ブログトップ

<   2015年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 30日

吉原橋・(熊本市東区)

d0158053_23424041.jpg


▲金峰山と産交バス

 熊本市民がこよなく愛する金峰山を遠くに眺めながら、バスは白川に浸食された低地の、狭い県道を進みます。 熊本市内にもほど近く、また、この県道から、丘の上の旧豊後街道にかけての河岸段丘の斜面にはびっしりと住宅が密集していますが、この路線のバス需要はそれほどでもなく、いつもガラガラの空気を運んでいます。



d0158053_23425329.jpg

◎読み・・・よしわらばし
■運行・・・九州産交バス株式会社 大津営業所
□路線・・・下津久礼線[子9](熊本~下津久礼~菊陽台病院)
[PR]

by hansman | 2015-11-30 22:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2015年 11月 27日

青葉台団地入口Ⅱ・(熊本県菊陽町)

d0158053_095975.jpg


▲合志台地の断崖をゆく産交バス

 阿蘇の大カルデラから流れ落ち、右へ左へと大きく蛇行を繰り返す白川中流域は、北の合志台地・南の詫麻原台地の断崖を削り取りながら、熊本平野を潤します。 この白川に沿って、二里木から下津久礼、陣内を通過し、阿蘇の入口・瀬田まで遡る県道は、明治17年に、ようやくこの区間が掘削されて開通しました。 険しい断崖と川の流れに阻まれながらの、当時の難工事を偲びながら、今もこの区間は、産交バス・[子9]系統最大の難所として、運転手の腕の見せ所となっています。



d0158053_0101310.jpg

◎読み・・・あおばだいだんちいりぐち
■運行・・・九州産交バス株式会社 大津営業所
□路線・・・下津久礼線[子9](熊本~下津久礼~菊陽台病院)
[PR]

by hansman | 2015-11-27 22:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2015年 11月 26日

青葉台団地入口・(熊本県菊陽町)

d0158053_235922.jpg


▲崖に沿って走る産交バス

 熊本市の北に広がる合志台地が、白川の流れに浸食されて削り取られた断崖と、川の流れとの僅かなすき間に築かれた県道を、産交バスが走り抜けます。この辺りが熊本市と菊陽町の境界地点。 とても市内のすぐそことは思えぬ秘境ムード満点の区間です。 



d0158053_062757.jpg

◎読み・・・あおばだいだんちいりぐち
■運行・・・九州産交バス株式会社 大津営業所
□路線・・・下津久礼線[子9](熊本~下津久礼~菊陽台病院)
[PR]

by hansman | 2015-11-26 22:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2015年 11月 25日

小坂・(熊本市北区)

d0158053_23491287.jpg


▲離合する産交バス

 二里木から旧豊後街道を分かれて、ひたすら白川に沿って走る[子9]系統の産交バス。 日祝日は一日にわずか5往復のみの運行ですが、両方がダイヤ通りに走ると、こうして小坂付近で[子9]同士の離合風景を見ることができます。



d0158053_23492640.jpg

◎読み・・・こさか
■運行・・・九州産交バス株式会社 大津営業所
□路線・・・下津久礼線[子9](熊本~下津久礼~菊陽台病院)
[PR]

by hansman | 2015-11-25 22:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2015年 11月 24日

二里木・(熊本市北区)

d0158053_2337660.jpg


▲二里木の三叉路で出逢う産交バス

 熊本城内に設けられた基点から、一里木・二里木・三里木・・・・・・。と、江戸時代から続く旧豊後街道の道筋を走る本線筋のバスは、左の台地上へ。そして明治になって新設された、白川沿いをゆく県道は右の狭い方へと分かれます。 かつてはどちらの道からも大津に通じていた産交バスのルート。 来月の東部地区路線再編によって、左のルートは大幅減便に、そして右のルートは路線そのものが廃止となります。



d0158053_23372498.jpg

◎読み・・・にりぎ
■運行・・・九州産交バス株式会社 大津・熊本営業所/熊本電気鉄道株式会社 辻久保総合営業所
□路線・・・大津本線[子8]・武蔵ヶ丘線[子7]・下津久礼線[子9]・竜田口・楠団地線[子1]など
[PR]

by hansman | 2015-11-24 22:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2015年 11月 23日

