ブログトップ

<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 30日

渡瀬・(鹿児島県国分市)

d0158053_13575898.jpg


▲林を抜ける三州自動車

 いわさきグループの狭隘路線3選に間違いなく選ばれるであろう、平山小循環。 狭い林道のような道を、何食わぬ顔でバスが通り抜けてゆきます。

 




◎読み・・・わたぜ
■運行・・・三州自動車株式会社 志布志営業所
□路線・・・平山小循環線
[PR]

by hansman | 2015-05-30 22:00 | (鹿児島県)・姶良/霧島 | Comments(0)
2015年 05月 25日

下田温泉・(熊本県天草町)

d0158053_23535397.jpg


▲こいのぼりにゆられて

 熊本交通センターから、一日に1本だけやって来る下田温泉ゆきの超快速あまくさ号。道幅の狭い温泉街で客を降ろした後は、新道の橋を颯爽とわたって、本渡の車庫へと帰ってゆきます。




◎読み・・・しもだおんせん
■運行・・・産交バス株式会社 天草営業所
□路線・・・天草快速線(熊本~本渡・下田温泉)[超快速]・本渡~下田温泉・高浜線
[PR]

by hansman | 2015-05-25 22:00 | (熊本県)・天草/三角 | Comments(0)
2015年 05月 20日

西公園ランプⅡ{付近}・(福岡市中央区)

d0158053_23435754.jpg


▲都市高速を快走する西鉄バス

 福岡の街のシーサイド地区は、福岡タワーにドーム、そして近代的な建築群が建ち並ぶ印象が強いのですが、少し場所が変われば、このとおりタンクやパイプライン、そして倉庫などがあって、街の裏側が垣間見れます。




◎読み・・・にしこうえんらんぷ
■運行・・・西日本鉄道株式会社
□路線・・・都市高速経由 シーサイド方面
[PR]

by hansman | 2015-05-20 22:00 | (福岡県)・福岡/那珂川/市内南部 | Comments(0)
2015年 05月 15日

大川の滝[終点]・(鹿児島県屋久町)

d0158053_172336.jpg


▲大川の滝の下をゆく屋久島交通

 屋久島をぐるりと周回する屋久島交通のバスの終点・大川の滝。ここから先はバスが通れないほどの道になるため、東海岸の道にはバスが走りません。滝の手前で客を降ろしたバスは、滝の下を通って転回場へ。落差88mの大川の滝は、そのまま岩肌を海に向かって流れ落ちるかのような、豪快さです。



d0158053_171807.jpg
◎読み・・・おおこのたき
■運行・・・種子島・屋久島交通株式会社
□路線・・・宮之浦~安房~粟生線(大川の滝系統)
[PR]

by hansman | 2015-05-15 22:00 | (鹿児島県)・奄美大島・種子屋久 | Comments(0)
2015年 05月 10日

紀元杉Ⅱ[終点]・(鹿児島県屋久町)

d0158053_1654415.jpg


▲発車までのひととき

 紀元杉までのバスは、紀元杉の見学者だけではなく、宮之浦岳の登山者にも利用され、往路と復路で人数が変わることも。1ヶ月に35日雨が降るといわれる屋久島の山奥は、やっぱり雨が似合います。



d0158053_16542272.jpg

◎読み・・・きげんすぎ
■運行・・・種子島・屋久島交通株式会社
□路線・・・紀元杉線
[PR]

by hansman | 2015-05-10 22:00 | (鹿児島県)・奄美大島・種子屋久 | Comments(0)
2015年 05月 07日

紀元杉[終点]・(鹿児島県屋久町)

d0158053_22292483.jpg


▲終点のちょっと先で

 世界遺産に指定された屋久島の縄文杉は、登山口から片道5時間近く歩いて登らないと見ることができませんが、紀元杉ならバスの車窓からも簡単に見ることができます。しかし、そこに登るまでの山道はとても険しく、バスは右へ左へカーブを交わしながら登ってきます。



d0158053_16455358.jpg

◎読み・・・きげんすぎ
■運行・・・種子島・屋久島交通株式会社
□路線・・・紀元杉線
[PR]

by hansman | 2015-05-07 22:00 | (鹿児島県)・奄美大島・種子屋久 | Comments(0)
2015年 05月 05日

常安団地下・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_2223910.jpg


▲鹿児島市街地を見下ろして

 長崎や佐世保のように、有名ではありませんが、鹿児島市内も実は平地が乏しく、坂の町です。とはいえ、火山灰が堆積したシラス台地で形成された鹿児島の地盤はもろく、長崎のように斜面地に家がへばり付くような箇所は少なく、台地上に削られた安定した広い所に大規模な団地がつくられ、そこへ坂道でアプローチするというタイプの“坂の町”となっています。 そんな中、ここ常安団地はどちらかというと長崎や佐世保に近い、斜面地型の住宅地で、小さなバスが崖に沿ってぐんぐん高度を上げてゆきます。
 


d0158053_22164126.jpg
◎読み・・・とこやすだんちした
■運行・・・鹿児島交通株式会社 鹿児島営業所
□路線・・・葛山線[75]
[PR]

by hansman | 2015-05-05 22:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)