ブログトップ

<   2016年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 19日

百道ランプ{付近}・(福岡市早良区)

d0158053_21493913.jpg


▲福岡タワーと西鉄バス

 都心のすぐ近くに福岡空港が存在するため、高層ビルの建築が制限された福岡市街地。 平成元年に開催された“よかとぴあ博覧会”閉会後、都心から離れた埋立地である百道浜地区に、福岡タワーをはじめとした高層建築群が生まれました。 福岡の都市景観の近代化に一役買っているこの界隈です。




◎読み・・・ももちらんぷ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 市内各自動車営業所
□路線・・・都市高速経由シーサイド方面・西方面
[PR]

by hansman | 2016-05-19 18:00 | (福岡県)・福岡/那珂川/市内南部 | Comments(0)
2016年 05月 14日

川久保・(熊本県菊陽町)

d0158053_23304093.jpg


▲菊陽町の野を駆けるキャロッピー号

 [子20]系統の大津ゆきが廃止となり、産交の直営路線はここを通らなくなりましたが、今は菊陽町が運営するキャロッピー号が走ります。 菊陽町は、熊本都市圏のベッドタウンとして栄える北西部の光の森地区において、人口が急増している反面、南東部には白川の氾濫原と河岸段丘に沿って、ニンジン畑広がっており、同一町域において、その性格が大きく異なっています。



d0158053_23304970.jpg
◎読み・・・かわくぼ
■運行・・・産交バス株式会社 大津営業所
□路線・・・菊陽町巡回バス 東部循環線
[PR]

by hansman | 2016-05-14 18:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 13日

山西・(熊本県西原村)

d0158053_2317920.jpg


▲俵山と産交バス

 西原村の中心・山西は、古くから産交バスが乗り入れていた所です。ここは熊本空港の東のはずれ、もう阿蘇外輪山がすぐそばに迫ります。 この辺りも熊本地震の被害が甚大だった地域。 山西の風景は、今どうなっているのでしょうか。 




◎読み・・・やまにし
■運行・・・産交バス株式会社 木山・大津営業所
□路線・・・山西線(大津~木山線)
[PR]

by hansman | 2016-05-13 18:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 12日

寺迫・(熊本県益城町)

d0158053_237436.jpg


▲益城町の中心街をゆく産交バス

 熊本地震で震度7を記録し、被害が大きかった益城町の寺迫地区。 この沿道の家屋や商店はことごとく地震により破壊されてしまいました。 まだ地震が襲う前の木山寺迫地区をゆく産交バスの写真を、たまたま撮っておりましたのでここに掲載し、在りし日の姿を偲びたいと思います。 数年後、再び復活した寺迫の写真を撮れる日が来ますように。



d0158053_2375791.jpg
◎読み・・・てらさこ
■運行・・・九州産交バス株式会社 木山・熊本営業所
□路線・・・木山線・戸島線・木山~御船線
[PR]

by hansman | 2016-05-12 18:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 11日

仮バスターミナルⅡ・(熊本市中央区)

d0158053_2255540.jpg


▲熊本城天守閣を望む

 去年10月より供用開始された交通センター仮バスターミナルは、熊本城を正面に望む市道を廃止し、その両側に乗り場が設けられました。 バスがずらりと並ぶ向こうに熊本城天守閣を仰ぐ風景が実現したのも束の間、今般の熊本地震発生に伴い、熊本城は天守閣をはじめ、各所に大きな被害を受けました。 特に手前に見える飯田丸五階櫓は、下部の石垣が崩れ落ち、残った石が辛うじて支えているような惨状に。 観光地熊本としての復旧には、まだまだ険しい道が立ちはだかっています。




◎読み・・・かりばすたーみなる
■運行・・・県内外各社局
□路線・・・各路線
[PR]

by hansman | 2016-05-11 18:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 10日

