ブログトップ
2016年 06月 16日

金武Ⅳ・(福岡市西区) ~旧三瀬街道・金武宿をゆく~

d0158053_22473163.jpg


▲旧三瀬街道をゆくスマートループ

 福岡市西区という行政区分が到底似合わない、静かな空気が漂う金武地区。ここには、昭和30年に福岡市に吸収されて消滅した、旧早良郡金武村の風情が今もなお残っています。 このあと市内に出たバスは、まるでこんな場所を走ってきた事は無かったことであるかのような涼しい顔をして、シーサイドももち地区や博多の大都会を走ります。



d0158053_22475966.jpg
◎読み・・・かなたけ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 金武自動車営業所
□路線・・・金武線[2](天神~早良口~金武)・シーサイド線[306](博多駅~タワー~金武)
[PR]

# by hansman | 2016-06-16 18:00 | (福岡県)・早良/糸島/市内西部
2016年 06月 15日

金武Ⅲ・(福岡市西区) ~旧三瀬街道・金武宿をゆく~

d0158053_22265168.jpg


▲クランクで離合する西鉄バス

 福岡市内に残る狭隘路線の最後の砦ともいうべき、金武宿の区間の路線付け替えが西鉄より公表され、改めて、よくぞこんな路線が福岡市内に残っていたと感心すると同時に、あまりに当たり前のように日々走っている姿に慢心して、ここを走るバスの風景をほとんど記録に残していなかったことを少し反省・・・。狭い道とクランクがここの魅力ではありますが、それが今回、安全確保の名のもとに、周辺の道幅の広いルートへの付け替えを決断する引き金となったようです。



d0158053_2227925.jpg
◎読み・・・かなたけ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 金武自動車営業所
□路線・・・金武[2](天神~早良口~金武)・シーサイド線[306](博多駅~タワー~金武)
[PR]

# by hansman | 2016-06-15 18:00 | (福岡県)・早良/糸島/市内西部 | Comments(0)
2016年 06月 14日

金武Ⅱ・(福岡市西区) ~旧三瀬街道・金武宿をゆく~

d0158053_22221612.jpg


▲白壁作りの町並みと西鉄バス

 福岡と佐賀を結ぶ最短ルートとして、いにしえより山越えの三瀬街道の宿場町として発展してきた金武地区。その名残が僅かに残る数百メートルの区間を、西鉄バスが往来します。金武にバスが開通した大昔は、バスが走れるのは、旧街道のこの道しか無かったようですが、今は周辺に代替可能な道路が整備され、完全な路地と化したこの区間。今週でここを走るバス路線もとうとう付け替わる事になりました。



d0158053_22203238.jpg
◎読み・・・かなたけ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 金武自動車営業所
□路線・・・金武線[2](天神~藤崎~金武)
[PR]

# by hansman | 2016-06-14 18:00 | (福岡県)・早良/糸島/市内西部 | Comments(0)
2016年 06月 13日

南金武Ⅱ・(福岡市西区) ~旧三瀬街道・金武宿をゆく~

d0158053_23175183.jpg


▲金武の里をゆく西鉄バス

 遠くに望むシーサイド地区の近代的な高層ビル群のシルエットと、手前の田園風景が不釣り合いなワンカット。 昭和50年代以降西南部へ驚異的な都市化の波を発した福岡都市圏では、こうしたのどかな風景はすっかり郊外の外縁部に追いやられました。 とはいえ、それは天神からバスに乗って、わずか1時間ほど揺られれば、農村地帯に足を踏み入れることが可能という事でもあります。 海、山が近く、自然に囲まれた街という点は、福岡の都市としての大きな魅力の一つです。



d0158053_2318710.jpg
◎読み・・・みなみかなたけ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 金武自動車営業所
□路線・・・金武線[2](天神~早良口~金武)・シーサイド線[306](博多駅~タワー~金武)
※写真の区間に関係する路線のみ掲載。
[PR]

