ブログトップ

<   2010年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 30日

中ノ坊・(鹿児島県坊津町)

d0158053_21485789.jpg



 坊ノ津の港の、細長い坂道にバスがやってきた。 東シナ海にひらけた坊ノ津の町の公共交通を一手に引き受ける鹿児島交通のこの路線は、少ない便数にもかかわらず大勢の乗客を乗せて、枕崎の町とを往来している。 車内には南薩の強い日差しが降り注ぎ、年寄りたちの鹿児島弁が飛び交い、実に賑やかだ。



d0158053_21562994.jpg
◎読み・・・なかのぼう
■運行・・・鹿児島交通株式会社 枕崎営業所
□路線・・・坊津線
[PR]

by hansman | 2010-06-30 21:57 | (鹿児島県)・南薩 | Comments(4)
2010年 06月 30日

波当津[終点]・(大分県蒲江町)

d0158053_20412893.jpg



 蒲江の町から、リアス式海岸の穏やかな入江と、岬越えの険しい峠を幾度か繰り返しながら、波当津の集落に着く。 これから数キロで宮崎県へと入るが、この先の道幅は俄然狭さを増す。 バスはここで折り返しとなり、いまだ県境越境は果たしていない。



d0158053_20574259.jpg

◎読み・・・はとづ
■運行・・・大分バス株式会社 佐伯営業所
□路線・・・蒲江線 青山支線
[PR]

by hansman | 2010-06-30 20:59 | (大分県)・佐伯/臼津 | Comments(0)
2010年 06月 29日

東吉木・(福岡県筑紫野市)

d0158053_20515465.jpg



 筑紫平野と、筑豊の盆地を隔てる三郡連山。 そのひとつである宝満山を背に、二日市へのバスがゆく。 かつてはこの先の米の山峠を越えて飯塚からのバスが走っていた時代もあるが、となりの冷水峠を越える路線ともども、兵どもが夢のあとの趣きであり、なんとも無常である。  



d0158053_211245.jpg
◎読み・・・ひがしよしき
■運行・・・西鉄バス二日市株式会社 原支社
□路線・・・吉木線[1-2]





★ハンズマンの一日★ *6/26→6/27*
[PR]

by hansman | 2010-06-29 21:03 | (福岡県)・二日市/朝倉 | Comments(0)
2010年 06月 29日

中入口・(熊本県中央町)

d0158053_202616100.jpg



 釈迦院川沿いの暗い谷間をゆけば、次第に広々とした集落が拓ける。 棚田の里には桜並木が続き、バスは遠く熊本の街を目指して、快適に飛ばしていった。 




d0158053_20423980.jpg
★★廃止済停留所★★

◎読み・・・なかいりぐち
■運行・・・熊本バス株式会社 甲佐営業所
□路線・・・氷川ダム線[南23番]
[PR]

by hansman | 2010-06-29 20:44 | (熊本県)・城南/矢部/蘇陽 | Comments(0)
2010年 06月 22日

田上寺ノ下・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_2117895.jpg



 鹿児島の街のシンボル・桜島は、時に降灰によって市民生活を阻害する厄介者にもなる。 この日の日中は穏やかに推移した桜島であったが、夕方になって空高く噴煙を上げた。 去年一年間で、548回という観測史上最大の噴火回数を数えた桜島。 今年は半年で既に550回を超えており、火山活動が活発化している。



d0158053_21501753.jpg
◎読み・・・たがみてらのした
■運行・・・鹿児島交通株式会社 鹿児島西営業所
□路線・・・星ヶ峯線[20・20-1・20-2・27・33番]/紫原線[19・22番]/桜ヶ丘線[17・18番]/中山線[11・13番] など
[PR]

by hansman | 2010-06-22 21:56 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(2)
2010年 06月 21日

曙町・(北九州市小倉北区)

d0158053_2025231.jpg



 たそがれ時の県道を、ひっそりとバスが通過していった。 ここは八幡と小倉南部を結ぶ裏街道的なルートであるため、朝夕はもちろん、日中を通して自動車の往来が絶え間ない場所であるが、殊にバスネットワークとしては需要は限定的であり、昔から一日二往復の体制を保ってきていた。 末期には日祝日の小倉ゆき一便のみがこの山越えコースを守ってきていたが、ついには合理化の波とともにつゆと消えたのである。



d0158053_2026478.jpg
★★廃止済停留所★★

◎読み・・・あけぼのまち
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 浅野自動車営業所
□路線・・・山田線[45番]

