ブログトップ

<   2011年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 30日

貴船神社・(北九州市門司区)

d0158053_2221086.jpg


▲西鉄バスと貴船神社の桜

(門司といえば関門海峡に面した港町ですが、一方周防灘側の地区は裏門司と呼ばれ、のどかな半農半漁の風景が残っています。 10年ほど前まで、バスはつづら折の峠を越えて、この集落にやって来ていましたが、現在は新設のトンネルをくぐっており、便利さと引き替えに田舎の風情は失せてしまいました。 時代が移っても、貴船神社の桜は昔から変わらず、喜多久の里に春のおとずれを告げています。)



d0158053_22293616.jpg
◎読み・・・きふねじんじゃ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司自動車営業所
□路線・・・白野江線 喜多久支線 [42番]
[PR]

by hansman | 2011-09-30 12:00 | (福岡県)・門司/小倉/京築 | Comments(0)
2011年 09月 30日

貴船神社・Ⅱ・(北九州市門司区)

d0158053_2114521.jpg


▲満開の桜の下を走る西鉄バス

(のんびりとした春の喜多久を、バスが走り抜けてゆきました。 周防灘に面した裏門司には、古くから半農半漁の寒村が浦々に点在していました。 今でも喜多久の集落は昔日の面影を色濃く残しています。)



d0158053_21161513.jpg
★★平成23年9月30日廃止★★
◎読み・・・きふねじんじゃ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司自動車営業所
□路線・・・白野江線(喜多久支線)[42]
[PR]

by hansman | 2011-09-30 12:00 | (福岡県)・門司/小倉/京築 | Comments(0)
2011年 09月 30日

公民館前・Ⅱ・(北九州市門司区)

d0158053_23484934.jpg


▲湾曲したかつての海岸に沿って走る西鉄バス

(入江を堤防で仕切って、干拓されて造られたと思われる喜多久の農村風景。 バスの走る道は明らかに海岸線であったような湾曲を描いています。 大分県の南部には入江のふちを走る風光明媚な路線がいくつもありますが、ここも干拓されていなければ、そんな美しい車窓風景が見られたかもしれません。 先人の努力による干拓だったのでしょうが、ここ数年で急速に耕作放棄地が増えてきました。 このようなのどかな営みは、この地でいつまで見られるでしょうか。)



d0158053_23525421.jpg
★★平成23年9月30日廃止★★
◎読み・・・こうみんかんまえ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司自動車営業所
□路線・・・白野江線 喜多久支線 [42番]
[PR]

by hansman | 2011-09-30 06:00 | (福岡県)・門司/小倉/京築 | Comments(0)
2011年 09月 29日

公民館前・(北九州市門司区)

d0158053_2345690.jpg


▲西鉄バスが走る喜多久の里

(すっきりと晴れ渡った、早春の喜多久の里へ、西鉄バスがゆっくりと走ってきました。 あたりには狭い入江に堤を築いて作られた田畑が広がります。 干拓される前は山が迫った非常に狭い土地だったのでしょう。)



d0158053_2384310.jpg
★★平成23年9月30日廃止★★
◎読み・・・こうみんかんまえ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司自動車営業所
□路線・・・白野江線 喜多久支線 [42番]
[PR]

by hansman | 2011-09-29 12:00 | (福岡県)・門司/小倉/京築 | Comments(2)
2011年 09月 28日

喜多久[終点]Ⅲ・(北九州市門司区)

d0158053_21532417.jpg


 ◆春のゆるやかな曲線を描きながら。

 (素朴な終点・喜多久をあとにして、バスは門司港駅をめざして出発してゆきました。 門司地区の路線バスは、海あり山ありの多様な路線が走っていますが、特に裏門司と呼ばれる東海岸一帯は自然豊かなところです。 しかしその分、埋め立てや採石といった開発が現在進行形で行われている所でもあり、都市の発展と自然保護が共存することの難しさを考えさせられます。)



d0158053_21543636.jpg
★★平成23年9月30日廃止★★
◎読み・・・きたく
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司自動車営業所
□路線・・・白野江線(喜多久支線)[42]
[PR]

by hansman | 2011-09-28 12:00 | (福岡県)・門司/小倉/京築 | Comments(0)
2011年 09月 28日

喜多久Ⅱ[終点]・(北九州市門司区)

d0158053_21363774.jpg


 半農半漁の寒村・喜多久。 夕方の、なんとものどかなひととき、農家の老夫婦が小さな農機具に乗って畑から帰ってきました。 裏門司の小さな集落にも路線バスが息づいているのがうれしいのですが、利用客は数えるほどで、近年は、活きた路線とはいい難い状況が続きました・・・。