# by hansman | 2016-06-13 18:00 | (福岡県)・早良/糸島/市内西部 | Comments(0)
2016年 06月 07日

立川・(佐賀県伊万里市)

d0158053_22193265.jpg


▲立川停留所にて・・・

 伊万里市の東のはずれ、山を越えたらもう相知町という場所にある立川集落は、その昔立川炭鉱があり、賑わったところだそうです。今は荒蕪地が広がるだけの立川。昭和バスが寂しく走ります。



d0158053_22195433.jpg
◎読み・・・たつかわ
■運行・・・昭和自動車株式会社 伊万里営業所
□路線・・・立川線(伊万里~立川上)
[PR]

# by hansman | 2016-06-07 18:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2016年 06月 05日

西分[終点]・(佐賀県伊万里市)

d0158053_22102612.jpg


▲西分終点で・・・

 伊万里湾岸を走る松浦鉄道の小駅、浦ノ崎駅から扇状地に沿って登ってゆく西肥バス西分線。 一日数本のバスが、わずかな乗客を運びます。




d0158053_22105066.jpg
◎読み・・・にしぶん
■運行・・・西肥自動車株式会社 伊万里営業所
□路線・・・西分線(伊万里~西分)
[PR]

# by hansman | 2016-06-05 18:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2016年 06月 03日

東分橋・(佐賀県伊万里市)

d0158053_18372239.jpg


▲こいのぼりと西肥バス

 五月晴れの昼下がり、川沿いに延びる集落を西肥バスが下ってゆきました。 空を気持ちよさそうに泳ぐこいのぼりは、初夏の日本の風景によく似合います。



d0158053_18373544.jpg
◎読み・・・ひがしぶんばし
■運行・・・西肥自動車株式会社 伊万里営業所
□路線・・・西分線(伊万里~西分)
[PR]

# by hansman | 2016-06-03 18:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2016年 06月 01日

福島支所前・(長崎県福島町)

d0158053_18103397.jpg


▲福島支所にて待機する西肥バス

 隣県の佐賀県伊万里市より橋によって繋がれた福島は、伊万里湾の中に浮かぶ島。 福島支所前は、伊万里から橋を渡って来るバスと、島内を循環するバスの運行拠点です。 橋が繋がる前より、島内にバスが走っていたそうです。



d0158053_1811567.jpg
◎読み・・・ふくしまししょ
■運行・・・西肥自動車株式会社 伊万里営業所
□路線・・・伊万里~福島線・福島循環線
[PR]

# by hansman | 2016-06-01 18:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2016年 05月 19日

百道ランプ{付近}・(福岡市早良区)

d0158053_21493913.jpg


▲福岡タワーと西鉄バス

 都心のすぐ近くに福岡空港が存在するため、高層ビルの建築が制限された福岡市街地。 平成元年に開催された“よかとぴあ博覧会”閉会後、都心から離れた埋立地である百道浜地区に、福岡タワーをはじめとした高層建築群が生まれました。 福岡の都市景観の近代化に一役買っているこの界隈です。




◎読み・・・ももちらんぷ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 市内各自動車営業所
□路線・・・都市高速経由シーサイド方面・西方面
[PR]

# by hansman | 2016-05-19 18:00 | (福岡県)・福岡/那珂川/市内南部 | Comments(0)
2016年 05月 14日

川久保・(熊本県菊陽町)

d0158053_23304093.jpg


▲菊陽町の野を駆けるキャロッピー号

 [子20]系統の大津ゆきが廃止となり、産交の直営路線はここを通らなくなりましたが、今は菊陽町が運営するキャロッピー号が走ります。 菊陽町は、熊本都市圏のベッドタウンとして栄える北西部の光の森地区において、人口が急増している反面、南東部には白川の氾濫原と河岸段丘に沿って、ニンジン畑広がっており、同一町域において、その性格が大きく異なっています。



d0158053_23304970.jpg
◎読み・・・かわくぼ
■運行・・・産交バス株式会社 大津営業所
□路線・・・菊陽町巡回バス 東部循環線
[PR]

