ブログトップ

<   2010年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 31日

大門・(北九州市小倉北区)

d0158053_20244666.jpg


 普段の通勤ルートで見る風景は、どうしても見過ごしがちになる。 ここは、かつての西鉄の路面電車、北九州本線と、戸畑支線が分岐していたところであり、今でも西鉄バスの基幹ルートが分岐する交通の要衝だ。 こうして、あらためて我が町の空の色や、何気ない景色を再発見するのもなかなかおもしろいことかもしれない。



d0158053_20254133.jpg

◎読み・・・だいもん
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 小倉・八幡・香月・戸畑・門司・蜷田自動車営業所
□路線・・・電車代替線(本線[1]・戸畑線[70・74]・枝光線[90・91・97])・中原線[5・92・93]・鞘ヶ谷循環線[7]・一枝線[63・73・83]・菜園場線[95]・都市高速線[170・175・急行]・行橋線[13・14・17・19]・その他多数
[PR]

by hansman | 2010-08-31 20:42 | (福岡県)・門司/小倉/京築 | Comments(2)
2010年 08月 30日

坂より上分校・(熊本県東陽村)

d0158053_20311515.jpg



 氷川から、五木村に至る峠の途中の谷あいに、鶴木場という、ごくわずかな集落があり、その中心に小さな分校が佇む。 集落に産交バスがやってくるのは、昔から相変わらずのことだが、そのあたりまえに営まれてきた事さえ途絶えようとしている山村の現実がそこにある。 いま、地方の路線バスが、そして人々の営みそのものが消えゆこうとしている。 



d0158053_2015433.jpg

◎読み・・・さかよりかみぶんこう
■運行・・・産交バス株式会社 八代営業所
□路線・・・河俣線
[PR]

by hansman | 2010-08-30 20:29 | (熊本県)・八代/人吉/水俣 | Comments(2)
2010年 08月 24日

銀天街入口・(北九州市小倉北区)

d0158053_2027766.jpg


 日本初の公道上アーケードとして知られる、小倉の魚町銀天街。 かつて西日本鉄道の路面電車が闊歩した大坂町筋には、今でも多くの西鉄バスが市内各所から集まってくる。 街の交通の主役は電車からバスへ、さらにマイカーへと推移してゆくなかで、小倉の街並みの勢いは、確実に、そして格段に衰えている。



d0158053_2030563.jpg

◎読み・・・ぎんてんがいいりぐち
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 浅野自動車営業所 香月自動車営業所
□路線・・・小倉都心周遊線[100]
[PR]

by hansman | 2010-08-24 20:39 | (福岡県)・門司/小倉/京築 | Comments(2)
2010年 08月 23日

長者原[九重登山口]・(大分県九重町)

d0158053_1962234.jpg


 くじゅう・飯田高原の中でももっとも美しいといわれる、長者原。 草原の中を、やまなみハイウェイの快適な曲線が貫き、夏草は風にゆれ、くじゅうの山々は涼しげに高原をつつみ込む。 その壮大な景色を堪能しつつ、九州横断バスは風を受けて走り去る。


d0158053_1991110.jpg

◎読み・・・ちょうじゃばる[くじゅうとざんぐち]
■運行・・・九州産交バス株式会社 熊本営業所/日田バス株式会社 玖珠営業所/亀の井バス株式会社 別府営業所
□路線・・・九州横断バス[くじゅう号・あそ号] / くじゅう登山線 / くじゅう高原線[37]
[PR]

by hansman | 2010-08-23 19:21 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(2)
2010年 08月 22日

東光寺・(福岡市博多区)

d0158053_19122539.jpg


 博多駅や福岡空港国際線ターミナルからも程近い住宅地にありながら、どこか神々しい雰囲気を醸し出している東光寺停留所。 町内にある東光寺という寺の名前が町名となっているが、バス停前の鬱蒼とした森は、岡山県の吉備津神社の分祠、吉備津宮という神社の境内であり、東光寺は少し道路から離れた位置にある。 東光寺も、吉備津神社の神宮寺である来光寺が由来であるとの一説があるらしい。


d0158053_1914527.jpg

◎読み・・・とうこうじ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 早良自動車営業所
□路線・・・脇山城南線(東光寺支線)[17番]
[PR]

by hansman | 2010-08-22 19:33 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部 | Comments(0)
2010年 08月 22日