久保田・(熊本県菊陽町)

d0158053_20283647.jpg


▲菊陽バイパスを快走する産交バス

 阿蘇外輪山を間近に控え、また熊本市内にもほど近い菊陽町は、豊かな自然と利便性を合わせ持つ、台地上の、のびやかな町。そんな菊陽町のど真ん中を東西に貫通するのが、菊陽バイパスです。 大津や、阿蘇地方、そして大分県と熊本を結ぶ国道57号線のバイパスとして、重要な幹線道路となっており、一日を通じて絶え間なく自動車が往来します。



d0158053_20285428.jpg

◎読み・・・くぼた
■運行・・・九州産交バス株式会社 大津営業所
□路線・・・菊陽バイパス線[子20](熊本~菊陽バイパス~大津)
[PR]

by hansman | 2015-11-23 22:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2015年 11月 22日

仮バスターミナル・(熊本市中央区)

d0158053_083788.jpg


▲解体中の交通センター本館

 とうとう本格的な解体が始まった、熊本交通センター本館。 バスは、路上の仮バスターミナルから普段通りの運行を淡々とこなす日々。 交通センター閉鎖・移転・解体と続き、バスの経路や、駐車場、ターミナル設備など、毎週のようにめまぐるしく、風景が変化している一帯です。



d0158053_0142749.jpg
◎読み・・・かりばすたーみなる
■運行・・・熊本市内各社局
□路線・・・熊本市内各路線
[PR]

by hansman | 2015-11-22 22:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2015年 11月 20日

大津産交[終点]・(熊本県大津町)

d0158053_23241564.jpg


▲大津産交を出発する産交バス

 熊本都市圏の東の果て、阿蘇のやまなみが、もうすぐそこまで迫る、大津産交は、長らく、東部地区の産交バスの運行拠点として機能してまいりました。 並行するJR豊肥本線が格段に便利になったため、大津町内と熊本市内を結ぶバス需要が大幅に低下。 そのため産交バスはこの12月、熊本市域から溢れ出た人口を抱擁し、発展やまぬ菊陽町の光の森地区へ、新たな東部地区の運行拠点を求めて営業所を移転し、路線の大幅な改変も予定されています。 黒い火山灰土壌の落花生畑に見送られながら、バスが出発してゆきます。




d0158053_23282158.jpg

◎読み・・・おおづさんこう
■運行・・・九州産交バス株式会社 大津営業所/産交バス株式会社 大津営業所
□路線・・・大津本線[子8](熊本~三里木~大津)・伴合線[子11](熊本~伴合~大津)・菊陽バイパス線[子20](熊本~菊陽バイパス~大津)・山西線(大津~山西~木山)・内牧環状線(大津~内牧~大津)
[PR]

by hansman | 2015-11-20 22:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2015年 11月 15日

中の瀬車庫・(熊本市南区)

d0158053_2117581.jpg


▲中の瀬車庫に休む熊本バス

 熊本市の南郊をテリトリーとする、熊本バスの一大運行拠点、中の瀬車庫。 加勢川の流れに阻まれて、市街地の家並みが途切れる一帯に、広大な車庫を有します。 熊本バスの代名詞・赤バス。 用途に合わせて、さまざまなデザインの歴代の赤バスが、車庫に並びます。




◎読み・・・中の瀬車庫
■運行・・・熊本バス株式会社 熊本中央・城南・甲佐営業所
□路線・・・田迎経由各線・市内線[南9]
[PR]

by hansman | 2015-11-15 22:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2015年 11月 14日

小崎・(熊本県芦北町)

d0158053_20571936.jpg


▲不知火海をあとにする産交バス

 津奈木町から、沿岸の津々浦々を巡ってきた平国線の車は、不知火海をあとにして、これから小さな峠道を越え、湯浦の町へと入ります。 穏やかなリアス式海岸の入り江を繋いできた、産交バス平国線は、平成27年9月末日をもってその使命を終え、風光明媚な風景と人々の日常だけを沿線に残して、この道から姿を消しました。 これまで連日にわたり掲載してまいりました、平国線特集もこれにて終わりです。 ご覧いただきまして、誠にありがとうございました。



d0158053_20573589.jpg

◎読み・・・こさき
■運行・・・産交バス株式会社 水俣営業所
□路線・・・平国線(佐敷~平国~水俣)
[PR]

by hansman | 2015-11-14 22:00 | (熊本県)・八代/人吉/水俣 | Comments(2)