# by hansman | 2016-05-14 18:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 13日

山西・(熊本県西原村)

d0158053_2317920.jpg


▲俵山と産交バス

 西原村の中心・山西は、古くから産交バスが乗り入れていた所です。ここは熊本空港の東のはずれ、もう阿蘇外輪山がすぐそばに迫ります。 この辺りも熊本地震の被害が甚大だった地域。 山西の風景は、今どうなっているのでしょうか。 




◎読み・・・やまにし
■運行・・・産交バス株式会社 木山・大津営業所
□路線・・・山西線(大津~木山線)
[PR]

# by hansman | 2016-05-13 18:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 12日

寺迫・(熊本県益城町)

d0158053_237436.jpg


▲益城町の中心街をゆく産交バス

 熊本地震で震度7を記録し、被害が大きかった益城町の寺迫地区。 この沿道の家屋や商店はことごとく地震により破壊されてしまいました。 まだ地震が襲う前の木山寺迫地区をゆく産交バスの写真を、たまたま撮っておりましたのでここに掲載し、在りし日の姿を偲びたいと思います。 数年後、再び復活した寺迫の写真を撮れる日が来ますように。



d0158053_2375791.jpg
◎読み・・・てらさこ
■運行・・・九州産交バス株式会社 木山・熊本営業所
□路線・・・木山線・戸島線・木山~御船線
[PR]

# by hansman | 2016-05-12 18:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 11日

仮バスターミナルⅡ・(熊本市中央区)

d0158053_2255540.jpg


▲熊本城天守閣を望む

 去年10月より供用開始された交通センター仮バスターミナルは、熊本城を正面に望む市道を廃止し、その両側に乗り場が設けられました。 バスがずらりと並ぶ向こうに熊本城天守閣を仰ぐ風景が実現したのも束の間、今般の熊本地震発生に伴い、熊本城は天守閣をはじめ、各所に大きな被害を受けました。 特に手前に見える飯田丸五階櫓は、下部の石垣が崩れ落ち、残った石が辛うじて支えているような惨状に。 観光地熊本としての復旧には、まだまだ険しい道が立ちはだかっています。




◎読み・・・かりばすたーみなる
■運行・・・県内外各社局
□路線・・・各路線
[PR]

# by hansman | 2016-05-11 18:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 10日

吉野中学校前・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_22422610.jpg


▲吉野台地をゆく南国バス

 鹿児島市の手軽な住宅地として発展やまぬ吉野台地上は、ロードサイド店がひしめく一大商業地域へと変貌しています。 いつも混雑しているバス道も、4車線への拡幅が進行中で、更に大きく日常の風景が変わりそうな一帯です。



d0158053_22504083.jpg
◎読み・・・よしのちゅうがっこうまえ
■運行・・・南国交通株式会社  鹿児島営業所
□路線・・・花棚線[1]
[PR]

# by hansman | 2016-05-10 18:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 09日

たんたど・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_19134826.jpg


▲狭い道を登る鹿児島市営バス

 「せばる」・「かげごし」・「びくに坂」に並んで、鹿児島市営バスにいくつか存在する意味不明バス停のうちのひとつ、「たんたど」。 漢字で書くと「都曇答臓」。 ものの本によれば、水に流れる音が「たんたど」に聴こえることから名付けられたとの説があるとのこと。 このような、水流の音が転じて地名となったケースは全国各所に散在していて、宮崎交通の有名なバス停「トロントロン」も同じ由来です。



d0158053_19141729.jpg
◎読み・・・たんたど
■運行・・・鹿児島市交通局
□路線・・・吉野線[6][6-2][6-3]・葛山線[22]
[PR]

# by hansman | 2016-05-09 18:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 08日

丸岡[終点]・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_18395010.jpg


▲かわいらしい丸岡を背景にして・・・

 高原の広々としたサトイモ畑の中を、バスがゆっくりと走り抜ける丸岡地区。 鹿児島市の北西部に連なる台地上にそびえるお椀を返したようなかわいらしい山の名が丸岡の由来です。 丸岡地区には、国道三号線河頭から分岐し、皆与志地区を経てやってくる、旧林田産業交通の路線の終点と、坂元・下田などを経由して本城地区へ抜ける南国バスの路線の双方が乗り入れています。 