橋津・(佐賀県佐賀市)

d0158053_101583.jpg


 ここは、小さな川を挟んだすぐそこの対岸は福岡県大川市、というギリギリのロケーションにある佐賀市営バスの折返場。 バスは左右双方から二路線が乗り入れており、互いにここで折り返す。 道路いっぱいに使って転回出来るように、道路の両側に転回スペースがあるという珍しい形態の折返場となっている。(写真手前の砂利のスペースも転回スペース)



d0158053_1073669.jpg
◎読み・・・はしづ
■運行・・・佐賀市交通局
□路線・・・諸富橋津線[21]・蒲池橋津線[29]
[PR]

by hansman | 2010-08-22 10:26 | (佐賀県)・佐賀/鹿島 | Comments(0)
2010年 08月 19日

皈り坂・(熊本県東陽村)

d0158053_2204370.jpg


 氷川の中流域、種山停留所で泉村方面への路線から別れると、河俣線の車は良く整備された快適な規格道路を元気良く走る。 そして、終点に近づく二区間手前、ここ皈り坂から車はおもむろに狭い道へと突入するが、産交バスはその狭く崖の迫った道を恐る恐るではなくて、実に堂々と俊敏に走る。 広い快適路から狭隘路へ、その反動的なギャップが印象的な路線である。 

 (★この写真は、当日、同行取材を行ったちょんびんさんに、石の上へ持ち上げてもらって、高い位置からの撮影が実現したという、非常に貴重なアングルです。)



d0158053_223552.jpg

◎読み・・・かえりざか
■運行・・・産交バス株式会社 八代営業所
□路線・・・河俣線
[PR]

by hansman | 2010-08-19 23:01 | (熊本県)・八代/人吉/水俣 | Comments(3)
2010年 08月 18日

開拓団入口・(熊本県芦北町)

d0158053_19522383.jpg


 戦後の混乱期、熊本や鹿児島をはじめ、全国各地の山林に集団で入植した開拓団。 当時の人々の並大抵でない努力によって開墾された田畑には、夏の強い太陽を浴びて、稲が青々と育っている。 開拓団といえば人里はなれた山奥の荒地を開墾するイメージだが、ここは佐敷の町から程近い。 近くにできた高架を、時折猛スピードで新幹線が通過する。 



d0158053_2095046.jpg

◎読み・・・かいたくだんいりぐち
■運行・・・産交バス株式会社 水俣営業所
□路線・・・田川線
[PR]

by hansman | 2010-08-18 20:11 | (熊本県)・八代/人吉/水俣 | Comments(2)
2010年 08月 17日

赤岩・(大分県天瀬町)

d0158053_20153442.jpg



 谷筋を流れる一本の川をたどりながら、小さなバスが駅へと降りてゆく。 天ヶ瀬温泉から南へ登った斜面には、古風の民家が点々と在る。 赤岩は小学校や商店も集まり、生活感あふれる集落だ。 近くには天ヶ瀬温泉から汲み上げた“集落民専用”の浴場がある。



d0158053_22154312.jpg

◎読み・・・あかいわ
■運行・・・日田バス株式会社 日田営業所
□路線・・・本城線
[PR]

by hansman | 2010-08-17 22:22 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(4)
2010年 08月 13日

西村・(熊本県小国町)

d0158053_1941654.jpg


  大きな鉄道橋が、美しいアーチを描き谷間を渡す。 かつて、玖珠から久大本線を別れ、宝泉寺の谷間を登り、高原の町・小国、宮原をむすぶ鉄道があった。 小国町内にはそんな輝かしい時代を刻んだ、国鉄の宮原線の遺構が当時のまま残っているところが多い。



d0158053_191303.jpg

◎読み・・・にしむら
■運行・・・産交バス株式会社 小国営業所
□路線・・・岳の湯線
[PR]

by hansman | 2010-08-13 19:14 | (熊本県)・阿蘇/小国/高森 | Comments(4)