ブログトップ

<   2011年 03月 ( 39 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 31日

梅田・(福岡県大任町)

d0158053_20403997.jpg


 ◆香春岳をバックに夕方の彦山川に沿う。

 (夕方の彦山川、香春岳が遠くにかすんでいます。 石灰石の採掘によって頂上が平ぺったい形状となった一ノ岳から、右へ二ノ岳、三ノ岳と続きます。 後方の高い山は福智山で、その裏はもう北九州市です。 彦山川の水は田川の町を貫き、直方で本流の遠賀川と合流すると、一路北へ、芦屋から玄界灘に注ぎます。 このあたりではまだ清らかな彦山川の水ですが、下流域は生活廃水によって水質が徐々に悪くなります。)



d0158053_2041217.jpg

◎読み・・・うめだ
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 田川支社
□路線・・・大任線[18]
[PR]

by hansman | 2011-03-31 15:39 | (福岡県)・筑豊 | Comments(2)
2011年 03月 30日

大任役場口・(福岡県大任町)

d0158053_20141442.jpg


 ◆花としじみの里・大任町の川沿いを走る。

 (遠く、英彦山に源を発する彦山川。 この清流が田畑を潤し、人々の生活を守っています。 大任町内を走る唯一の交通機関である[18]番のバスは、この彦山川の堤防上を走り抜けてゆきます。 堤防上の道は昔のままですが、並行する国鉄添田線跡地に開通した新しい道路の沿線は次々と公費が投じられ、やり過ぎではないかというほど整備されています。)



d0158053_2014454.jpg

◎読み・・・おおとうやくばぐち
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 田川支社
□路線・・・大任線[18]
[PR]

by hansman | 2011-03-30 20:19 | (福岡県)・筑豊 | Comments(0)
2011年 03月 29日

新橋・(福岡県田川市)

d0158053_19262773.jpg


 ◆彦山川にかかる鉄橋をくぐれば、バスは伊田の町に出る。

 (炭鉱跡の2本煙突と並んで、彦山川にかかる日田彦山線の鉄橋が、伊田の最盛期を物語るランドマークといえます。 添田から彦山川に並行して下ってきた[18]番のバスは、これから寂しい伊田の町にさしかかります。 今にも蒸気機関車に引かれた貨物列車がもくもくと煙を吐きながらやってくるような力強さが、この鉄橋には十分に残っています。)



d0158053_1927089.jpg

◎読み・・・しんばし
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 伊田支社
□路線・・・田川~小倉線[快速]・呉線[35]・大任線[18]・金田方城循環線[22・23]
[PR]

by hansman | 2011-03-29 23:49 | (福岡県)・筑豊 | Comments(2)
2011年 03月 29日

古賀町・(福岡県田川市)

d0158053_195436.jpg


 ◆鉄橋の下をくぐって。

 (伊田を出発した[18]番は、わずかな乗客を乗せて添田を目指します。 大任町内では彦山川の堤防上を走りぬける爽快な路線でしたが、3月をもって大任町バスの運行に切り替わり、西鉄バスは姿を消します。 なお、写真の虹色塗装の車は、昭和62年に不採算だった西日本鉄道の添田自動車営業所が、添田交通という子会社に分離された際に採用されたもので、当初は銀色のベースに虹のデザインが入った大型車も在籍していた覚えがありますが、いまいち定かでありません。 いまでは添田交通も西鉄バス筑豊に吸収され、西鉄バスという呼び名で統一が図られています。)



d0158053_19542072.jpg

◎読み・・・こがまち
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 田川支社
□路線・・・大任線[18]
[PR]

by hansman | 2011-03-29 20:08 | (福岡県)・筑豊 | Comments(0)
2011年 03月 29日

★★新飯塚橋回送路★★・(福岡県飯塚市)

d0158053_236571.jpg


 ◆遠賀川の堤防上を風を切って走るJRバス。

 (つくし取りの親子が楽しそうに遊ぶ遠賀川の河川敷。 午後の昼下がり、JRバスの回送車が走り抜けてゆきます。 新飯塚駅~健康の森公園を循環するバスは一日3便ありますが、バスは午前中に若宮の福丸から回送で新飯塚駅へやってきて、循環コースを3周したのち、夕方になる前に普段は走らない河川敷の道をショートカットして福丸の車庫へ戻ってゆきます。)



d0158053_2364783.jpg

★★新飯塚橋回送路★★

■運行・・・ジェイアール九州バス株式会社 福岡中部支店
□路線・・・直方線(自衛隊循環支線)・(津島循環支線)
[PR]

