ブログトップ

カテゴリ:(鹿児島県)・鹿児島市内近郊( 69 )


2016年 11月 26日

交通局前★現二中通り★・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_22515419.jpg


▲安全と笑顔で走る電車・バス

 平成27年5月の電車車庫移転に続き、10月のバス営業所の移転に伴い、鹿児島に電車が開業して以来、長きにわたって市バス・市電の運行を支え続けてきた高麗町の交通局が幕を下ろしました。 局内には車庫や整備施設、事務所などが所狭しと建ち並び、そのひとつひとつの建物の古さと味わい深さが、何となく懐かしい昔の小学校の中のような、そんな独特の雰囲気がありました。




◎読み・・・交通局前
■運行・・・鹿児島市交通局 各営業所/鹿児島交通株式会社 各営業所
□路線・・・新屋敷経由各路線
[PR]

by hansman | 2016-11-26 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 11月 25日

武岡台高校[終点]・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_22364334.jpg


▲朝の武岡台高校で

 武岡の台地上にある武岡台高校には、朝の通学時間帯になると多くのバスが集まり、生徒の輸送を行っています。ここ武岡地区は元来、南国バスの運行エリアとなっていますが、南国エリア外の生徒の居住地域沿線からの便については、それぞれのエリアのバス事業者が乗り入れており、南国バスの他に、鹿児島市営バスや鹿児島交通も足を延ばします。 後方の風車が回る山は、吉野台地の牟礼岡です。



d0158053_2238156.jpg
◎読み・・・たけおかだいこうこう
■運行・・・南国交通株式会社 鹿児島営業所/鹿児島市交通局/鹿児島交通株式会社 
□路線・・・武岡台高校線[12]/明和線[26](武岡台高校ゆき)・武岡台高校線[40][40-2]・紫原武岡台高校線[41]/スクール系統
[PR]

by hansman | 2016-11-25 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 10日

吉野中学校前・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_22422610.jpg


▲吉野台地をゆく南国バス

 鹿児島市の手軽な住宅地として発展やまぬ吉野台地上は、ロードサイド店がひしめく一大商業地域へと変貌しています。 いつも混雑しているバス道も、4車線への拡幅が進行中で、更に大きく日常の風景が変わりそうな一帯です。



d0158053_22504083.jpg
◎読み・・・よしのちゅうがっこうまえ
■運行・・・南国交通株式会社  鹿児島営業所
□路線・・・花棚線[1]
[PR]

by hansman | 2016-05-10 18:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 09日

たんたど・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_19134826.jpg


▲狭い道を登る鹿児島市営バス

 「せばる」・「かげごし」・「びくに坂」に並んで、鹿児島市営バスにいくつか存在する意味不明バス停のうちのひとつ、「たんたど」。 漢字で書くと「都曇答臓」。 ものの本によれば、水に流れる音が「たんたど」に聴こえることから名付けられたとの説があるとのこと。 このような、水流の音が転じて地名となったケースは全国各所に散在していて、宮崎交通の有名なバス停「トロントロン」も同じ由来です。



d0158053_19141729.jpg
◎読み・・・たんたど
■運行・・・鹿児島市交通局
□路線・・・吉野線[6][6-2][6-3]・葛山線[22]
[PR]

by hansman | 2016-05-09 18:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 08日

丸岡[終点]・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_18395010.jpg


▲かわいらしい丸岡を背景にして・・・

 高原の広々としたサトイモ畑の中を、バスがゆっくりと走り抜ける丸岡地区。 鹿児島市の北西部に連なる台地上にそびえるお椀を返したようなかわいらしい山の名が丸岡の由来です。 丸岡地区には、国道三号線河頭から分岐し、皆与志地区を経てやってくる、旧林田産業交通の路線の終点と、坂元・下田などを経由して本城地区へ抜ける南国バスの路線の双方が乗り入れています。 

※南国交通の丸岡は、こちらをご参照ください。




◎読み・・・まるおか
■運行・・・鹿児島交通株式会社(旧林田系) 鹿児島営業所
□路線・・・丸岡線[60][60-1]・花野団地線[63]
[PR]

by hansman | 2016-05-08 18:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 03月 11日

