ブログトップ

<   2012年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 31日

林Ⅱ・(熊本県高森町)

d0158053_2157166.jpg


▲根子岳をバックに・・・

 高森町のシンボル的存在・根子岳は、阿蘇の五岳のひとつ。 相変わらず、高森町民バスでは定番の極狭道路を走ります。
 この高森環状線は、この3月で廃止となってしまいました。 同じ高森町民バスでも、山岳部を走る各路線は利用者が多く堅調なようですが、ここは中途半端に町に近いこと、また近い割には週に2日しか動かないという不便さが相まって、なかなか利用が延びなかったのかもしれません。



d0158053_21574444.jpg
★★平成24年3月31日廃止★★
◎読み・・・はやし
■運行・・・産交バス株式会社 高森営業所
□路線・・・高森町民バス 高森環状線
[PR]

by hansman | 2012-03-31 06:00 | (熊本県)・阿蘇/小国/高森 | Comments(0)
2012年 03月 30日

林・(熊本県高森町)

d0158053_21215777.jpg


▲林から見た津留集落全景

 津留から林への道は、浅い谷に築かれた、灌漑用の溜池の堤の上にあって、産交バスはその上をゆるやかに曲線を描きながら走ります。
 高森には、津留氏という有力者が昔から居て、この辺りがその根拠地であったそうです。 いまでも高森町内の民家の表札や、商店名に津留姓が散見されますので、その一族の末裔なのかもしれません。
 後ろに見えるのは阿蘇山の烏帽子岳、おかまど山です。南郷谷側から眺める阿蘇の山々も美しいです。



d0158053_21242118.jpg
★★平成24年3月31日廃止★★
◎読み・・・はやし
■運行・・・産交バス株式会社 高森営業所
□路線・・・高森町民バス 高森環状線
[PR]

by hansman | 2012-03-30 12:00 | (熊本県)・阿蘇/小国/高森 | Comments(0)
2012年 03月 30日

津留Ⅱ・(熊本県高森町)

d0158053_2101286.jpg


▲道なき道を突き進む産交バス

 ただでさえ道幅が狭い津留の集落内ですが、極めつけはここの区間。  民家の塀に挟まれたわずかな隙間を、産交のマイクロバスが突き進んでゆきます。 福岡県の西鉄バスに慣れ親しんできた者としては、九州産交のルート設定の柔軟さというか、凄まじさというか、この大胆で素敵な仕事ぶりに対して、乗るたびに感動の連続です。



d0158053_2113100.jpg
★★平成24年3月31日廃止★★
◎読み・・・つる
■運行・・・産交バス株式会社 高森営業所
□路線・・・高森町民バス 高森環状線
[PR]

by hansman | 2012-03-30 06:00 | (熊本県)・阿蘇/小国/高森 | Comments(0)
2012年 03月 29日

津留・(熊本県高森町)

d0158053_2348547.jpg


▲津留集落をゆく産交バス

 高森町の南側を廻る、高森環状線。 山奥の壮絶な道をゆく高森町民バスの路線群の中では、最も地味で短く、あっという間に高森の町中に戻ってくる路線ですが、途中の経路は魅力たっぷり。 津留の集落内では極上の狭隘路を走ります。
 火・金曜のみ3便が維持されてきましたが、この春のダイヤ改正でひっそりと姿を消そうとしています。 厳冬でだいぶ遅めに咲いた梅の花が、精一杯の華やさで最後の別れを彩っていました。



d0158053_2352979.jpg
★★平成24年3月31日廃止★★
◎読み・・・つる
■運行・・・産交バス株式会社 高森営業所
□路線・・・高森町民バス 高森環状線
[PR]

by hansman | 2012-03-29 06:00 | (熊本県)・阿蘇/小国/高森 | Comments(0)
2012年 03月 29日

郷の原Ⅱ・(福岡県篠栗町)

d0158053_22545721.jpg


▲桜を眺めながらの峠越え

 八木山峠は、福岡都市圏と内陸の筑豊地区をむすぶ峠道です。 春の咲く頃になると、つづら折りの沿道に数え切れないほどのおびただしい桜の木が満開の花をたわわに付けて迎えてくれます。既に西鉄バスの路線としての役割は終えている区間ですが、大型トラックや自家用車などの交通量は今でも非常に多く、旧道化といった哀しさは一切感じられません。)



d0158053_2330695.jpg
★★平成24年3月31日廃止★★
◎読み・・・ごうのはる
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 飯塚本社
□路線・・・八木山線[無番]
[PR]

by hansman | 2012-03-29 01:00 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部 | Comments(6)
2012年 03月 29日

