ブログトップ

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 31日

米良[終点]・(大分県大分市)

d0158053_21591944.jpg


 ◆夏の陽射しを浴びながら、のどかな終点・米良へ到着。

 (大分市内は、台地の上に住宅団地が形成されるケースが多く、その台地と台地わずかな隙間に、昔ながらの農村風景が残っている場合がよくあります。 ここ米良も、そんな痩せた谷間の集落で、あたりには田んぼがひろがり、のどかな農村風景が見られますが、周囲の台地上には住宅団地やサッカースタジアム、高速道路など様々な新興施設が整備されています。 いつまでも残っていてほしい大分の原風景です。)



d0158053_2159474.jpg
◎読み・・・めら
■運行・・・大分バス株式会社 大分中央営業所
□路線・・・米良線
[PR]

by hansman | 2011-08-31 22:08 | (大分県)・大分市内近郊 | Comments(2)
2011年 08月 30日

滝尾保養院・(大分県大分市)

d0158053_23273745.jpg


 ◆川沿いの田舎道を進む米良線の車。

 (住宅地はこのあたりで途切れ、この奥の方には、大分市街地の程近くにありながら昔ながらの農村風景が広がる米良地区があります。 数名の乗客を乗せて、街へ走ります。)



d0158053_23282458.jpg
◎読み・・・たきおほよういん
■運行・・・米良線
□路線・・・大分バス株式会社 大分中央営業所
[PR]

by hansman | 2011-08-30 23:33 | Comments(0)
2011年 08月 29日

畑中[終点]・(大分県大分市)

d0158053_22544286.jpg


▲夕闇につつまれた刑務所前で

 畑中というだけあって、その昔は広大な畑がひろがっていたのでしょうか。 刑務所といえば人里隠れたようなところに位置する印象ですが、ここは住宅地のど真ん中に威風堂々とした構えです。
 はたして住宅地に刑務所を建てたのに反対運動が無かったのか気になりますが、なるほど刑務所開設時には、畑中だけあって、まわりは田畑だけしかなく、あとから宅地化の波が押し寄せて来たんだ!と勝手に早合点しています。



d0158053_22545513.jpg
◎読み・・・はたけなか
■運行・・・大分バス株式会社 大分中央・大分東営業所
□路線・・・畑中線[H92・J系統すべて]
[PR]

by hansman | 2011-08-29 09:19 | (大分県)・大分市内近郊 | Comments(2)
2011年 08月 28日

東芝工場正門前・(大分県大分市)

d0158053_22431100.jpg


 ◆本当は工員が大勢乗ってくれれば嬉しいが・・・。

 (朝1便の東芝ゆきがあるのは良いとしても、夕方仕事が終わったらバスが無いよ。というダイヤ設定になっている東芝工場正門ゆき。 本来は通退勤の足として大活躍しようという狙いで設定されたのかもしれませんが、夜勤明けの従業員らは前の敷地に止めてある自家用車で次々と帰ってゆきました。 折り返しの大分バスは地元の年寄りを乗せて寂しく出発してゆきます。)
 



d0158053_22432071.jpg
◎読み・・・とうしばせいもんこうじょうまえ
■運行・・・大分バス株式会社 大分東営業所
□路線・・・明野・けやき台線(東芝支線)[E60]
[PR]

by hansman | 2011-08-28 22:53 | (大分県)・大分市内近郊 | Comments(2)
2011年 08月 27日

中津サンライズホテル前・(大分県中津市)

d0158053_22413094.jpg


 ◆まだ夜が明けやらぬ中津駅前に滑り込んだ夜行バス「ぶんご」。

 (名古屋から帰ってくる夜行高速バス「ぶんご」は、北九州市の小倉東ICで高速自動車道を降りると、大分市内まではひたすら国道10号線を走ります。 その中間地点に位置するのがここ中津です。 バスはまだ薄暗い、夜明け前の駅前に静かに停まると、乗客を一人だけ降ろしてそのまま大分へと走り去ってゆきました。)