中郡陸橋・(鹿児島県鹿児島市) ~シラス台地を駆け降りる~

d0158053_23442146.jpg


▲中郡陸橋を疾駆する鹿児島市営バス

 急峻なシラス台地の上に切り拓かれた紫原団地。 青空に紅白のシルエットが美しい紫原送信所のテレビ塔が団地のシンボルです。 市営バスが一気に駆け下りるこの道は、つい近年開通したばかりの団地の新たなアプローチルートで、紫原団地を舞台に官民の争いを演じる鹿児島交通のバスも、市営バスと共に道路開通するや否やさっそく路線開設を申請し、ダブルトラックによる競合が繰り広げられています。



d0158053_23444852.jpg
◎読み・・・なかごおりりっきょう
■運行・・・鹿児島市交通局
□路線・・・東紫原線[15・15-2・15-3]
[PR]

by hansman | 2016-03-11 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 01月 20日

新上橋[26番線側]・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_031914.jpg


▲門松製作も大詰め・・・

 鹿児島の街角で見かけた、年の瀬らしい風景。 竹細工店の店先では、正月に向けて門松の製作がラストスパートを迎えており、何台もの軽トラがひっきりなしに注文先へ向けて慌ただしく発着していました。 街の何気ない表情の移り変わりをながめながら、市営バスはいつもの道を通います。


この記事は、コレの二番煎じ




d0158053_04620.jpg

◎読み・・・しんかんばし
■運行・・・鹿児島市交通局 浜町・新栄営業所/鹿児島交通株式会社 鹿児島営業所
□路線・・・明和線[26][26-1][26-2]/明和線[73]



d0158053_23756100.png雑誌「秘境バスをゆく」28.1/28発売!
[PR]

by hansman | 2016-01-20 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 01月 11日

東紫原陸橋Ⅱ・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_18512020.jpg


▲桜島と鹿児島市街地をバックに

 穏やかな南国・鹿児島の青空のもと、東紫原陸橋を登るバス。 ここは、台地上に古くから開発された紫原団地への、新たなアクセスルートとして近年開通した区間です。 そのダイナミックなルート選定は、まるでジェットコースターのような坂やカーブ、そして鹿児島の街を一望する雄大な車窓を見せてくれます。
 





◎読み・・・ひがしむらさきばるりっきょう
■運行・・・鹿児島交通株式会社 鹿児島・鹿児島西営業所/鹿児島市交通局 浜町・新栄営業所
□路線・・・東紫原・桜ヶ丘線[19]/東紫原線[15・15-2・15-3]
[PR]

by hansman | 2016-01-11 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2015年 08月 31日

山形屋バスセンターⅥ・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_053399.jpg


▲See yoo agein!

 広く、薄暗い構内・・・。点滅する赤信号が不気味な雰囲気を醸し出す。いつも排気ガスが垂れこめた、でもお気に入りの場所、山形屋バスセンター。 1号館の増床前は青空のもとに発着したと伝えられるその昔から、山形屋と共に歩んでまいりました。 そろそろ最後のバスが出発した頃でしょうか。  さようなら、いつの日か夢の中でまた会おう!



d0158053_105119.jpg

◎読み・・・やまかたやばすせんたー
■運行・・・鹿児島交通株式会社/三州自動車株式会社 各自動車営業所
□路線・・・南薩・大隅方面各路線
[PR]

by hansman | 2015-08-31 20:40 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2015年 08月 31日

山形屋バスセンターⅤ・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_0272037.jpg


▲山形屋バスセンター構内で・・・

 いよいよ今日をもって、まるで永遠に続くかのように刻みこまれてきた山形屋バスセンターの日常は、幕を下ろします。 最終日が近づくにつれ、長年慣れ親しんだ利用者の方々が記念撮影する姿が増えはじめ、いかにこの何気ないバスセンターの営みが、鹿児島交通沿線住民の心の中のワンフレーズであったかが伝わってまいります。 単なる路上の停留所では成し得ない、大切な何かがここにはありました。



d0158053_0273933.jpg

◎読み・・・やまかたやばすせんたー
■運行・・・鹿児島交通株式会社/三州自動車株式会社 各自動車営業所
□路線・・・南薩・大隅方面各路線
[PR]

by hansman | 2015-08-31 18:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)