ブログトップ

<   2013年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 31日

芝・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_23505729.jpg


▲道なき道をゆく

 鹿児島市内の山形屋バスセンターと加世田を結ぶ路線は、準急バスをはじめ、スーパー特急、新幹線リレー特急などの速達系統が充実していますが、一日に三往復だけ大坂経由の普通便も運行されています。この普通便は、谷山の先の坂之上で国道を外れ、このまま山を越えるのが不安になる様な薄暗い山道をくねくねと登ってゆきます。山道を登りつめた高原には錫山という集落があり、かつてはその名の通り、錫の鉱山があって栄えたそうです。



d0158053_23512678.jpg

◎読み・・・しば
■運行・・・鹿児島交通株式会社 鹿児島・加世田支社
□路線・・・大坂線(鹿児島~加世田)
[PR]

by hansman | 2013-05-31 06:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2013年 05月 29日

東紫原陸橋・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_23234794.jpg


▲鹿児島市街地を背に

 市内中心部にほど近い高台にある紫原団地。 広大な団地を中心に東西南北にアクセス道路が延び、交通至便な場所ですが、北に向かう道路だけは長年狭い道が未整備のままとなって取り残されていました。
 しかし、この春にその旧道の上に覆いかぶさるようにして、天に橋を架けたかのような立派な陸橋が完成し、さっそく4月からバスも走り始めました。眼下には鹿児島の街並みや桜島が見渡せ、夜には車窓に映る夜景がきれいです。


d0158053_23244654.jpg

◎読み・・・ひがしむらさきばるりっきょう
■運行・・・鹿児島交通株式会社 鹿児島・鹿児島西営業所/鹿児島市交通局 本局
□路線・・・桜ヶ丘線[19]・西紫原線[24]/東紫原線[15-2]・大学病院線[18]
[PR]

by hansman | 2013-05-29 06:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2013年 05月 23日

赤松千本原{付近}・(宮崎県えびの市)

d0158053_012781.jpg


▲赤松千本原をゆく

 小林からえびの高原に登る途中に広がるのが、赤松千本原です。 その名の通り、国内有数の赤松林で、かつてえびの高原の開発に乗り出した宮崎交通の岩切章太郎さんが、この赤松林をいかに美しく見せるかを考えて道路建設に当たったそうです。 しかし、その道路建設や排ガスの影響で松林は年々樹勢が衰えてきており、昔の美しさはもうありません。降りしきる小雨の中、誰も乗っていない宮崎交通のバスが寂しく通りすぎてゆきました。





◎読み・・・あかまつせんぼんばらふきん
■運行・・・宮崎交通株式会社 中央営業所・小林管理所
□路線・・・えびの高原線[特急](宮崎~えびの高原)・[普通](小林~えびの高原)
[PR]

by hansman | 2013-05-23 00:09 | (宮崎県)・都城/小林 | Comments(0)
2013年 05月 21日

宇美八幡前・(福岡県宇美町)

d0158053_22212972.jpg


▲小林酒造前をゆく

 酒林といわれる杉の玉がかかる立派な門構えの小林酒造前を、今日も西鉄バスが走ります。 戦前の五社合併で誕生した現在の西日本鉄道。その五社の一つである筑前参宮鉄道の社長を、この小林酒造の六代目当主・小林作五郎が引き受けており、西鉄との関連薄からぬ酒蔵だったりします。 五社合併ののち筑前参宮鉄道の後を引き継いだ国鉄勝田線は姿を消しましたが、小林酒造は今でも萬代という酒を造り続け盛業中です。 



d0158053_22222859.jpg

◎読み・・・うみはちまんまえ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 宇美自動車営業所/西鉄バス二日市株式会社 宇美支社
□路線・・・宇美線[2・32・33・34]・坂瀬線[370]・須惠線[36]/四王子坂線[37]
[PR]

by hansman | 2013-05-21 06:00 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部 | Comments(4)
2013年 05月 19日

永吉麓・(鹿児島県吹上町)

d0158053_2242555.jpg


▲永吉麓をゆく伊作ゆき

 伊集院~枕崎を結ぶ南薩鉄道の代替バス“なんてつ号”のルートから外れ、森の中の狭い道を抜けたところが、永吉麓です。 ここには現在、伊集院と伊作を結ぶ区間便がわずかに走るだけですが、かつては鹿児島市内の山形屋バスセンターからはるばる直通でやって来る、永吉麓ゆきが存在していたそうです。



d0158053_22435662.jpg

◎読み・・・ながよしふもと
■運行・・・鹿児島交通株式会社 加世田営業所
□路線・・・永吉線(伊集院~伊作)
[PR]