★ハンズマンの一日★ *6/20*
[PR]

by hansman | 2010-06-21 22:46 | (福岡県)・門司/小倉/京築 | Comments(9)
2010年 06月 18日

井手の上・(熊本県南関町)

d0158053_22352890.jpg


▲産交バスと津留商店

(川沿いのゆるやかな狭隘路を、一台のバスが通り抜けてゆきました。 熊本県の北端・南関の町から、三加和町内や平山温泉を抜けて、山鹿までをむすぶ産交バスの板楠線には、特段美しい車窓風景は無いのですが、集落の狭い道や、森の中、田園風景、川沿いの道と、田舎の素朴な景色が見られる素敵さがあります。



d0158053_22392390.jpg
◎読み・・・いでのうえ
■運行・・・産交バス株式会社 山鹿営業所 玉名営業所
□路線・・・板楠線
[PR]

by hansman | 2010-06-18 22:49 | (熊本県)・山鹿/菊池/玉名/荒尾 | Comments(4)
2010年 06月 17日

雑餉隈営業所・(福岡市博多区)

d0158053_22121648.jpg



 雑餉隈営業所は、福岡市の南端。 もうすぐそこは春日市と大野城市に接している場所である。 ここは所内の敷地のほぼ中央を、西鉄電車の天神大牟田線が貫通しており、次々と急行電車が往来してゆくという、非常に特色ある営業所となっている。 この付近は電車の高架化が予定されており、そのあかつきには、雑餉隈駅が営業所の敷地に移転するそうで、この光景もいつまで見られるか分からない。




d0158053_2221352.jpg
◎読み・・・ざっしょのくまえいぎょうしょ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 雑餉隈自動車営業所
□路線・・・板付線[41番] / 板付線金隈支線[43番]/ 諸岡線[44番・45番・45-1番] / 竹下線[46番] など



★ハンズマンの一日★ *6/16→6/17*

☆旅程行路☆

平成22年6月16日(水)

 この日は、仕事を定時退社し、明日17日の福岡行路の下準備をしました。

 というのも、明日の一番の目的は、朝07時44分に宇美町の上障子岳停留所を出発する(宇美営業所ゆき)に乗車するというものであり、小倉在住者がそれに乗るためには、前日から博多駅または、香椎のあたりに泊まる必要があるのです。


20:17発 小倉・砂津 
 ↓    (中谷経由・福岡ゆき[高速特急])
21:42着 福岡バスセンター

※※普段はいとうづ号ばかりなので、たまにはなかたに号へ乗車※※

---発 福岡バスセンター
 ↓    (徒歩)
---着 天神 新天町入口⑪



21:47発 天神 新天町入口⑪
 ↓    (陽光台ゆき[3番])
21:54着 大濠公園


※※ここで、わざわざ大濠公園に向かう必要はないのだが・・・※※


22:09発 大濠公園
 ↓    (香椎浜営業所ゆき[22番])
22:54着 香椎浜営業所


※※夜の家路を急ぐ、天神のサラリーマンに混じって香椎へ※※


★香椎 宿泊★

 この日は、香椎で夜を明かし、明朝はすっかり明るい6月の5時の香椎を出発します。


------


平成22年6月17日(木)

