ブログトップ

<   2012年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 31日

南金武・(福岡市西区)

d0158053_2142622.jpg


▲夏空の金武をゆく

 太陽がまぶしい夏空の下、金武の旧三瀬街道を西鉄バスが走ります。 室見川の中流域に位置する金武地区、近くの丘には室見が丘というニュータウンが切り拓かれました。
 団地内には西鉄の営業所も併設していて、いっけん交通の利便性がよさそうですが、ここから福岡の中心部・天神まではバスで一時間、しかも運賃は500円を越え、都心のベッドタウンとしてはやや奥まったところです。



d0158053_21173365.jpg

◎読み・・・みなみかなたけ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 金武自動車営業所
□路線・・・金武線[2]
[PR]

by hansman | 2012-07-31 06:00 | (福岡県)・早良/糸島/市内西部 | Comments(0)
2012年 07月 29日

大坪・(福岡市早良区)

d0158053_20291392.jpg


▲初夏の爽やかな早良路をゆく

 こちらは、先日掲載した“干隈”の田んぼの所より、早良街道を分岐する星の原団地線です。 田んぼの一辺が早良街道沿いで鋭角を挟んだもう一辺が、星の原団地の分岐線に沿っていまして、ひとつの田んぼでいろんな角度を走るバスの写真が撮れるところです。
 昔は、油山から流れる油山川や、金屑川の豊かな水を利用して、野芥や原の一帯は広大な田園が広がっていたのでしょう。 辺りの住宅地の道は曲がりくねって雑然としており、まさに田畑をそのまま宅地に転用してきたことを物語っています。



d0158053_2030950.jpg

◎読み・・・おおつぼ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 早良・博多・百道浜自動車営業所
□路線・・・星の原団地線[3]
[PR]

by hansman | 2012-07-29 06:00 | (福岡県)・早良/糸島/市内西部 | Comments(0)
2012年 07月 27日

干隈・(福岡市早良区)

d0158053_22271282.jpg


▲初夏の干隈と西鉄バス

 戦後から一貫して郊外へと劇的な拡がりを続けてきた福岡の都市圏。 [3]番・脇山線が走る早良街道沿線も、早くから住宅街として発展してきました。 そんななか、干隈停留所前のこの田んぼは、いつまで経っても昔のままの姿で残っています。
 梅雨の晴れ間の畦道を、都心へ出かける女性がショートカットしてゆくのも、都市と農村のせめぎあいの中でしか見られない貴重な光景。 後ろには、油山の稜線が顔をのぞかせています。



d0158053_22273061.jpg

◎読み・・・ほしぐま
■運行・・・西日本鉄道株式会社 早良・百道浜自動車営業所
□路線・・・脇山線[3・3-1・3-3N]
[PR]

by hansman | 2012-07-27 06:00 | (福岡県)・早良/糸島/市内西部 | Comments(2)
2012年 07月 25日

室町リバーウォークⅡ・(北九州市小倉北区)

d0158053_2327359.jpg


▲行き交う宵祇園と西鉄バス

 小倉の街を練り歩く太鼓の音は、夜になっても続きます。 小倉祇園といえば以前は十二支会・花月会・桃太郎会といった名物団体があって、町内会などの正統派では味わえない過激さや迫力が体感できて非常に楽しかったのですが、今年はどうしたことか、そういった団体は鳴りを潜め、いまひとつ物足りない、寂しい祇園になってしまっていました・・・。
 「♪~小倉生まれで玄海育ち 口も荒いが気も荒い」 と無法松の一生に歌われるとおり、年に一度の祭りの時くらい、そんなに規則を厳しくしなくてもいいのにね…



d0158053_2327417.jpg

◎読み・・・むろまちりばーうぉーく
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 各営業所/北九州市交通局 若松・向田営業所
□路線・・・市内各路線/若松~小倉線[1・2]/高須~小倉線[10]
[PR]

by hansman | 2012-07-25 06:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2012年 07月 23日

北九州市役所前Ⅲ・(北九州市小倉北区)

d0158053_22353375.jpg


▲北九州市営バスの新塗装車

 太鼓の音が街中に響き渡ると、長い梅雨が明けて、小倉の街は夏本番を迎えます。 400年近い歴史を有する小倉祇園太鼓は、各町内や団体・企業が多く参加する威勢のよい祭りではありますが、例年通り見物客はさほど居らず、8月のわっしょい百万夏祭りのときは身動きも出来ないほど賑わう市役所前も、寂しいもんです。
 後方に見えるのは地元百貨店の井筒屋新館です。 井筒屋も地元企業として祇園太鼓に参加していますが、消費の低迷で経営は厳しさを増しているようです。 この新館も足を引っ張っているのかも・・・。



d0158053_22371762.jpg

◎読み・・・きたきゅうしゅうしやくしょまえ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 戸畑・小倉・弥生が丘自動車営業所/北九州市交通局 若松・向田営業所
□路線・・・一枝線[27・28]/若松~小倉線[1・2]・高須~小倉線[10]
[PR]

by hansman | 2012-07-23 06:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(2)
2012年 07月 22日

