむことができます。
 現在は津久見からの路線のみですが、つい近年までは佐伯からの便も落の浦までやってきており、乗り継いでゆくことも出来ました。



d0158053_2121328.jpg

◎読み・・・おちのうら
■運行・・・臼津交通株式会社 臼杵本社
□路線・・・四浦線(津久見駅~間元)
[PR]

by hansman | 2012-06-05 06:00 | (大分県)・佐伯/臼津 | Comments(2)
2012年 02月 21日

平清水・(大分県臼杵市)

d0158053_2156136.jpg


▲三重の塔と三重町ゆき

 臼杵にやってくると、まず目に入るのがフンドーキンの工場と、ここ龍源寺の立派な三重の塔。 西南戦争のとき、寺は全焼しましたが、山門と塔だけは焼け残りました。
 臼杵と大分市内や佐賀関、三重町などを結ぶ路線バスは、この寺の前の道を往来しています。 臼杵の町並みは、古い寺社仏閣や商店、民家などが建ち並び、歩くだけでも楽しいところです。



d0158053_215804.jpg
◎読み・・・ひらそうず
■運行・・・大分バス株式会社 大分中央営業所/臼津交通株式会社 臼杵本社/大野竹田バス株式会社 大野本社
□路線・・・臼杵線(大分~臼杵)・臼三線(臼杵~三重町)・一尺屋線(臼杵~佐賀関)
[PR]

by hansman | 2012-02-21 06:00 | (大分県)・佐伯/臼津 | Comments(4)
2010年 09月 01日

船頭町・(大分県佐伯市)

d0158053_20404971.jpg


 佐伯城下の町並みの一角。 広いバス通りの中央に、じつに堂々とした威容を誇る楠の大木が、木風に葉を揺らしている。 樹齢300年余を数え、住吉神社の御神木であるが、神社境内は道路建設によって移転され、ここに一本の木が当時のままたたずんでいる。 佐伯付近を走る大分バスは、ローカル路線のワリに比較的利用が旺盛であり、貸切車や特急車なみの大型車両で運行されることもある。 その高床式のデラックスな特急車でさえも、楠の木の下ではこじんまりとしている。



d0158053_2041103.jpg

◎読み・・・せんどうまち
■運行・・・大分バス株式会社 佐伯営業所
□路線・・・蒲江線(西の浦本線・青山支線)・氷水津線・梶寄線
[PR]

by hansman | 2010-09-01 20:58 | (大分県)・佐伯/臼津 | Comments(2)
2010年 07月 31日

竹ノ下・(大分県本匠村)

d0158053_19372841.jpg



 春の番匠川の上流は、ツツジの花が美しい。 特に、ピンクとオレンジが混ざったような色のミツバツツジは、宇目町を中心に、周辺の三重町や本匠村の山間部の土壌でなければ育たない、希有な品種だそうである。



d0158053_1938430.jpg

◎読み・・・たけのした
■運行・・・大分バス株式会社 佐伯営業所
□路線・・・本匠線
[PR]

by hansman | 2010-07-31 19:43 | (大分県)・佐伯/臼津 | Comments(2)
2010年 07月 02日

ととろ・(大分県宇目町)

d0158053_2040744.jpg



 大分の山中に、昔からいきづく集落、轟(ととろ)。 周囲の鬱蒼と茂った森は、雨の夕暮れにもなれば、今にもトトロの様な怪物が傘をさして停留所に現れそうな雰囲気を醸しだしている。 この停留所を見るべく、休日になれば多くの観光客がマイカーで訪れるのだが、日曜日にはバスはやって来ない。



d0158053_204054100.jpg

◎読み・・・ととろ
■運行・・・大分バス株式会社 佐伯営業所
□路線・・・小野市線 木浦鉱山支線
[PR]

by hansman | 2010-07-02 20:51 | (大分県)・佐伯/臼津 | Comments(4)
2010年 06月 30日

波当津[終点]・(大分県蒲江町)

d0158053_20412893.jpg



 蒲江の町から、リアス式海岸の穏やかな入江と、岬越えの険しい峠を幾度か繰り返しながら、波当津の集落に着く。 これから数キロで宮崎県へと入るが、この先の道幅は俄然狭さを増す。 バスはここで折り返しとなり、いまだ県境越境は果たしていない。



d0158053_20574259.jpg

◎読み・・・はとづ
■運行・・・大分バス株式会社 佐伯営業所
□路線・・・蒲江線 青山支線
[PR]

by hansman | 2010-06-30 20:59 | (大分県)・佐伯/臼津 | Comments(0)
2010年 05月 30日

南田原・(大分県宇目町)

d0158053_2239376.jpg



 どこまでも青い空、新緑まぶしい五月晴れの集落は、田起し前のあぜ道にも春の草が芽吹きだす。 後ろにうっすらと見える山は祖母山系で、宮崎県との県境はすぐそこである。 お昼のバスが町へ下っていった。


d0158053_23251557.jpg

◎読み・・・みなみたばる  
■運行・・・大分バス株式会社 佐伯営業所 
□路線・・・木浦線 (葛港・佐伯駅~大手前~番匠~重岡駅~小野市~木浦鉱山)
[PR]

by hansman | 2010-05-30 22:45 | (大分県)・佐伯/臼津 | Comments(0)