d0158053_22414216.jpg
◎読み・・・なかつさんらいずほてるまえ
■運行・・・大分交通株式会社・大分営業所/亀の井バス株式会社・別府営業所/大分バス株式会社・大分中央営業所
□路線・・・大分~名古屋線[夜行特急]
[PR]

by hansman | 2011-08-27 22:51 | (大分県)・国東半島/宇佐/中津 | Comments(0)
2011年 08月 09日

清水瀑園・(大分県玖珠町)

d0158053_22174491.jpg


 ◆春がやってきても、霜が降る玖珠の盆地の早朝をゆく。

 (季節は4月、もう下界では桜の花が満開を迎えようというときに、ここ玖珠町では早朝から霜が下りていました。 朝一番の日出生線がゆっくりと町へ下ってゆきます。 真夏の今頃、清水瀑園では涼やかな渓流の脇で涼しみながらそうめんを楽しめる時期ですが、撮影日は氷点下の中を流れる冷水を凍える思いで眺めていました。)



d0158053_22184197.jpg
◎読み・・・しみずばくえん
■運行・・・日田バス株式会社 玖珠営業所
□路線・・・日出生線
[PR]

by hansman | 2011-08-09 22:26 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)
2011年 08月 04日

砂津Ⅱ・(北九州市小倉北区)

d0158053_21315538.jpg


 ◆北九州地区のバス運行拠点・砂津にて。

 (ズラリとバスが並ぶ、早朝5時台の小倉営業所。 ここは小倉城下の東端、西日本鉄道の前身会社のひとつである九州電気軌道の発祥の地です。 始発バスが出るまでは、駐車枠に収まりきれずに通路にまでギッシリと車両が留置されている光景を目にすることが出来ます。)



d0158053_21322946.jpg
★★2回目掲載停留所★★
◎読み・・・すなつ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 市内各営業所/西鉄高速バス株式会社 北九州支社/その他共同運行会社など
□路線・・・市内各路線/高速特急バス各路線
[PR]

by hansman | 2011-08-04 21:40 | (福岡県)・門司/小倉/京築 | Comments(2)
2011年 08月 02日

佐世保駅前Ⅱ・(長崎県佐世保市)

d0158053_20135723.jpg


 ◆駅前営業所に入庫する市営バス。

 (バスの営業所があるとは到底想像もつかないたたずまいを見せる、佐世保市交通局の駅前営業所。 駅前から狭い路地に入り込まなけらば、営業所に帰ることが出来ません。 バスは入庫がこちらで、出庫は左の方の別の路地から出てゆく一方通行方式になっています。)



d0158053_20161811.jpg
★★2回目掲載停留所★★
◎読み・・・させぼえきまえ
■運行・・・佐世保市交通局 各営業所
□路線・・・市内各路線
[PR]

by hansman | 2011-08-02 12:12 | (長崎県)・佐世保/平戸/松浦 | Comments(2)
2011年 08月 01日

佐世保駅前・(長崎県佐世保市)

d0158053_19575523.jpg


 ◆駅前で客を降ろした終えたバスが、ありえない道へ入る光景。

 (はじめて佐世保に来たときに度肝を抜いたのが、駅前で見られるこの光景。 駅前終点の市営バスは客を降ろすと、おもむろに路地に頭を突っ込んでゆきます。 一見、この先は石段で行き止まりになりそうに感じるのですが、実は石段の一歩手前で右に曲がれば、猫の額のような敷地に交通局の駅前営業所が立ちはだかっています。 どのように営業所に入るのかは次回ご紹介したいと思います。 後方に見えている烏帽子岳には市営バスで行くことが出来ます。)



d0158053_19581714.jpg
◎読み・・・させぼえきまえ
■運行・・・佐世保市交通局 各営業所/西肥自動車株式会社 各営業所
□路線・・・市内各路線
[PR]

by hansman | 2011-08-01 10:00 | (長崎県)・佐世保/平戸/松浦 | Comments(0)