ブログトップ

<   2014年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 30日

白木谷・(熊本県玉東町)

d0158053_22182994.jpg


▲鮮魚店脇をゆく産交バス

(産交バス山北線は、植木~玉名を結ぶローカル路線で、みかん山の中を走る風景が特徴的な路線ですが、中でもここ白木谷はお気に入りの場所です。 山の中の集落に鮮魚店がたたずむ光景はなかなか見られないと思います。 ここは桜の時期にもう一度訪れたいところです。)



d0158053_21335630.jpg
★★平成26年6月30日廃止★★
◎読み・・・しらきだに
■運行・・・産交バス株式会社 玉名営業所
□路線・・・山北線(植木~玉名)

※平成26年6月末の山北線廃止に合わせ、過去掲載分(2011年10月)をもう一度ピックアップしております。なお、白木谷では道路拡幅工事が進み、鮮魚店は既に取り壊しになっていました・・・。
[PR]

by hansman | 2014-06-30 22:00 | (熊本県)・山鹿/菊池/玉名/荒尾 | Comments(0)
2014年 06月 29日

玉東中学校前・(熊本県玉東町)

d0158053_2046011.jpg


▲踏切を渡る産交バス

 木葉駅から植木へのメインルートを外れ、踏切を渡れば、バスはいよいよ山北線の区間へ入ります。踏切の名は、「山北口踏切」とそのままズバリ。道端の団子屋のかき氷ののれんが、ゆらゆらと涼しげな誘いを振りまいています。産交バスは今日も安全オーライ!左右を確認してゆっくりと踏切を渡ってゆきます。



d0158053_210040.jpg

★★平成26年6月30日廃止★★
◎読み・・・ぎょくとうちゅうがっこうまえ
■運行・・・産交バス株式会社 玉名営業所
□路線・・・山北線(玉名~山北~植木)
[PR]

by hansman | 2014-06-29 22:00 | (熊本県)・山鹿/菊池/玉名/荒尾 | Comments(0)
2014年 06月 25日

和布刈神社前・(北九州市門司区)

d0158053_23574449.jpg


 ♪ 和布刈の社 いつきます 早鞆の瀬の 潮の香に ではじまる門司市歌の一番最初のフレーズに登場するのが、ここ和布刈神社。 関門海峡で最も幅の狭い早鞆の瀬戸の波打ち際にある神社は、上空に関門橋を見上げ、今日も船の航行を見守っているかのよう。 旧暦の大晦日の早朝3時ごろ、厳かな雰囲気の中、たいまつを振りかざして3人の神職が、冬の凍える関門海峡に浸かり、わかめを刈り取る和布刈神事が有名です。



d0158053_054512.jpg


d0158053_2358513.jpg

◎読み・・・めかりじんじゃまえ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司・戸畑自動車営業所
□路線・・・和布刈線[74]
[PR]

by hansman | 2014-06-25 22:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(2)
2014年 06月 20日

手向山トンネル口・(北九州市小倉北区)

d0158053_0245823.jpg


▲手向山トンネルを往来する西鉄バス

 賑やかな小倉の街を辞して、トンネルを抜けるとそこはもう隣町の門司です。 今でも多くのバスが往来する国道3号線ですが、昭和60年までは西鉄の路面電車の門司線がここを走っており、電車の架線の分だけトンネルの天井部が高く作られています。 ちなみに明治時代の電車開通時は手向山の岬を迂回するようなルートで、後にこのトンネルを掘って短絡したそうです。 広い九州の中でも4車線まるごとの幅を持つトンネルは、そうそうお目にかかれない代物ではないでしょうか。
 電車はバスに変わりましたが、今も昔も、小倉へ門司へ、通勤通学、そして買物、レジャーと人々の日常と思い出が交錯するところです。




d0158053_026932.jpg

◎読み・・・たむけやまとんえるぐち
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司・戸畑・中谷・浅野自動車営業所
□路線・・・電車代替線(門司~戸畑・八幡線)[70][71][73][74][75]・(門司~徳力線)[6]・門司~小倉線[95]・奥田線[63][83]・山田~藤松線[49]
[PR]

by hansman | 2014-06-20 22:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(2)
2014年 06月 15日

