ブログトップ

<   2012年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

相浦桟橋[終点]・(長崎県佐世保市)

d0158053_2025661.jpg


▲待機場から出てくる西肥バス

 佐世保市内に居ると、頻繁に見かける「相浦桟橋ゆき」。 どんな所かとやって来ると、予想通りの侘びしい雰囲気の漂う港町でした。 九十九島の観光船などが発着する鹿子前桟橋とは対照的に、こちらは近場の離島である高島や黒島への生活航路、それに平戸の前津吉までの連絡船などがのんびりと客を待つ地元住民のための港という感じのゆったりした光景です。
 佐世保市内は西肥バスと市営バスが同一経路で客を奪い合う路線が多いのですが、この相浦桟橋ゆきも西肥・市営双方のバスがダブルトラックでやってきます。どう考えてもどちらか一方で十分だろうという場所ではありますが、それでもやって行けるほど、バスに対する需要がまだまだ高いという事でもありますので良いことです。 西肥バスなど、バス事業単体ではちゃんと黒字で運営できているそうです。



d0158053_20253886.jpg

◎読み・・・あいのうらさんばし
■運行・・・西肥自動車株式会社 東部・北部営業所/佐世保市交通局 駅前・黒髪営業所
□路線・・・日野峠線(相浦桟橋支線)
[PR]

by hansman | 2012-02-29 06:00 | (長崎県)・佐世保/平戸/松浦 | Comments(0)
2012年 02月 27日

福島・(福岡県八女市)

d0158053_20502443.jpg


▲福島に到着した西鉄バス

 ここは八女の中心部・福島。 久留米~八女を結ぶ南北軸の西鉄バスと、羽犬塚~奥八女地域を結ぶ東西軸の堀川バスとが交わる交通の要衝です。 交差点の角には両社のターミナル(西鉄のはターミナルと呼べるのか怪しいですが・・・)が対峙するようにあります。
 こちらは西鉄の待合所、かつて久留米まで走っていた路面電車の福島線の終点だったところです。電車は左右に乗降口があるので、久留米方面に行く場合でも反対側にホームがあっても大丈夫なのですが、バスは左側にしか扉がありませんから、山鹿や熊本方面への路線が廃止となった今では、逆方向の久留米への待合所としては全く機能出来ず、手持ち無沙汰な印象です。というか全然機能できていません。願わくは、再びこの待合所から南方へ向けて旅が出来る日が戻ってきてほしいものです。



d0158053_20533420.jpg

◎読み・・・ふくしま
■運行・・・西鉄バス久留米株式会社 八女支社
□路線・・・福島線(久留米~八女)[30・31・33]・山鹿線(廃止済)[32]
[PR]

by hansman | 2012-02-27 06:00 | (福岡県)・八女 | Comments(2)
2012年 02月 25日

松橋産交・(熊本県松橋町)

d0158053_195434100.jpg


▲松橋を出る三角ゆき

 古き良き時代を微かに残す松橋産交。 重厚な佇まいのターミナルが、バス全盛時代の隆盛ぶりを今に伝えています。 現在は熊本市内と松橋を結ぶ路線を主体にして、山奥の砥用や、天草の玄関口の三角への路線をはじめ、八代へ南下する路線も発着しており、交通の要としての面目をかろうじて保ち続けています。
 松橋駅前から内陸の城南町経由で熊本市内へ結ぶ熊本バスも近くを走りますが、当然の如く松橋産交をスルーしてゆきます。  九州産交では伝統的に営業所前の停留所を「三角産交」「大津産交」「人吉産交」のように、「××産交」という独特な呼称で表現する慣習があるようで、松橋ももちろん「松橋産交」です。
 昔は、3号線に面した立地を活かして、熊本~八代・水俣を結ぶ快速バスなどがここに多く立ち寄っていたそうです。



d0158053_19591711.jpg

◎読み・・・まつばせさんこう
■運行・・・九州産交バス株式会社 松橋営業所/産交バス株式会社 松橋・三角・八代営業所
□路線・・・松橋線(熊本~松橋)[川6・8・11・県21]/松合線(松橋~三角)・砥用線(松橋~砥用)・3号線(松橋~八代)・鏡線(松橋~八代線)
[PR]

by hansman | 2012-02-25 06:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2012年 02月 23日