北九州市役所前Ⅱ・(北九州市小倉北区)

d0158053_2205934.jpg


▲祇園の山車と西鉄バス

 『♪~小倉名物太鼓の祇園 太鼓打ち出せ元気出せ~ あっやっさやれやれやれ~』 小倉に住んでいたらいやでも耳にするこのフレーズ、実は詩人であり西鉄の社員でもあった故阿南哲郎さんの作詞で、元々はもっと卑猥な掛け声だったものを、子供向けに作詞し直したものだそうです。 
 城内で行われる太鼓競演会へ向けて、各町内会の山車がゆっくりと小文字通りを練り歩きます。 この日は東向きに走れるのは路線バスだけで、山車との衝突防止のため、バスも営業所職員の先導のもと、ゆっくりと歩くように進んでいました。



d0158053_2245839.jpg

◎読み・・・きたきゅうしゅうしやくしょまえ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 戸畑・小倉・弥生が丘自動車営業所/北九州市交通局 若松・向田営業所
□路線・・・一枝線[27・28]/若松~小倉線[1・2]・高須~小倉線[10]
[PR]

by hansman | 2012-07-22 06:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2012年 07月 21日

無線中継所前[終点]・(長崎県長崎市)

d0158053_20171520.jpg


▲何もない終点

 高需要路線が多く、市内高台の斜面地にも高頻度で運行する長崎バスの中にあって、非常に存在感が薄いのが、無線中継所ゆきのバスです。
 無線中継所は星取山の頂上にあって、無人の中継施設がある他は何もない、しかも山頂にもかかわらず木が生い茂っていて眺望もまったくきかないところで、いったい何のために一日わずか二本ものバスがここまでやってくるのか、不思議な気分になる終点です。 でもたまにこういう辺鄙な路線があるから、バス路線めぐりは楽しいんですよね。



d0158053_20174848.jpg

◎読み・・・むせんちゅうけいしょまえ
■運行・・・長崎自動車株式会社 神の島営業所
□路線・・・無線中継所線
[PR]

by hansman | 2012-07-21 06:00 | (長崎県)・長崎市内近郊/西海 | Comments(0)
2012年 07月 19日

石炭記念公園口~旧日の出町口~・(福岡県田川市)

d0158053_19313236.jpg


▲香春岳と西鉄バス

 ―「香春岳は異様な山である。けっして高い山ではないがその与える印象が異様なのだ。」―  これは、筑豊・田川を題材に描かれた、五木寛之の小説「青春の門(筑豊篇)」の冒頭の有名なフレーズです。
 写真手前から一の岳・二の岳・三の岳と並ぶ山ですが、一の岳はご覧のとおり、麓のセメント工場が昭和10年以降、何十年にもわたって削り取った結果、現在はまっ平らな状態となっています。
 小説が描かれたのは、戦中から戦後にかけて、まさに田川の町が石炭一色で隆盛を極めた時代の話で、その頃は、山肌が露出したような今よりずっと異様な姿をしていたはずです。 まだ昭和30年代の西鉄バスの黄金期よりも少し前の話でしょう。



d0158053_19343560.jpg

◎読み・・・せきたんきねんこうえんぐち~きゅうひのでまちぐち~
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 田川支社
□路線・・・福岡~筑豊線[直行]・小倉~田川線[快速]・金田方城線[22・23](後藤寺~金田)
[PR]

by hansman | 2012-07-19 06:00 | (福岡県)・筑豊 | Comments(2)
2012年 07月 17日

上福土[終点]・(大分県耶馬溪町)

d0158053_19184818.jpg


▲雨上がりの集落へ・・・

 耶馬溪の中心地、柿坂を起点としたローカル路線群のひとつ、福土線の終点・上福土へ、小さな路線バスが登ってきました。
 柿坂のローカル路線は、どれも小さなな集落をめぐる良い雰囲気の路線が多く、紅葉時期などに観光客が押し寄せる耶馬溪とはまた違った素朴な味わいを楽しむことができます。 ただ、この福土線、朝に町へ降りたあとは、夕方に集落へ戻るだけのダイヤなので、乗車するにはかなりの難易度ではありますが・・・。



d0158053_19194889.jpg

◎読み・・・かみふくつち
■運行・・・大交北部バス株式会社 耶馬溪営業所
□路線・・・福土線(柿坂~上福土)
[PR]

by hansman | 2012-07-17 06:00 | (大分県)・国東半島/宇佐/中津 | Comments(2)
2012年 07月 16日

田野浦・(北九州市門司区)

d0158053_1942167.jpg


▲土砂降りの門司営業所

 西鉄バスの門司営業所は、企救半島の北端に近い田野浦にあります。 ゲリラ豪雨に襲われるなか、デルタ型の安全地帯からバスが出発してゆきました。
 田野浦と門司の中心地・桟橋通りまでは、山手経由と海岸経由に分かれて運行されており、デルタの左が海岸経由、右が山手経由と方向別にのりばが設定されてあります。
 このたび、九州北部に大きな被害をもたらした豪雨災害ですが、地元の北九州地区は今のところ強い雨がたまに降る程度で済んでいます。 当サイトでもたびたび取材におじゃましている、熊本・阿蘇・竹田・日田・耶馬溪など甚大に被害を受けてしまいました。



d0158053_1943494.jpg

◎読み・・・たのうら
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司・戸畑・中谷自動車営業所
□路線・・・門司特快線[170・175]・電車代替線(門司線)[70・73・75]・門司~小倉線[94・95・96]・門司~徳力線[6]・太刀浦線[7]・白野江線[41]
[PR]

by hansman | 2012-07-16 20:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)