吉野中学校前・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_22422610.jpg


▲吉野台地をゆく南国バス

 鹿児島市の手軽な住宅地として発展やまぬ吉野台地上は、ロードサイド店がひしめく一大商業地域へと変貌しています。 いつも混雑しているバス道も、4車線への拡幅が進行中で、更に大きく日常の風景が変わりそうな一帯です。



d0158053_22504083.jpg
◎読み・・・よしのちゅうがっこうまえ
■運行・・・南国交通株式会社  鹿児島営業所
□路線・・・花棚線[1]
[PR]

by hansman | 2016-05-10 18:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 09日

たんたど・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_19134826.jpg


▲狭い道を登る鹿児島市営バス

 「せばる」・「かげごし」・「びくに坂」に並んで、鹿児島市営バスにいくつか存在する意味不明バス停のうちのひとつ、「たんたど」。 漢字で書くと「都曇答臓」。 ものの本によれば、水に流れる音が「たんたど」に聴こえることから名付けられたとの説があるとのこと。 このような、水流の音が転じて地名となったケースは全国各所に散在していて、宮崎交通の有名なバス停「トロントロン」も同じ由来です。



d0158053_19141729.jpg
◎読み・・・たんたど
■運行・・・鹿児島市交通局
□路線・・・吉野線[6][6-2][6-3]・葛山線[22]
[PR]

by hansman | 2016-05-09 18:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 08日

丸岡[終点]・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_18395010.jpg


▲かわいらしい丸岡を背景にして・・・

 高原の広々としたサトイモ畑の中を、バスがゆっくりと走り抜ける丸岡地区。 鹿児島市の北西部に連なる台地上にそびえるお椀を返したようなかわいらしい山の名が丸岡の由来です。 丸岡地区には、国道三号線河頭から分岐し、皆与志地区を経てやってくる、旧林田産業交通の路線の終点と、坂元・下田などを経由して本城地区へ抜ける南国バスの路線の双方が乗り入れています。 

※南国交通の丸岡は、こちらをご参照ください。




◎読み・・・まるおか
■運行・・・鹿児島交通株式会社(旧林田系) 鹿児島営業所
□路線・・・丸岡線[60][60-1]・花野団地線[63]
[PR]

by hansman | 2016-05-08 18:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 07日

大日寺・(福岡県飯塚市)

d0158053_2057166.jpg


▲梅の香が漂う八幡宮前をゆく

 福岡都市圏と筑豊地区とを隔てる八木山峠の麓に広がる飯塚市鎮西地区は、寺社仏閣の多いエリア。 大日寺のほか、明星寺・建花寺・蓮台寺とお寺の名前に由来する地名が数多くあり、鎮西四国八十八箇所と称する霊場となっているそうです。 八木山峠を挟んだ福岡側の篠栗町では、近年お遍路人気が定着しており、この辺りは、峠を越えて仏教文化が色濃く残る一帯となっています。



d0158053_20573517.jpg
◎読み・・・だいにちじ
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 飯塚本社
□路線・・・潤野線(坂の下発着系統)[3]
[PR]

by hansman | 2016-05-07 18:00 | (福岡県)・筑豊 | Comments(0)
2016年 05月 06日

干潟東町・(福岡県小郡市)

d0158053_181238.jpg


▲小郡市内最高峰・花立山とコミュニティバス

 干潟という地名は、太古の昔はここまで海が湾入していたことの証なのでしょうか。 花立山は広い筑紫平野の中に、ポツンと島のようにたたずむ小高い丘です。 付近は大刀洗・宮の陣などと古代の戦が由来となった地名が多い一帯で、また太平洋戦争中も近隣に大刀洗飛行場が設けられ、花立山にも米軍の機銃放射が炸裂するなど、現在の長閑さからは想像もつかない悲しい歴史の眠るところです。



d0158053_182558.jpg
◎読み・・・ひがたひがしまち
■運行・・・西鉄バス佐賀株式会社 鳥栖支社
□路線・・・小郡市コミュニティバス 井上・今隈ルート
[PR]

by hansman | 2016-05-06 20:00 | (佐賀/福岡県)・鳥栖/小郡 | Comments(0)