d0158053_213768.jpg
★★平成23年9月30日廃止★★
◎読み・・・きたく
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司自動車営業所
□路線・・・白野江線(喜多久支線)
[PR]

by hansman | 2011-09-28 06:00 | (福岡県)・門司/小倉/京築 | Comments(2)
2011年 09月 27日

喜多久[終点]・(北九州市門司区)

d0158053_22304280.jpg



(喜多久ゆきの最終便は、政令指定都市の一路線にしてはあまりに早じまいで、門司港駅を18時台に発車します。 といっても秋分を過ぎると、バスが喜多久につくころには日は暮れ落ち、もはや黄昏時というよりも、夜といった暗さになります。 自動販売機の頼りない明かりだけが、バスの側面を映し出し、どこからか静かな波音が聞こえてくるだけの、あまりに寂しい闇がそこにはありました。)



d0158053_2232095.jpg
★★平成23年9月30日廃止★★
◎読み・・・きたく
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司自動車営業所
□路線・・・白野江線(喜多久支線)[42]
[PR]

by hansman | 2011-09-27 06:00 | (福岡県)・門司/小倉/京築 | Comments(6)
2011年 09月 26日

桟橋通⑥・(北九州市門司区)

d0158053_2283783.jpg



(ここは、かつての門司市の中心地であった桟橋通です。 路面電車がなくなり、山城屋という交差点の一角に鎮座していたデパートもマンションに姿を変えましたが いまでも交差点の四方に、それぞれ大里・小倉方面や東本町・海岸方面、門司港駅方面、山手方面といった各方面へのバスのりばが分散しており、一応交通の要衝の機能は、なんとか果たしています。 その数あるのりばの中でも、この⑥番のりばは裏門司と呼ばれる地区に行く路線が発車しており、とりわけ魅力的な行先が凝縮されたのりばとなっています。 "恒見・柄杓田・青浜・喜多久・白野江”と、停留所上屋に大書きされてある行先は、どれもいったいどんなところなのだろうか?という憧れを持たざるを得ないような素敵な地名ばかりで、昔から非常に心躍る停留所でした。 しかし、この9月を持って、この中でも特に魅力的な終点だった“青浜”と“喜多久”の文字が消されようとしています。)



d0158053_2285883.jpg
◎読み・・・さんばしどおり⑥
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司・恒見自動車営業所
□路線・・・門司~恒見線[40・43・45]・白野江線[41]・(喜多久支線)[42]
[PR]

by hansman | 2011-09-26 06:00 | (福岡県)・門司/小倉/京築 | Comments(0)
2011年 09月 25日

田代[終点]・(北九州市八幡東区)

d0158053_2128277.jpg


▲のどかな田代にたたずむ西鉄バス

(茅葺き風の古い民家をバックに、バスは落ち着いた面持ちでしばしの休憩です。 西鉄の路線では珍しく道路上で待機するという、実にのどかな光景を見ることが出来ました。 田代の里に西鉄バスが通った半世紀の歴史に、まもなく終止符が打たれようとしています。 日本の衰退とともに、地方の枝葉の先のほうから次々と路線バスが消え行く中、21世紀になってもう10年が過ぎようかというこの時まで、田代に西鉄バスが登ってきていたのは素晴らしいことです。)



d0158053_2304093.jpg
★★平成23年9月30日廃止★★
◎読み・・・たしろ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 浅野自動車営業所
□路線・・・河内線[56]
[PR]

by hansman | 2011-09-25 07:00 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(2)
2011年 09月 24日

田代[降車場]・(北九州市八幡東区)

d0158053_22243681.jpg


(終点・田代に着いたバスは、公民館向かいの降車場で客を降ろすと、田代のランドマークといえる三角地帯を大きく廻って転回します。 数年前まではこの三叉路の中に古風のぼろ家があり、今よりもっと風情のある光景がありました。 田代は山間部にして交通の要衝の地。 これより西に行けば畑観音・香月方面、東に行けば合馬を経て中谷へ通じており、それぞれこの少し先の峠を越えてゆきます。 畑観音から田代経由で合馬方面へ繋がるバス路線が出来ればいいよな、という大きな夢は昔から妄想していたのですが、今や合馬も畑観音も、そして田代までが廃止になる世の中で、そんな夢は呆気なく消えてしまいました。)



d0158053_226293.jpg
★★平成23年9月30日廃止★★
◎読み・・・たしろ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 浅野自動車営業所
□路線・・・河内線[56]
[PR]

by hansman | 2011-09-24 07:00 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(0)