郷の原・(福岡県篠栗町)

d0158053_20544197.jpg



▲八木山越えに挑む中型バス

 春先の八木山峠は、沿道に桜が咲き乱れて美しい。 ここは今も昔も、筑豊と福岡を結ぶ大動脈ですが、特急バスや急行バスはすべて並行して開通した八木山バイパスのトンネル経由に振り替えられてしまい、現在では一日10往復程度の路線バスだけが細々と峠越えの歴史を守っています。



d0158053_2174553.jpg
★★平成24年3月31日廃止★★
◎読み・・・ごうのはる
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 飯塚本社
□路線・・・八木山線
[PR]

by hansman | 2012-03-29 00:00 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部 | Comments(4)
2012年 03月 27日

初神・(熊本県相良村)

d0158053_2127186.jpg


▲川辺川を渡る産交バス

 茶畑に囲まれて、バスは清らかに流れる川辺川を渡ります。 ここを渡る車は、人吉~五木村を結ぶ幹線路線から分岐する椎葉支線。 平日だけ、わずかに二便のバスが走ります。 大神橋を渡って対岸に行った椎葉支線は、これからどんどん深まる谷間を挟んで、五木への本線とずっと並んで終点に向かいます。



d0158053_21281746.jpg

◎読み・・・はつがみ
■運行・・・産交バス株式会社 人吉営業所
□路線・・・五木線(椎葉支線)
[PR]

by hansman | 2012-03-27 06:00 | (熊本県)・八代/人吉/水俣 | Comments(0)
2012年 03月 25日

串野・(大分県九重町)

d0158053_2046029.jpg


▲くじゅう湧蓋山を背景に・・・

 整った円錐型をした湧蓋山に抱かれた静かな山里。 ここは、玖珠町の中心部・豊後森駅と熊本県の小国とを結ぶ国鉄宮原線の代行バスの支線で、一日にわずか2便のバスがやって来ます。
 終点の串野温泉前は、この写真の突き当たりにあります。 今ではすっかり道が良くなり、山奥の秘湯という雰囲気を味わうには至りません。



d0158053_20542872.jpg
◎読み・・・くしの
■運行・・・玖珠観光バス株式会社 玖珠営業所
□路線・・・小国線(串野支線)
[PR]

by hansman | 2012-03-25 06:00 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)
2012年 03月 21日

馬見原[終点]・(熊本県蘇陽町)

d0158053_23371378.jpg


▲馬見原営業所と熊本バス旧塗装車

 緑川流域に路線網を広げる熊本バスの中で、最も運行距離が長く、山奥まで足を延ばすのが馬見原ゆき。 熊本市内の交通センターを出ると、幹線国道をひた走りちょうど2時間の気が遠くなるような道のりです。
 馬見原の町に着くと、バスはおもむろに道を折れて古めかしい熊本バス馬見原営業所に入り込みます。 営業所の事務所内は20年前くらいから時が止まっているかのように、事務用品や書類などがそのままの状態で閉鎖されていて、かつての遺徳が偲ばれます。
 数年前までは高森からの産交バスや、高千穂からの宮崎交通も乗り入れていた馬見原。 交通の拠点としてのかすかな名残のように営業所の建物が静かに佇んでいます。



d0158053_233802.jpg

◎読み・・・まみはら
■運行・・・熊本バス株式会社 熊本中央・甲佐営業所
□路線・・・直行線[南21](熊本~御船~浜町~馬見原)
[PR]

by hansman | 2012-03-21 06:00 | (熊本県)・城南/矢部/蘇陽 | Comments(0)
2012年 03月 18日

門司学園高校[終点]~旧門司高校~・(北九州市門司区)

d0158053_2316556.jpg


▲最後の坂を登る門司高校ゆき

 門司高校(現門司学園高校)の校内に乗り入れる通学便が始めて運行されたのは10年くらい前だったでしょうか。 八幡高校同様に北九州線の電停から20分くらいかけて歩いて学校へ向かうのが当然だった時代はとっくに終わり、バスが学校へ直接乗り入れるという厚遇路線が市内各地で散見されるようになりました。
 少子化が進行し、門司高校は門司北高校と統合のうえ中高一貫化され、この春で丸山の校舎とはお別れ。 この日、最後の通学バスが学生を載せて、坂を登ってきました。



d0158053_23182342.jpg
★★平成24年3月16日廃止★★
◎読み・・・もじがくえんこうこう
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司自動車営業所
□路線・・・電車代替線(門司線)[75]・藤松線[94]
[PR]

by hansman | 2012-03-18 23:33 | Comments(2)