※南国交通の丸岡は、こちらをご参照ください。




◎読み・・・まるおか
■運行・・・鹿児島交通株式会社(旧林田系) 鹿児島営業所
□路線・・・丸岡線[60][60-1]・花野団地線[63]
[PR]

# by hansman | 2016-05-08 18:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 07日

大日寺・(福岡県飯塚市)

d0158053_2057166.jpg


▲梅の香が漂う八幡宮前をゆく

 福岡都市圏と筑豊地区とを隔てる八木山峠の麓に広がる飯塚市鎮西地区は、寺社仏閣の多いエリア。 大日寺のほか、明星寺・建花寺・蓮台寺とお寺の名前に由来する地名が数多くあり、鎮西四国八十八箇所と称する霊場となっているそうです。 八木山峠を挟んだ福岡側の篠栗町では、近年お遍路人気が定着しており、この辺りは、峠を越えて仏教文化が色濃く残る一帯となっています。



d0158053_20573517.jpg
◎読み・・・だいにちじ
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 飯塚本社
□路線・・・潤野線(坂の下発着系統)[3]
[PR]

# by hansman | 2016-05-07 18:00 | (福岡県)・筑豊 | Comments(0)
2016年 05月 06日

干潟東町・(福岡県小郡市)

d0158053_181238.jpg


▲小郡市内最高峰・花立山とコミュニティバス

 干潟という地名は、太古の昔はここまで海が湾入していたことの証なのでしょうか。 花立山は広い筑紫平野の中に、ポツンと島のようにたたずむ小高い丘です。 付近は大刀洗・宮の陣などと古代の戦が由来となった地名が多い一帯で、また太平洋戦争中も近隣に大刀洗飛行場が設けられ、花立山にも米軍の機銃放射が炸裂するなど、現在の長閑さからは想像もつかない悲しい歴史の眠るところです。



d0158053_182558.jpg
◎読み・・・ひがたひがしまち
■運行・・・西鉄バス佐賀株式会社 鳥栖支社
□路線・・・小郡市コミュニティバス 井上・今隈ルート
[PR]

# by hansman | 2016-05-06 20:00 | (佐賀/福岡県)・鳥栖/小郡 | Comments(0)
2016年 05月 05日

三角西港前・(熊本県三角町)

d0158053_094920.jpg


▲美しい海と「あまくさ号」

 三角町は、宇土半島の先端の小さな港町。 天草パールラインの玄関口です。 青く美しい三角ノ瀬戸は、九州本土と天草諸島を隔てる狭い海峡で、海の向こうに見える山はもう天草・大矢野島です。 天草五橋の一号橋である天門橋で結ばれています。




◎読み・・・みすみにしこうまえ
■運行・・・九州産交バス株式会社 熊本営業所/産交バス株式会社 天草・三角営業所
□路線・・・天草快速線[超快速][快速](熊本~本渡/下田温泉)/宇土~三角線
[PR]

# by hansman | 2016-05-05 18:00 | (熊本県)・天草/三角 | Comments(0)
2016年 05月 03日

轟木・(佐賀県鳥栖市)

d0158053_051326.jpg


▲鳥栖BS工場の煙突と西鉄バス

 鳥栖の街と筑後川を隔てた福岡県久留米市に、地下足袋製造会社として発足したブリヂストンは、昭和5年に地下足袋で培ったゴム技術を応用し、タイヤの製造に乗り出しました。現在ではタイヤ製造工場だけでも国内10工場・海外58工場を展開するタイヤの世界トップメーカーとして名を馳せるブリヂストンにとって鳥栖工場は、ごく小さな工場に過ぎないかもしれませんが、あの紅白の煙突がこの街に大きな存在感を示しています。



d0158053_205022.jpg
◎読み・・・とろどき
■運行・・・西鉄バス佐賀株式会社 鳥栖支社
□路線・・・鳥栖~神崎線[43]
[PR]

