ブログトップ

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 30日

別府橋・(福岡市城南区)

d0158053_2261174.jpg


▲上って下って・・・

 六本松地区と別府地区を結ぶ国道202号線には、かつて博多駅~小笹駅~姪浜駅を鉄路で結んだ、国鉄旧筑肥線を越える陸橋があります。西区方面へ向かう多くのバスがこの陸橋を渡りますが、中には陸橋の脇から側道に入り、昭代方面へ向かう便もあって、このように側道と陸橋をゆくバスがバッタリ出会うことも。




◎読み・・・べふばし
■運行・・・西日本鉄道株式会社 市内各自動車営業所
□路線・・・国体道路経由西方面・城南線経由西方面・昭代線[7・11]
[PR]

by hansman | 2013-12-30 06:00 | (福岡県)・福岡/那珂川/市内南部 | Comments(0)
2013年 12月 25日

御花・(福岡県柳川市)

d0158053_18252934.jpg


▲川下りのどんこ舟と西鉄バス

 水郷柳川は、ゆるやかな筑後川の流れによって堆積した平野の中心部に位置する観光都市です。市街地を網の目のように流れるクリーク(水路)は、戦後水質が大きく悪化し、埋め立て計画が持ち上がるなどしましたが、市民あげて水路の清掃を行ったことにより、今では川下りを中心に、全国から観光客を集めるまでになりました。
 真冬の水郷をゆくこたつ舟。寒い時期でも多くの舟が行き交っていました。



d0158053_18254615.jpg

◎読み・・・おはな
■運行・・・西鉄バス久留米株式会社 大川支社
□路線・・・沖新線(柳川~早津江)[6]・御花循環線[無番]
[PR]

by hansman | 2013-12-25 06:00 | (福岡県)・大牟田/柳川 | Comments(2)
2013年 12月 20日

霧島神宮・(鹿児島県霧島町)

d0158053_054523.jpg


 深々とした緑の森の中に、真っ赤な鳥居が印象的な、霧島神宮。 JR線の霧島神宮駅からはかなり離れているため、駅と神宮を結ぶバスは、観光客輸送に一役買っています。 このあたりには、温泉が点在しており、路線バスを上手く乗り継げば、なかなか楽しい旅ができるところです。




◎読み・・・きりしまじんぐう
■運行・・・いわさきバスネットワーク株式会社 国分営業所/宮崎交通株式会社 都城営業所
□路線・・・霧島神宮線(いわさきホテル~丸尾~神宮~国分駅)/霧島神宮線(神宮~都城)
[PR]

by hansman | 2013-12-20 06:00 | (鹿児島県)・姶良/霧島 | Comments(0)
2013年 12月 15日

左石駅前・(長崎県佐世保市)

d0158053_2323942.jpg


▲路地から顔を出す西肥バス

 佐世保市街地を南北に貫通する大通りを北上し、堺木の峠道を越えると、バスは大野の街に出ます。大野から柚木へ分岐するバスは、多くの便数が走っていますが、こちらの池野経由はやや少なめ。松浦鉄道の左石駅から分岐していた線路跡に沿いながら、柚木や潜木へ向かいます。こうして狭い路地から大型バスが顔を出すのは、なんとも佐世保らしい光景と言えるでしょう。



d0158053_232528.jpg

◎読み・・・ひだりいしえきまえ
■運行・・・西肥自動車株式会社 北部・東部営業所/佐世保市交通局 各営業所
□路線・・・潜木線(池野経由)・知見寺線(佐世保~世知原)/池野線
[PR]

by hansman | 2013-12-15 06:00 | (長崎県)・佐世保/平戸/松浦 | Comments(0)
2013年 12月 05日

花岡原・(鹿児島県鹿屋市)

d0158053_22194354.jpg


▲シラス台地をゆく三州バス

 垂水と鹿屋市街とを隔てる、シラス台地上の緩やかな道を、三州バスがのんびりと走っています。バスが走る向こうの丘を越えると、すぐに断崖があって、海へ向けてストンと落ちるような地形をしているのが、錦江湾の沿岸のシラス台地の特徴です。指宿から鹿児島市内、国分、そして大隅半島にかけて、桜島を取り囲むように形成されている姶良カルデラの名残のような感じでしょうか!?




◎読み・・・はなおかばる
■運行・・・三州自動車株式会社 鹿屋運行事務所
□路線・・・花里・小薄線(西根木原復乗)
[PR]

by hansman | 2013-12-05 06:00 | (鹿児島県)・大隈半島 | Comments(0)