by hansman | 2013-05-19 06:00 | (鹿児島県)・南薩 | Comments(0)
2013年 05月 17日

えびの高原[終点]・(宮崎県えびの市)

d0158053_23125222.jpg


▲えびの高原をゆく宮崎交通

 霧島連山の中腹、宮崎と鹿児島の県境にある春のえびの高原は、枯草が茂る荒涼とした景色が広がっています。 この荒々しい雰囲気の中を、宮崎交通のバスが期間限定で走っています。今年は小林からの路線バスのほかに、往年の宮崎交通を彷彿とさせる、宮崎市内からの直通特急バス「りんどう号」も復活運行しています。



d0158053_2315466.jpg

◎読み・・・えびのこうげん
■運行・・・宮崎交通株式会社 小林管理所・中央営業所/いわさきバスネットワーク株式会社 国分営業所
□路線・・・宮崎~えびの高原線[特急]・えびの高原線(小林~えびの高原)/えびの高原線(丸尾~えびの高原)(霧島神宮~えびの高原)
[PR]

by hansman | 2013-05-17 06:00 | (宮崎県)・都城/小林 | Comments(2)
2013年 05月 15日

渡瀬・(鹿児島県福山町)

d0158053_22484992.jpg


▲山奥を進む三州バス

 雑木林の中の、道なき道を進む路線バス。 バスがやって来るとは到底思えない、とんでもない道を走ります。 この路線は台地上の牧之原を基点とし、一旦錦江湾岸に沿った快適な道を走った後、再び山奥に分け入ります。 そしてこの山奥の平山地区で山道をループして、そのまま牧之原へ戻ってゆきます。 枕崎の坊ノ津線・鹿屋の花里・小薄線と肩を並べ、いわさきグループ御三家に入る乗り応えある路線です。



d0158053_2249042.jpg

◎読み・・・わたぜ
■運行・・・三州自動車株式会社 鹿屋営業所
□路線・・・平山小循環線(牧之原~平山小~牧之原)
[PR]

by hansman | 2013-05-15 06:00 | (鹿児島県)・大隈半島 | Comments(0)
2013年 05月 13日

県庁前・(宮崎県宮崎市)

d0158053_23315839.jpg


▲楠並木をゆく宮交バス

 宮崎県庁前の通りには、それはそれは立派な楠並木があります。 通りの名前はそのまんま、県庁楠並木通り。 南国の日差しが降り注ぐ宮崎ですが、昼でも暗いほど緑の若葉が生い茂っている、憩いの場です。



d0158053_23365357.jpg

◎読み・・・けんちょうまえ
■運行・・・宮崎交通株式会社 中央営業所
□路線・・・平和台線[8・8-1]・引土街区公園線[5]
[PR]

by hansman | 2013-05-13 06:00 | (宮崎県)・宮崎市内近郊/日南 | Comments(0)
2013年 05月 11日

犬山・(福岡県黒木町)

d0158053_22524631.jpg


▲長野隧道を抜けると・・・

 八女・福島の町から堀川バスに乗って、奥八女をめざし、古風な素掘り風のトンネルをくぐれば、そこはもう黒木町です。 町のゲートウェイとしてとても印象的で、これをくぐると黒木町までやってきたな、という旅情を感じることのできる、町のシンボルのようなトンネルです。 このトンネルの開通は100年をゆうに遡る明治22年。 あたりの岩盤は硬く、難工事だったとか。 トンネルの両側にはその硬く良質な石を使った八女灯篭の製作を行う石材店が何軒か並んでいます。



d0158053_22531433.jpg

◎読み・・・いぬやま
■運行・・・堀川バス株式会社 八女営業所
□路線・・・羽矢線(羽犬塚~八女福島~黒木~矢部)
[PR]

by hansman | 2013-05-11 06:00 | (福岡県)・八女 | Comments(0)
2013年 05月 09日

内ノ城{付近}・(福岡県黒木町)

d0158053_22181330.jpg


▲矢部川に沿って

 矢部川の流れに向かって岩肌がせり出し、道路が整備される以前は、交通の難所だっただろうことが想像される内ノ城。 大藤祭りの期間中に臨時運行された西鉄のハイウェイバスが、休日の楽しいおもいでを乗せて下ってゆきました。



d0158053_22183431.jpg
★★期間限定運行★★
◎読み・・・うちのじょう
■運行・・・堀川バス株式会社 八女営業所
□路線・・・羽矢線

※福岡~黒木線[臨時高速]は、期間限定運行で、当停留所は通過。
[PR]

by hansman | 2013-05-09 06:00 | (福岡県)・八女 | Comments(0)