ブログトップ

カテゴリ:西鉄バス完全復活祭( 47 )


2017年 11月 23日

東菅牟田・(福岡県宮田町)


d0158053_11192594.jpg
























▲第四回西鉄バス完全復活祭 直方ローカル編

 第四回西鉄バス完全復活祭のツアーの行程上で一番の魅せ所となったのが、水町へ向かう狭隘区間。対向車がやって来たらまず離合ができませんが、路線現役時代は中型バスに交じって、大型のバスも実際に走ることがあったそうです。軒先に屋根をかすめながら、バスはゆっくりと道をかき分けてゆきます。


◎読み・・・ひがしすがむた
■運行・・・砂津本陣會總本部[貸切]
□路線・・・宮田線代替バス[81](直方~勝野駅~水町)

[PR]

by hansman | 2017-11-23 22:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2017年 11月 21日

安入寺・(福岡県直方市)

d0158053_11191141.jpg
























▲第四回西鉄バス完全復活祭 直方ローカル編

 尺岳の山懐をあとにして、直方市街地へバスは下ります。ここに路線バスが走っていた頃は、小学生の通学にも使われており、土曜日のように全学年の生徒が一斉に下校する際などは、定期便の後ろに臨時便を仕立てて走っていたんだそうです。


◎読み・・・あんにゅうじ
■運行・・・砂津本陣會總本部[貸切]
□路線・・・頓野線[2][3](直方~竜王峡)

[PR]

by hansman | 2017-11-21 22:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2017年 11月 17日

木屋瀬四つ角・(北九州市八幡西区)

d0158053_21435803.jpg























▲第四回西鉄バス完全復活祭 直方ローカル編

 町に中にカギの手状のクランクが存在するのが、江戸時代の宿場町の特徴です。全国的に見れば、宿場町の風情を残す、昔ながらのこんな路線がまだまだ残っていますが、ローカル区間の廃止や、新道切り替えが早かった西鉄バスエリアでは、その多くが既に廃止となっており、現在では宗像市の赤間宿や、吉井の白壁の街並みくらいのものでしょうか?


◎読み・・・こやのせよつかど
■運行・・・砂津本陣會總本部[貸切]
□路線・・・香月線[70](黒崎~直方)

[PR]

by hansman | 2017-11-17 22:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2017年 05月 31日

崎山[終点]・(福岡県犀川町)

d0158053_08440471.jpg























▲第三回西鉄バス完全復活祭

 今川のほとりに佇む酒造場。レンガ造りの煙突が、老舗の歴史を感じさせます。戦前は、峠を越えて田川や添田へ向かうバスも走っていたという崎山地区ですが、戦後は行橋~崎山までの運行となりました。しかし、鉄道が通っていることもあり、崎山までバスが来たのも昭和40年代までのこと。その後は行橋側の大村までの運行となりました。


◎読み・・・さきやま
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・崎山線
[PR]

by hansman | 2017-05-31 22:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2017年 05月 29日

帆柱小学校[終点]・(福岡県犀川町)

d0158053_08332094.jpg























▲第三回西鉄バス完全復活祭

 行橋から南の谷へ延びる路線群の中でも、最も山奥深くまで入り込んだ伊良原線の終点は、英彦山の手前の集落・帆柱地区です。ここは建設中の伊良原ダムの更に上流で、ダム完成後も昔のままの清流の音が残ります。 現在は廃校になった帆柱小学校の木造校舎が、後ろの方に見えています。
◎読み・・・■運行・・・株式会社 営業所□路線・・・
[PR]

by hansman | 2017-05-29 22:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2017年 05月 27日

広瀬Ⅱ・(福岡県犀川町)

d0158053_22365066.jpg























▲第三回西鉄バス完全復活祭

 澄み切った水が流れる祓川。建設資材や工事車両が並ぶ、伊良原ダム建設工事現場の旧国道を西鉄バスがゆっくりと走ります。この小さな流れがダムによって堰き止められ、来年の今ごろには大きな湖となっていることでしょう。

◎読み・・・ひろせ
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・伊良原線[20]
[PR]

by hansman | 2017-05-27 22:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2017年 05月 26日

本村・(福岡県犀川町)

d0158053_22243687.jpg























▲第三回西鉄バス完全復活祭

 ここは、この夏より湛水開始となる伊良原ダムの水没予定地です。清流にかかる荒戸橋は昭和6年完成の年代モノで、祓川に架かる橋のなかでもトップクラスの古さです。 かつては、この辺りが下伊良原地区の中心集落だったそうですが、いまは完成間近のダムの底と化し、荒涼とした風景が広がっています。

◎読み・・・ほんむら
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・伊良原線[20]
[PR]

by hansman | 2017-05-26 22:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2017年 05月 20日

広瀬[伊良原ダム展望所]・(福岡県犀川町)


d0158053_22020070.jpg























▲第三回西鉄バス完全復活祭

 完成間近となった伊良原ダムの巨大な堤体を見下ろす展望所。かつての伊良原線のバスが走った国道は、ダム底の建設現場となっています。




◎読み・・・ひろせ
■運行・・・砂津本陣會總本部
□路線・・・伊良原線[20]
[PR]

by hansman | 2017-05-20 22:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2017年 05月 19日

節丸・(福岡県豊津町)


d0158053_22584980.jpg
























▲第三回西鉄バス完全復活祭

 豊津町と犀川町の境界にある節丸は、平成12年に犀川町内から西鉄バスが一掃されて以降の終点でした。大昔はここから小倉行きの準急バスが走った時代も。公民館前が転回スペースだったそうです。

◎読み・・・せつまる
■運行・・・砂津本陣會總本部
□路線・・・伊良原線[20]・犀川循環線[22][23]
[PR]

by hansman | 2017-05-19 22:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2017年 05月 19日

豊津役場・(福岡県豊津町)


d0158053_22392967.jpg
























▲第三回西鉄バス完全復活祭

 かつて京築交通の本社も置かれたことのある豊津役場前には小さなバスターミナルがあります。行橋方面へ向かうバスや、犀川の奥地、伊良原・帆柱方面へ向かうバスなどがひっきりなしに発着した時代の面影を、わずかに残すスポットです。今も太陽交通のバスが運行を引き継ぎ、木井馬場、行橋方面への路線が健在です。


◎読み・・・とよつやくば
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・伊良原線[20]・犀川循環線[22][23]
[PR]

by hansman | 2017-05-19 06:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)