 今日は木曜日、もろに仕事をサボって思う存分福岡の街を楽しみます。 といっても、まず目指す所は宇美町の福岡刑務所。

 もちろん刑務所に用事があるのではなく、刑務所の駐車場から出発する、平日の朝一便、片道のみの、大変貴重な路線バスに乗るのが目的であります。

 
05:34発 千早駅
 ↓    (鉄道線・JR鹿児島本線[普通])
05:37着 香椎駅


05:41発 香椎駅
 ↓    (鉄道線・JR香椎線[普通])
06:12着 宇美駅

※※朝っぱらから宇美に行くにはこれしか方法が無い・・・。※※


---- 宇美駅
 ↓    (徒歩)
---- 宇美町役場入口


06:33発 宇美町役場入口
 ↓    (大宰府市役所ゆき[4-1番])
06:40着 原田橋

※※朝の太宰府ゆきは学生で意外と混みあっていた。※※


---- 原田橋
 ↓    (徒歩30分)
---- 上障子岳

※※バスでなるべく上障子岳の近いところに行こうとした結果、原田橋から徒歩で山越え。※※


07:44発 上障子岳
 ↓    (宇美営業所ゆき)
08:06着 宇美営業所

※※この上障子岳発の便に乗るのが本日最大の目的。早くも達成。※※


08:20発 宇美営業所
 ↓    (都市高速経由・天神ゆき[390番])
09:02着 蔵本


※※宇美町から天神へ向かう通勤客や買い物客に混じって蔵本へ※※


09:19発 蔵本
 ↓    (博多ふ頭ゆき[99番])
09:27着 博多ふ頭


10:01発 博多ふ頭
 ↓    (雑餉隈営業所ゆき[46番])
10:26着 博多駅前B

※※この46番がのろまで、嫌気がさしたので博多ふ頭にふりだし※※

---- 博多駅前F
 ↓    (博多ふ頭ゆき[99番])
---- 博多ふ頭


※※もう一度46番に乗り直すため、わざわざ博多ふ頭へもどるアホw※※


10:53発 博多ふ頭
 ↓    (雑餉隈営業所ゆき[46番])
12:00着 雑餉隈営業所

※※大丸前で、前の62番にワゴン車が接触する瞬間を目撃。※※

13:17発 雑餉隈営業所
 ↓    (女学院経由・博多駅ゆき[45番])
14:14着 博多駅交通センター


14:30発 博多駅交通センター
 ↓    (博多駅ゆき[都心ライナー])
15:09着 博多駅交通センター

※※期間限定の都心ライナー。運転手の怪訝そうな顔をよそに一周乗車。※※

15:12発 博多駅交通センター
 ↓    (板付七丁目ゆき[40番])
15:24着 東光寺本町

※※平日3往復のみとなった、東光寺 16:07発車便 撮影※※

16:40発 東光寺本町
 ↓    (福岡タワーゆき[44番])
16:46着 駅東三丁目

※※44番が交通センターに入らないことに気付き、あわててすぐ後ろの45番に乗り換え※※

16:42発 駅東三丁目
 ↓    (博多駅ゆき[45番])
16:50着 博多駅交通センター


16:59発 博多駅交通センター
 ↓    (香椎浜営業所ゆき[29N番])
17:31着 香椎浜営業所


18:16発 香椎浜営業所
 ↓    (箱崎埠頭経由・博多駅ゆき[快速])
18:57着 博多駅交通センター

※※平日2往復だけの[快速]。香椎地区から乗ると、明らかに遠回りで[29番]よりも遅そう※※

---- 博多駅交通センター
 ↓    (三陽高校ゆき[507番])
---- 天神 ソラリアステージ前2A

※※西鉄インフォメーションセンターにて、チラシなどを物色。※※

19:58発 福岡バスセンター
 ↓    (到津経由・砂津ゆき[高速特急])
22:31着 小倉・砂津

 
 私の職場は、日曜日または、土曜日と日曜日が休みとなっており、平日にしか動かない路線に乗ることがなかなか難しいので、平日に休みが取れた今回は、そのような貴重な路線を旅程にふんだんに取り込んでみました。

 今回から、実際に行った旅程行路を簡単に紹介してまいります。 過去の記事も出来る限り行路を付け足してみようとおもいます。 サイトの構成に関してはまだまだ試行錯誤が続きますが、今後ともよろしくお願いします。
[PR]

by hansman | 2010-06-17 22:33 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部 | Comments(0)
2010年 06月 16日

港町・(熊本県水俣市)

d0158053_17485942.jpg



 水俣の町を出て、これからバスは県境を越えて、隣町・出水をめざす。 熊本県も最南端のこの辺りに来ると、にわかに南国風情が漂ってくる。 冬の晴れ間のもと、さざんかの可憐な花とヤシの木が同時に見られるという何ともミスマッチな光景に出会えた。 さざんかの生垣の裏側は産交バスの水俣営業所である。 バス会社のテリトリーが混ざり合うのも県境の町・水俣ならではの光景だ。  



d0158053_17573265.jpg
◎読み・・・みなとまち
■運行・・・南国交通株式会社 出水営業所
□路線・・・水俣~出水~阿久根線
[PR]

by hansman | 2010-06-16 17:59 | (熊本県)・八代/人吉/水俣 | Comments(0)
2010年 06月 15日

天神 バスセンター三越前[1A]・(福岡市中央区)

d0158053_2255263.jpg



 九州最大の繁華街・天神は、夜になっても喧騒が絶えない。 国内ナンバーワンのバス会社・西日本鉄道が、会社の威信を賭けて建設したソラリアターミナルビルは、2Fに西鉄電車福岡駅、3Fにバスセンター。 そして福岡三越が入居しており、天神における西鉄の牙城ぶりを彷彿とさせる。  



d0158053_2272873.jpg
◎読み・・・てんじん ばすせんたーみつこしまえ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 市内各営業所
□路線・・・シーサイド線[305番・直行] / 愛宕浜線[300番・301番・302番・303番・急行など] / 長浜線[61番・68番] / 都心循環線[100円循環] など
[PR]

by hansman | 2010-06-15 22:28 | (福岡県)・福岡/那珂川/市内南部 | Comments(3)