by hansman | 2011-03-29 18:54 | (福岡県)・筑豊 | Comments(0)
2011年 03月 29日

岩ヶ鼻・(福岡県飯塚市)

d0158053_221419.jpg


 ◆真紅のボデーと、黄色い菜の花が春を彩る。

 (山かげの集落を午後の最終バスが飛ばします。 桜の時期には間に合いませんでしたが、黄色い菜の花が最後のときを彩ります。 この路線の運行もあとわずか数日です。)



d0158053_22141725.jpg

◎読み・・・いわがはな
■運行・・・ジェイアール九州バス株式会社 福岡中部支店
□路線・・・直方線(自衛隊循環支線)・(津島循環支線)
[PR]

by hansman | 2011-03-29 06:47 | (福岡県)・筑豊 | Comments(0)
2011年 03月 29日

柳橋・(福岡県飯塚市)

d0158053_2229281.jpg


 ◆春の穏やかな柳橋の集落をゆく。

 (神社や公民館、バス停などが集まり、付近のコミュニティの中心となっているような陣容ではありますが、マイカー時代の今となっては、そのようなもの達は人々には見向きもされず、ただいつものようにさりげなくそこにあるだけです。)



d0158053_22292377.jpg

◎読み・・・やなぎばし
■運行・・・ジェイアール九州バス株式会社 福岡中部支店
□路線・・・直方線(自衛隊循環支線)・(津島循環支線)
[PR]

by hansman | 2011-03-29 00:25 | (福岡県)・筑豊 | Comments(0)
2011年 03月 28日

クリーンセンター・(福岡県飯塚市)

d0158053_21405864.jpg


 ◆清掃工場の構内でターンする、珍しいルートだが・・・。

 (工業団地内を寂しく走るJRバス。 [津島循環]のルートはこのクリーンセンター前の道路を直進しますが、[自衛隊循環]は、わざわざここまでやってきて、クリーンセンター構内をグルリと廻って元のルートに戻ってゆきます。 飯塚市側から、クリーンセンターへの見学者向けにバスを乗り入れるよう要請があってのことらしいですが、いったい誰がこんなところにバスで来るのでしょう。 「この時間が無駄なんよね」とは運転手の嘆き♪ でも私のような物好きには興味を惹かれる素晴らしいルート選択なのであります。)



d0158053_21411735.jpg
※第3日曜日はクリーンセンター休業のため構内には入りません。
◎読み・・・くりーんせんたー
■運行・・・ジェイアール九州バス株式会社 福岡中部支店
□路線・・・直方線(自衛隊循環支線)・(津島循環支線)
[PR]

by hansman | 2011-03-28 21:51 | (福岡県)・筑豊 | Comments(4)
2011年 03月 28日

芦北・(福岡県小竹町)

d0158053_21212320.jpg


 ◆塩頭溜池の湖畔の集落を縫って走るJRバス。

 (飯塚市の北部、自衛隊駐屯地や工業団地がひろがる丘陵地帯に、一日3便の循環バスが走っています。 1周目と2周目が[自衛隊循環]、3周目だけは[津島循環]となっており、微妙にルートが違います。 この循環バスの最大の見所は、この塩頭溜池の湖畔を走る区間。 わずかな時間ですが爽やかなバスハイク気分に浸れます。)




d0158053_21293090.jpg

◎読み・・・あしきた
■運行・・・ジェイアール九州バス株式会社 福岡中部支店
□路線・・・直方線(自衛隊循環支線)・(津島循環支線)
[PR]

by hansman | 2011-03-28 21:38 | (福岡県)・筑豊 | Comments(0)
2011年 03月 27日

◆若津回送路◆・(福岡県大川市)

d0158053_18473985.jpg


 ◆旧三潴銀行本店前を走る回送車。 

 (うしろに見える洋館は、明治42年に建てられた旧三潴銀行本店。 明治時代の初め、ここ若津には三潴県の県庁が置かれ、筑後の経済の中心地だったそうです。 大川橋脇の西鉄大川営業所から筑後川昇開橋の起終点とを結ぶ回送車は、この洋館がある一方通行の狭い道を走ります。)




d0158053_18492679.jpg

◆若津回送路◆(大川営業所~筑後川昇開橋)

■運行・・・西鉄バス佐賀株式会社 大川支社
□路線・・・若津線[回送区間]
[PR]

by hansman | 2011-03-27 13:34 | (福岡県)・大牟田/柳川 | Comments(2)