ブログトップ

<   2016年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 30日

宮之浦神社前・(鹿児島県吉田町)

d0158053_12191514.jpg


▲宮之浦神社と南国バス

 九州縦貫自動車道吉田インターのすぐそばに鎮座する鎮守神社は、その地名が示す通り、宮之浦地区の中心に位置します。付近の地名はこの神社を中心に宮東・宮西などと名付けられており、学校の名も宮小学校となっています。 現代の鹿児島で宮之浦といえば、古くからの集落がある神社周辺のことよりも、北東側の山間部に建設された一大住宅ニュータウン・宮之浦団地の方を示すことが多いかもしれません。
 




◎読み・・・みやのうらじんしゃまえ
■運行・・・南国交通株式会社 鹿児島営業所
□路線・・・本城線[6]
[PR]

by hansman | 2016-11-30 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 11月 29日

県営住宅前・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_1362585.jpg


▲希望ヶ丘をゆく鹿児島交通

 鹿児島市内の南部、谷山地区の入口に当たる丘陵地帯にある希望ヶ丘。 ここは広大なシラス台地を造成した鹿児島特有の団地の中では小規模で、痩せた台地の隅を細々と走るという雰囲気のところです。戸数も少なく、従ってバスの本数もさほど多くありません。 この団地のすぐ下は波之平という地名の通り、かつては台地の底を洗うように錦江湾の波しぶきが打ち寄せていたのでしょう。 現在は埋め立てにより海岸線は遠く離れています。 




◎読み・・・けんえいじゅうたくまえ
■運行・・・鹿児島交通株式会社 鹿児島西営業所
□路線・・・希望ヶ丘線[8](金生町~希望ヶ丘~中山団地~ふれあいスポーツランド)・イオンモール鹿児島~魚見ヶ原線[40]
[PR]

by hansman | 2016-11-29 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 11月 28日

二本松・(鹿児島県吉田町)

d0158053_2323211.jpg


▲わら小積みと南国バス

 南国・鹿児島の稲刈りは早く、夏から初秋にかけて一斉に刈取りが行われます。この辺りは、鹿児島市に編入された旧吉田町域で、吉野台地から続く高地です。 鹿児島県内にはこうした高台での農業が盛んで、その寒暖差によって米や茶葉が生産されています。




◎読み・・・にほんまつ
■運行・・・南国交通株式会社 鹿児島営業所
□路線・・・本城線[7]
[PR]

by hansman | 2016-11-28 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 11月 27日

常盤[終点]・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_2375927.jpg


▲常盤終点で後退する市営バス

 常盤は鹿児島市営バスの中でも古くから運行されている終点で、鹿児島中央駅の裏手に張り出す原良台地の麓の、谷あいの住宅地に位置します。 鹿児島市営バスの終点では、誘導員がバック誘導するところがまだ何ヶ所か残っていて、ここ常盤もそのひとつです。 バス運行にかかる保安面で、専用の係を配置するあたりに公営バスらしさがにじみ出ています。




◎読み・・・ときわ
■運行・・・鹿児島市交通局
□路線・・・清水常盤線[2]
[PR]

by hansman | 2016-11-27 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 11月 26日

交通局前★現二中通り★・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_22515419.jpg


▲安全と笑顔で走る電車・バス

 平成27年5月の電車車庫移転に続き、10月のバス営業所の移転に伴い、鹿児島に電車が開業して以来、長きにわたって市バス・市電の運行を支え続けてきた高麗町の交通局が幕を下ろしました。 局内には車庫や整備施設、事務所などが所狭しと建ち並び、そのひとつひとつの建物の古さと味わい深さが、何となく懐かしい昔の小学校の中のような、そんな独特の雰囲気がありました。




◎読み・・・交通局前
■運行・・・鹿児島市交通局 各営業所/鹿児島交通株式会社 各営業所
□路線・・・新屋敷経由各路線
[PR]

by hansman | 2016-11-26 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 11月 25日