# by hansman | 2016-05-03 18:00 | (佐賀/福岡県)・鳥栖/小郡 | Comments(0)
2016年 05月 02日

入美・(大分県日田市)

d0158053_21344597.jpg


▲入美停留所をゆく

 昔ながらの待合小屋が今もたたずむ入美停留所は、春になるとバス停を取り囲むように桜の花が彩ります。 入美は、文字通り美しい集落。 その集落を遠くから見渡すと、谷あいに入り込んだところに十数軒の民家があって、桜が至る所に咲く集落美を見ることが出来ます。

※入美停留所についてはこちらもご参照ください。(ジマオとマルサン醤油)



d0158053_213545.jpg
◎読み・・・いりみ
■運行・・・日田バス株式会社 日田営業所
□路線・・・有田線(日田~岩下)
[PR]

# by hansman | 2016-05-02 18:00 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)
2016年 05月 01日

上小竹・(大分県日田市)

d0158053_2124561.jpg


▲春らんまんの日田バス皿山線

 ここは、小鹿田焼の里・皿山へ向かう途中の集落。 いかにも田舎の木造校舎のような建物は、現在は小野保育園の園舎として使われています。 学校は上小野・下小野両小学校の合併を機に、新たな校地を求めて近くへ新築移転されました。 少子高齢化の顕著な山間部においては貴重な保育園のある風景。 この辺りにもまだまだ小さな子供がいるという証でもあります。 


d0158053_21264531.jpg
◎読み・・・かみこたけ
■運行・・・日田バス株式会社 日田営業所
□路線・・・皿山線(日田~皿山)
[PR]

# by hansman | 2016-05-01 18:00 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)
2016年 04月 30日

北九州市役所前・(北九州市小倉北区)

d0158053_1213432.jpg


▲チューリップと西鉄バス

 さすがは百万都市の表玄関というだけあって、北九州市庁舎前の小文字通りと、その向かいの勝山公園は、都心にあるオアシスとしてよく整備が行き届いています。 小倉都心部を流れる紫川一帯は、マイタウン・マイリバー事業によって、ここ20年で大きく都市の姿を変えてきました。 春にはかわいらしいチューリップが植えられ、彩りを添えています。 バスの後ろの緑色の屋根のとぐろを巻いたような建物は、建築家磯崎新氏が設計したという、北九州市立中央図書館です。




◎読み・・・きたきゅうしゅうしやくしょまえ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 戸畑・小倉・弥生が丘自動車営業所
□路線・・・黒原・一枝線[27][28]
[PR]

# by hansman | 2016-04-30 18:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2016年 04月 29日

転石・(佐賀県鳥栖市)

d0158053_20525795.jpg


▲桜咲く転石で・・・

 河内線は、鳥栖管内に残る西鉄の山間部路線。 沿線に桜の木が多い路線です。 以前は転石での折り返し運行でも行われていたのでしょうか。 少し広い転回場風の停留所スペースで乗客を乗せてゆきました。



d0158053_20531167.jpg
◎読み・・・ころびいし
■運行・・・西鉄バス佐賀株式会社 鳥栖支社
□路線・・・河内線[1](東橋経由)
[PR]

# by hansman | 2016-04-29 18:00 | (佐賀/福岡県)・鳥栖/小郡 | Comments(0)
2016年 04月 28日

湯川住宅前・(北九州市小倉南区)

d0158053_0271534.jpg


▲桜並木を下る西鉄バス

 安倍山をあとにして、バスは坂を下ります。 普段は閑静な住宅地が広がるこの一帯も、北九州随一の桜並木とあっては、春には市内一円から多くの花見客が押し寄せ、長い渋滞の列をつくることもあります。 



d0158053_0273376.jpg
◎読み・・・ゆがわじゅうたくまえ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 弥生が丘自動車営業所
□路線・・・安部山公園線[13]
[PR]