日吉神社前・(大分県玖珠町)

d0158053_23352767.jpg


▲のどかな集落・日出生をゆく

 この風景を見ると、西鉄バスが、どえらくのどかな所を走っているな~と思われるかもしれませんが、実はこれは大分県の日田バス。 西鉄のお下がりを、ほぼそのままの姿で走らせています。
 院内町との町境はもうすぐそこ。安心院からやって来る大分交通の田所ゆきの終点も近いですが、路線は繋がっていません。 地元の方の話によれば、昔は大分交通のバスが田所を越えて、日出生を通り、そのまま玖珠町の中心部の森駅前まで乗り入れていた時代があったのだそうです。 日出生といえば、陸上自衛隊の演習場を思い浮かべる方が多いと存じますが、演習場はここからは少し離れていて、むしろ龍門線の終点・田代の方が近いのではないでしょうか。



d0158053_23384221.jpg

◎読み・・・ひよしじんじゃまえ
■運行・・・日田バス株式会社 玖珠営業所
□路線・・・日出生線
[PR]

by hansman | 2012-02-23 06:00 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)
2012年 02月 21日

平清水・(大分県臼杵市)

d0158053_2156136.jpg


▲三重の塔と三重町ゆき

 臼杵にやってくると、まず目に入るのがフンドーキンの工場と、ここ龍源寺の立派な三重の塔。 西南戦争のとき、寺は全焼しましたが、山門と塔だけは焼け残りました。
 臼杵と大分市内や佐賀関、三重町などを結ぶ路線バスは、この寺の前の道を往来しています。 臼杵の町並みは、古い寺社仏閣や商店、民家などが建ち並び、歩くだけでも楽しいところです。



d0158053_215804.jpg
◎読み・・・ひらそうず
■運行・・・大分バス株式会社 大分中央営業所/臼津交通株式会社 臼杵本社/大野竹田バス株式会社 大野本社
□路線・・・臼杵線(大分~臼杵)・臼三線(臼杵~三重町)・一尺屋線(臼杵~佐賀関)
[PR]

by hansman | 2012-02-21 06:00 | (大分県)・佐伯/臼津 | Comments(4)
2012年 02月 19日

コミュニティセンター前[終点]・(大分県前津江村)

d0158053_2242149.jpg


▲終点で待機中の西鉄バス

 浮羽地区のローカル路線群の代表格である田篭線の終点・コミュニティーセンター前。 なんだか味気無い名前の終点ですが、とんでもない! 実際に行ってみれば、山の奥地の、味わい深い終点の風景が待っています。 西鉄バスがほんの少しですが大分県へ越境する、貴重な路線でもあります。
 この路線、以前の終点は二つ手前の神杉野でしたが、ごく最近になって延長されました。 小学校統廃合による児童の登下校対策という、やや後ろ向きの延伸理由ではありますが、このご時世にローカル路線の終点が延びるとは、大変おめでたい話です。 神杉野は森の中の何も無い静かなところですが、それから先の柚木地区には民家や小学校跡のある集落が開け、生活感が感じられる一帯です。



d0158053_2254576.jpg

◎読み・・・こみゅにてぃーせんたーまえ
■運行・・・西鉄バス久留米株式会社 吉井支社
□路線・・・田篭線[30](浮羽~神杉野)
[PR]

by hansman | 2012-02-19 06:00 | (福岡県)・久留米 | Comments(0)
2012年 02月 17日

あしきた青少年の家・(熊本県芦北町)

d0158053_21442925.jpg


▲海浜公園をあとにする産交バス

 佐敷駅前から、芦北の美しい海岸線へ進む、鶴木山線。 20分程度の短いバス旅ですが、漁港や白砂の海水浴場を眺めながらの車窓が存分に楽しめます。 海岸を離れ、岬の丘を登りつめた所にある宿泊研修施設・あしきた青少年の家の玄関前で転回して、バスは再び佐敷へ戻ります。 
 海水浴場を中心に、付近の丘の上まで海浜公園が開発され、リフトなどのあまりに過剰では?と思わせるような立派な施設が並んでいます。