武岡台高校[終点]・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_22364334.jpg


▲朝の武岡台高校で

 武岡の台地上にある武岡台高校には、朝の通学時間帯になると多くのバスが集まり、生徒の輸送を行っています。ここ武岡地区は元来、南国バスの運行エリアとなっていますが、南国エリア外の生徒の居住地域沿線からの便については、それぞれのエリアのバス事業者が乗り入れており、南国バスの他に、鹿児島市営バスや鹿児島交通も足を延ばします。 後方の風車が回る山は、吉野台地の牟礼岡です。



d0158053_2238156.jpg
◎読み・・・たけおかだいこうこう
■運行・・・南国交通株式会社 鹿児島営業所/鹿児島市交通局/鹿児島交通株式会社 
□路線・・・武岡台高校線[12]/明和線[26](武岡台高校ゆき)・武岡台高校線[40][40-2]・紫原武岡台高校線[41]/スクール系統
[PR]

by hansman | 2016-11-25 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 11月 23日

片島・(佐賀県呼子町)

d0158053_217784.jpg


▲加部島をゆく昭和バス

 初冬の荒波がしぶきを上げる加部島は、呼子大橋で九州本土とつながる島です。 橋の開通までは、呼子と片島(加部島)を結ぶ渡船があって、大昔は昭和グループの昭和渡船によって経営された時期もありましたが、その後、呼子の業者に譲渡されたそうです。 現在、加部島に渡るバスは朝夕だけで、日中は昭和タクシーによるジャンボタクシーがその輸送の任に当たっています。



d0158053_2155417.jpg
◎読み・・・かたしま
■運行・・・昭和自動車株式会社 唐津営業所
□路線・・・呼子線(加部島支線)
[PR]

by hansman | 2016-11-23 20:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2016年 11月 21日

納所[終点]・(佐賀県肥前町)

d0158053_19301643.jpg


▲納所終点で・・・

 東松浦半島一円を網羅する、昭和バスの路線網。 その終点は漁港であったり、農村であったりと、ひとくちに東松浦半島といっても様々な顔を覗かせます。 そんな終点のひとつ納所(のうさ)は、半島上に位置する静かな集落に佇んでいます。




◎読み・・・のうさ
■運行・・・昭和自動車株式会社 唐津営業所
□路線・・・有浦線(納所支線)
[PR]

by hansman | 2016-11-21 20:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2016年 11月 19日

呼子[終点]・(佐賀県呼子町)

d0158053_2132186.jpg


▲呼子ターミナルで

 呼子のいかは、もはや全国区。 漁港の磯の香りと、いかを焼く露店の香ばしい風が漂う街角に、昭和バス呼子ターミナルがひっそりとたたずんでいます。 現在はターミナル裏からバスが進入出来る構造となっていますが、かつては敷地の奥のターンテーブルでバスを転回させる方式だったそうです。 ターンテーブルの遺構は今でもそのまま残っています。




◎読み・・・よぶこ
■運行・・・昭和自動車株式会社 唐津営業所
□路線・・・呼子線(唐津~呼子)・湊線(唐津~湊経由~呼子)・加部島線・波戸岬線・呼子台場線
[PR]

by hansman | 2016-11-19 20:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(1)
2016年 11月 17日

宝当桟橋[終点]・(佐賀県唐津市)

d0158053_2042612.jpg


▲唐津城と昭和バス

 地元唐津では絶大な力を持つと言われる昭和グループは、佐賀・福岡両県でバス事業のみならず、トヨタの自動車販売店をはじめ、各放送局への出資を積極的に行うなど、多角的な経営を成功させています。 昭和バスの本拠地・唐津営業所は宝当桟橋ゆき渡し船乗り場のほとり、美しい唐津城を真正面に見渡す絶好の地に・・・。 別名舞鶴城とも称される唐津城の天守閣は、昭和グループの創始者・金子道雄が唐津市長を務めていた昭和41年に完成しました。史実には存在しなかったという天守閣を敢えて建造し、「観光唐津」の目玉に推し上げたその経営手腕は、今でも昭和グループはもとより、唐津市に大きな功績を残しています。




◎読み・・・ほうとうさんばし
■運行・・・昭和自動車株式会社 唐津・前原・伊万里・福岡営業所
□路線・・・福岡~唐津線[特急](からつ号)
[PR]

by hansman | 2016-11-17 20:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(1)