# by hansman | 2016-04-28 18:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2016年 04月 28日

玉泉寺前Ⅱ・(北九州市門司区)

d0158053_11592656.jpg


▲桜とスマートループ

 今ではすっかり人車も通うことのない、寂しい旧道を、西鉄バスだけが行ったり来たり。 桜の木もどこか寂しげな表情に。 すぐ上をゆく4車線の新道からは、物流と工業が盛んな新門司へ向かう大型トラックのけたたましいエンジン音が絶えることなく聴こえてきます。



d0158053_11593310.jpg
◎読み・・・ぎょくせんじまえ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 恒見自動車営業所
□路線・・・大里線[47][48]
[PR]

# by hansman | 2016-04-28 18:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2016年 04月 27日

玉泉寺前・(北九州市門司区)

d0158053_11521532.jpg


▲峠道を下る西鉄バス

 関門海峡に面した大里地区と、裏門司の拠点・恒見地区とを結ぶ西鉄バス大里線は、今は立派な鹿喰トンネルで結ばれ、日中20分間隔で走る、北九州の隠れたドル箱路線となっています。 途中一部だけ旧道に入り、昔の鹿喰峠の面影をわずかに残すカーブ道を走ります。



d0158053_11523055.jpg
◎読み・・・ぎょくせんじまえ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 恒見自動車営業所
□路線・・・大里線[47][48]
[PR]

# by hansman | 2016-04-27 18:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2016年 04月 26日

祇園二丁目・(北九州市八幡東区)

d0158053_12121015.jpg


▲さくら通りをゆく西鉄バス

 この春のダイヤ改正で、祇園町のさくら通りを走るバスが3倍増となり、桜並木を潜るバスを頻繁に見られるようになりました。 八幡では有数のお花見スポットであることから、一番桜が見ごろとなる週の休日には桜祭りが催され、日中は歩行者天国に様変わり。 バスは迂回運行を余儀なくされます。



d0158053_12122692.jpg
◎読み・・・ぎおんにちょうめ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 小倉・八幡・香月・戸畑自動車営業所
□路線・・・鞘ヶ谷線[40]・枝光線[91]・大谷線[42]・鳴水線[73]
[PR]

# by hansman | 2016-04-26 18:00 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(0)
2016年 04月 22日

佐賀成田山前・(佐賀県上峰町)

d0158053_19532559.jpg


▲佐賀成田山前をゆく西鉄バス

 九州では、久留米成田山の大慈母観音像があまりにも有名なので、ややマイナーな印象のある佐賀成田山。 入口の桜が、国道を往来する車の安全を見守っています。 その昔は福岡~長崎を結ぶ特急バス「九州号」なども闊歩した国道34号線を、今は鳥栖管内のローカルバスがのんびりと走っています。



d0158053_19534325.jpg
◎読み・・・さがなりたさんまえ
■運行・・・西鉄バス佐賀株式会社 鳥栖支社
□路線・・・鳥栖~神崎線[43]
[PR]

# by hansman | 2016-04-22 18:00 | (佐賀/福岡県)・鳥栖/小郡 | Comments(0)
2016年 04月 21日

目達原・(佐賀県上峰町)

d0158053_1938217.jpg


▲目達原駐屯地の桜と西鉄バス

 自衛隊といえば桜、というほどに、各地の自衛隊駐屯地の門前には立派な桜の木が植えられています。ここ目達原は、鳥栖~佐賀方面を結ぶ大動脈国道34号線と久留米方面への県道との分かれ道を擁す、交通の要衝。 目達原駐屯地の桜をかすめて、国道34号線を西へ。 佐賀へ向かう西鉄バスが出発してゆきました。



◎読み・・・めたばる
■運行・・・西鉄バス佐賀株式会社 佐賀本社・鳥栖支社
□路線・・・神崎線[40](久留米~神埼~佐賀)・鳥栖~神崎線[43]
[PR]

# by hansman | 2016-04-21 18:00 | (佐賀県)・佐賀/鹿島 | Comments(0)