東中洲・(福岡市博多区)

d0158053_23465333.jpg


▲中洲大洋映画劇場と西鉄バス

 戦後すぐの昭和21年に中洲に開業した老舗映画館・中洲大洋映画劇場。 ノスタルジーあふれるこの建物は昭和26年に新築された4階建て。昔からの博多っ子には思い出深い場所ではないでしょうか。
 映画館前の明治通りは、ひと昔前は「貫線」と呼ばれ、市民に親しまれていましたが、昭和50年に西鉄の市内電車が廃止されてからかなりの年月が経ち、今ではバスの経由地も明治通りに統一され、貫線と呼ぶ人はほとんど居なくなりました。急速な街の近代化の中で、昭和の香りをほのかに残す一角です。



d0158053_23474654.jpg

◎読み・・・ひがしなかす
■運行・・・西日本鉄道株式会社 市内各自動車営業所
□路線・・・明治通り経由各線
[PR]

by hansman | 2014-06-15 22:00 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部 | Comments(0)
2014年 06月 10日

岩屋入口・(北九州市若松区)

d0158053_22264396.jpg


▲響灘を眺めて

 響灘を眺めながら、若松北海岸をゆく北九州市営バスのローカル路線。若松北海岸は、すでに沖の方まで埋め立てが進んだところが多く、市営バスの路線で海を眺められる箇所はごく限られています。 このあたりの海岸は千畳敷と呼ばれ、干潮時には美しい岩場が出現します。



d0158053_222826100.jpg

◎読み・・・いわやいりぐち
■運行・・・北九州市交通局 向田・若松営業所
□路線・・・高須線(折尾駅~高須公住~かんぽ保養センター)・二島線(折尾駅~二島駅~かんぽ保養センター)・蜑住線(二島駅~蜑住団地~かんぽ保養センター)
[PR]

by hansman | 2014-06-10 22:00 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(0)
2014年 06月 05日

シーサイドブリッジ{付近}・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_23121382.jpg


▲桜島を背景にして・・・

 夕暮れの錦江湾に浮かぶ桜島を背景にして、鹿児島交通の回送車がゆったりと車庫に帰ってゆきました。
市内から見た桜島は、一日に7回、その色を変えると言われますが、特に夕方のピンク色に染まるその姿は圧巻です。 ここ、シーサイドブリッジを渡るバスは、平日の朝一本。鹿児島駅から鴨池港へ向かう通勤便[特急23]番だけ。この美しい車窓も、県庁勤務のスーツ姿の職員にとっては日常の光景のようで、うたた寝したり、新聞や小説を読んだりと、みなさん思い思いに朝の車内を過ごしています。




◎読み・・・しーさいどぶりっじ
■運行・・・鹿児島交通株式会社 鹿児島営業所
□路線・・・鹿児島駅(シーサイドブリッジ)鴨池港線[特急23]
[PR]

by hansman | 2014-06-05 06:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(2)
2014年 06月 01日

里入口・(長崎県鷹島町)

d0158053_0312547.jpg


▲島の中の小道をゆく・・・

 肥前鷹島大橋が開通し、九州本土と結ばれ、唐津方面からの乗り継ぎで昭和バスが乗り入れてくるようになった鷹島。その鷹島の中を走っていた市営バスがこの春に無くなり、昭和バスが島の北の方の大きな集落である、阿翁浦まで延長運行されるようになりました。島内の路線は基本的に二車線の快適なロードを走行しますが、ここ里入口では、集落に寄るためにわざわざ小道に入ってきます。



d0158053_0315024.jpg
◎読み・・・さといりぐち
■運行・・・昭和自動車株式会社 唐津営業所
□路線・・・鷹島線(入野~鷹島支所~阿翁浦)
[PR]

by hansman | 2014-06-01 22:00 | (長崎県)・佐世保/平戸/松浦 | Comments(0)