ブログトップ

カテゴリ:西鉄バス完全復活祭( 47 )


2016年 10月 19日

山の神・(福岡県添田町)

d0158053_21465464.jpg


▲戸立峠の途中でひと休み

 福岡県内を走った西鉄全路線の中でも、山間路線の宝庫であった添田管内。いくつか見どころがありますが、その中でも屈指の狭隘ルートが続いていたのが、添田と津野とを分かつ戸立峠の旧道です。現役時代は写真の車よりも大きな、大型短尺車なども乗り入れており、凄まじい峠越えが演じられました。今回、この区間に貸切バスを通すにあたって、約2kmにわたって沿道の生い茂った草や、バスの屋根に引っかかる枝の剪定などを実施しました。沿線の住民の皆さまのあたたかいご理解に感謝する次第です。




◎読み・・・やまのかみ
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・添津線[11](添田~戸立峠~津野支所~山口橋)
[PR]

by hansman | 2016-10-19 20:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2016年 10月 18日

石炭公園・(福岡県田川市)

d0158053_21363178.jpg


▲二本煙突と虹バス

 西鉄バスを借り切って、かつての廃止路線を再現するツアー「西鉄バス完全復活祭」の第二弾が開催され、田川郡南部の旧添田交通管内の路線を中心に撮影して廻りました。その最後に訪れたのが、炭鉱の町として栄えた田川のシンボル、三井炭鉱の二本煙突。 現在は石炭記念公園として、立坑櫓と共に保存されています。 炭鉱節にも歌われた有名な煙突です。




◎読み・・・せきたんこうえん
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・路線なし
[PR]

by hansman | 2016-10-18 20:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2016年 08月 29日

今津{付近}・(北九州市門司区)

d0158053_20594353.jpg


▲第一回西鉄バス完全復活祭

 昭和50年代頃までバスが乗り入れていたと言われている今津地区。集落内の道は狭く、折り返し地点は月極駐車場に転用されていることから、今回は埋立地側から今津へ乗り入れてみました。地元の方のお話では、恒見~門司駅と恒見~門司港駅を結ぶ路線が、朝夕の数本だけ今津を復乗していたとのことで、現在の門司学園中高や、柄杓田のような運行形態だったのでしょう。第一回西鉄バス完全復活祭は、このあと企救丘や愛の家を経由して、八幡東区の七条まで走り、この日のバスツアーの幕を下ろしました。今後も、福岡県内各地で定期的に開催し、過去の西鉄バスの廃止路線を再現したい所存です。




◎読み・・・いまづ
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・大里線[47・48](今津経由)・門司港~恒見線[40](今津経由)
[PR]

by hansman | 2016-08-29 20:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2016年 08月 27日

喜多久海岸{付近}・(北九州市門司区)

d0158053_20444011.jpg


▲第一回西鉄バス完全復活祭

 現在は産業道路の立派なトンネルが整備された喜多久は、もともとは峠道に隔たれた海辺の集落で、峠などない頃は、船が無ければ連絡できなかったのではないだろうか?と想像するような陸の孤島です。 この日は、貸切運行のため、定期バスでは繋がることのなかった、喜多久と柄杓田の両終点を、海岸の道を経由して走り抜けてみました。




◎読み・・・きたくかいがん
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・なし
[PR]

by hansman | 2016-08-27 20:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2016年 08月 25日

喜多久[終点]・(北九州市門司区)

d0158053_20362152.jpg


▲第一回西鉄バス完全復活祭

 西鉄バスの過去の路線を徹底的に再現するという目的で走らせたバスツアー「第一回西鉄バス完全復活祭」。 旧道の狭く曲がりくねった峠を越えてやってきた喜多久では、バスの物音に何事かと地元の方も出てこられて、バスの在りし日を懐かしんでおられました。



d0158053_20395383.jpg

◎読み・・・きたく
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・喜多久線[42]
[PR]

by hansman | 2016-08-25 20:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2016年 08月 15日

網の鼻・(北九州市門司区)

d0158053_21274647.jpg


▲第一回西鉄バス完全復活祭

 採石場を抜けると、先程までの青空が一転して、今度は灰色の曇天に変わり、それが殺風景をより殺風景なものへと演出しています。 青浜という名の通り、この辺りの海岸は青黒い岩礁です。つい10年ほど前までは、未舗装の砂利道(厳密には砂利舗装?)をダンプカーに交じりながら西鉄バスが走っていましたが、今はすっかりアスファルト舗装がなされました。




◎読み・・・あみのさき
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・白野江線[41](青浜系統)
[PR]

by hansman | 2016-08-15 20:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2016年 08月 13日

青浜南口・(北九州市門司区)

d0158053_21154330.jpg


▲第一回西鉄バス完全復活祭

 青浜からの復路は、かつて路線が健在だったころのフリーバス制度を復活させて? 景色の優れたところで停車しながら、撮影を楽しませていただきました。 ここは採石場のど真ん中を貫通する、青浜ゆきの見せ場というべき場所。 空高く積まれた砂利の山の横を走る西鉄バスの姿はとてもシュールに映ります。




◎読み・・・あおはまみなみぐち
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・白野江線[41](青浜系統)
[PR]

by hansman | 2016-08-13 20:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2016年 08月 11日

青浜Ⅱ[終点]・(北九州市門司区)

d0158053_205867.jpg


▲第一回西鉄バス完全復活祭

 岬の突端・部崎(へさき)をあとにして、バスは次の目的地へと出発しますが、その前に撮影タイム。周防灘沿岸の波穏やかな内海は、関門海峡側とは全く異なった静かな裏門司の風情を作り出しています。




◎読み・・・あおはま
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・白野江線[41](青浜系統)
[PR]

by hansman | 2016-08-11 20:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2016年 08月 09日

青浜[終点]・(北九州市門司区)

d0158053_20452886.jpg


▲第一回西鉄バス完全復活祭

 九州最北端にほど近い幻の終点・青浜。 その青浜の集落を抜けて、岬の突端までバスを走らせてみました。 どこまでも青い海と青い空、その雄大な風景に映える西鉄バスの赤いライン。 いつもは都会の風景にとけ込むバスも、この日は青浜ののんびりとした時間を過ごしました。




◎読み・・・あおはま
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・白野江線[41](青浜系統)
[PR]

by hansman | 2016-08-09 20:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2016年 08月 07日

第二展望台・(北九州市門司区)

d0158053_20324576.jpg


▲第一回西鉄バス完全復活祭

 めかり山荘からの下り道に、第二展望台と称するめかり随一のビュースポットが現れます。レトロめかり周遊バスが運行されていた頃は、ここで見学停車時間が設定されていました。この日は一般車の駐車がほとんどなかった為、わずかな時間ですが関門橋と西鉄バスとのコントラストを楽しませていただきました。関門海峡を行き交う船をのんびり眺めていたい絶景です。




◎読み・・・さいにてんぼうだい
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・めかり線[4](めかり山荘経由)・レトロめかり周遊バス[周遊]
[PR]

by hansman | 2016-08-07 20:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)