d0158053_21453376.jpg
◎読み・・・あしきたせいしょうねんのいえ
■運行・・・産交バス株式会社 水俣営業所
□路線・・・鶴木山線
[PR]

by hansman | 2012-02-17 06:00 | (熊本県)・八代/人吉/水俣 | Comments(2)
2012年 02月 15日

柞原[終点]・(大分県大分市)

d0158053_23395995.jpg


▲厳かな終点・柞原にて
 
 大分市の北西部、西大分駅近くの“かんたん停留所”から大きな鳥居をくぐると、ひたすら山を登る大分交通の柞原線。 高崎山の裏手にあたる静かな山中の終点に着くと、バスは柞原八幡宮の荘厳な境内で転回します。 
 辺りは杉の大木をはじめ、鬱蒼とした森に囲まれた実に厳かなところで、この静けさ漂う終点でゆったりと出発のときを待つ路線バス、という写真を撮りたかったはずなんですが、この日やってきたのはこちらの車。 ドン.キホーテの派手派手しい車体広告によって、せっかくの柞原の雰囲気が見事なアンバランスで崩れ落ちてしまっております。 それもまあ、大分市内から走ってくる、都心に近いローカルバスならではの光景ではありますが・・・。



d0158053_23131832.jpg
◎読み・・・さくばる
■運行・・・大分交通株式会社 大分営業所
□路線・・・柞原線(5号地~大分駅~柞原)
[PR]

by hansman | 2012-02-15 06:00 | (大分県)・大分市内近郊 | Comments(2)
2012年 02月 13日

道の駅すごう~旧竹田ドライブイン~・(大分県菅生町)

d0158053_1585044.jpg


▲ドライブインで憩う"やまびこ号”

 熊本・大分の県境に近い竹田ドライブイン。 大分バスが運営する施設ですが、最近のブームにあやかってか、道の駅になりました。 但しドライブイン時代と雰囲気はほとんど変わっていませんが・・・。
 熊本~大分を国道57号線経由で運行する特急バスやまびこ号は、ちょうど中間地点ということでここで暫しの休憩を行います。 この日はちょうど大分ゆきの九州産交便と、熊本ゆきの大分バス便が同時にここへやってきました。 奥に止まっているのが産交バスです。あの青い十文字の車体デザインは、福岡~熊本間の特急バスひのくに号が高速道路へ乗せ換えられた時からずっとひのくに号の塗装として第一線で活躍していた伝統的なものですが、残念なことに現在は使われておらず、残った車もやまびこ号やあまくさ号で余生を送っているようです。



d0158053_1353158.jpg

◎読み・・・みちのえきすごう(きゅうたけたどらいぶいん)
■運行・・・九州産交バス株式会社 熊本営業所/大分バス株式会社 中央営業所
□路線・・・熊本~大分線[特急]
[PR]

by hansman | 2012-02-13 06:00 | (大分県)・竹田/大野 | Comments(1)
2012年 02月 11日

水俣車庫・(熊本県水俣市)

d0158053_114127.jpg


▲車庫で休む南国バスを横目に産交バス

 熊本県の南端・水俣は、地元の産交バスはもとより、鹿児島県側の大口や出水・阿久根方面より鹿児島県の南国バスも越境して乗り入れてきます。 南国交通も市内に車庫を構えており、出水・阿久根ゆきの発着点となっています。
 水俣は小さい町なので、市内の移動に路線バスを利用しようという需要は昔からあまり無く、地元住民は熊本県の産交バスよりも、他県の南国バスの方が利用機会が多く、親近感があるのではないかと思います。空港も熊本空港よりも鹿児島空港が利用される地域ですし、交流も八代方面より出水方面の方に向いているところです。



d0158053_1141887.jpg
◎読み・・・みなまたしゃこ
■運行・・・南国交通株式会社 出水・大口営業所
□路線・・・水俣~出水阿久根線・空港~大口水俣線
※産交バスは停車しません。
[PR]

by hansman | 2012-02-11 06:00 | (熊本県)・八代/人吉/水俣 | Comments(0)