ブログトップ

タグ:トロピカル ( 9 ) タグの人気記事


2016年 02月 19日

マングローブパーク・(鹿児島県住用町)

d0158053_0203248.jpg


▲マングローブの原生林と“しまバス”

 港湾・道路・トンネルなど、様々な整備が進んだ現代の奄美大島は、一般にメディアなどで紹介されるような“奄美らしさ”を実感できる場所はバス沿線では急速に減少しつつあります。 しかし、所々にはまだまだ目を見張るような絶景が残っているもので、ここ住用町の河口に広がるマングローブの原生林はそのひとつ。 沖縄・西表島に次ぐ国内二番目の面積を誇るマングローブの原生林がバスの窓いっぱいに広がります。 西仲間という停留所から市という集落とを結ぶ支線に乗り換えると、このマングローブの林を真横に見ながら走ることができます。



d0158053_02229.jpg
◎読み・・・まんぐろーぶぱーく
■運行・・・しまバス株式会社
□路線・・・名瀬~古仁屋線・市線
[PR]

by hansman | 2016-02-19 20:00 | (鹿児島県)・奄美大島・種子屋久 | Comments(0)
2016年 02月 13日

西鉄大橋駅・(福岡市南区)

d0158053_19295760.jpg


▲2016 福岡市内雪景色特集

 駅前のフェニックスも寒そうな大雪二日目の朝は、昨日と打って変わっての月曜日。 慣れない大雪の中、普段通りに通勤通学客が押し寄せ、電車・バスの輸送に混乱が生じました。 西鉄電車では凍結による扉故障が多発し、一部駅では改札口の入場制限が行われた他、バスでは都市高速通行止めに加え、市内の陸橋の多くがあらかじめ封鎖されたことから運休や迂回運行が続出。またマイカーで出勤する台数も多く、西鉄バス・電車が、ここ30年では経験したことのないであろう朝を切り抜けてゆきました。




◎読み・・・にしてつおおはしえき
[PR]

by hansman | 2016-02-13 20:00 | (福岡県)・福岡/那珂川/市内南部 | Comments(0)
2014年 10月 19日

シーサイドブリッジ{付近}Ⅱ・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_0371887.jpg


▲錦江湾岸を走る

 いわさきグループの鹿児島交通といわさきバスネットワークのバスが2台仲良く並んで、鴨池港へ回送しています。 ここは、平日朝の一本だけ、鹿児島駅から県庁鴨池地区の通勤者用特急バス・23番線が走る道ですが、日中でも浜町のバス営業所と鴨池港を往来する回送車が多数走ります。ちょうど、いわさきグループの垂水フェリーが大隅半島へ向けて出港していきました。




◎読み・・・しーさいどぶりっじ
■運行・・・鹿児島交通株式会社 鹿児島西営業所
□路線・・・シーサイドブリッジ経由[特急23]
[PR]

by hansman | 2014-10-19 22:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2014年 10月 15日

船倉・(鹿児島県笠利町)

d0158053_2335529.jpg


▲車庫でたたずむバス

 のんびりとした南国の島・奄美大島。車庫で休むバスもゆったりとした面持ちでたたずんでいます。 奄美大島では、現在はしまバスという地元資本のバス会社が活躍していますが、以前は鹿児島本土のいわさきグループも、奄美交通として島内全域でバスを運営していました。その名残で、今でもハイビスカス柄の入った、奄美交通塗装の車が現役で走っています。 しまのヤシの木は、本土でよく見かけるタイプとは異なり、比較的細くて、小柄なものが多いようです。



d0158053_2341052.jpg

◎読み・・・ふなくら
■運行・・・株式会社しまバス 本社営業所
□路線・・・笠利線(名瀬~佐仁)・屋仁線(赤尾木~佐仁)
[PR]

by hansman | 2014-10-15 22:00 | (鹿児島県)・奄美大島・種子屋久 | Comments(0)
2012年 09月 17日

南宮崎駅[終点]・(宮崎県宮崎市)

d0158053_22563296.jpg


▲南宮崎駅構内を出る回送車

 旅人が駅に降り立つと、広々とした宮崎の大空とフェニックスとが迎えてくれる。 そんな大らかさが漂う明るい駅前なのですが、如何せん駅舎や周囲の建物は、宮崎に新婚旅行ブームが訪れた昭和3、40年ごろからまったく変わってないんじゃないかという状態です。
 南宮崎駅前は宮崎交通のお膝元で、宮交シティもすぐそば、そして近年まで宮交本社もここにありました。 この駅前の寂しい風景を眺めていると、宮交関連の多くの施設が撤去されたり、朽ちたりしていて、会社の衰えを感じざるを得ません。



◎YouTubu動画→クリック
(路線バスの走る風景など各種動画を投稿致しております。どうぞご覧下さい。)
最終投稿日:24/09/15



d0158053_2256556.jpg

◎読み・・・みなみみやざきえきまえ
■運行・・・宮崎交通株式会社 中央自動車営業所
□路線・・・月見が丘線[60]・国際大学線・※南駅乗入れ分のみ
[PR]

by hansman | 2012-09-17 06:00 | (宮崎県)・宮崎市内近郊/日南 | Comments(0)
2012年 05月 09日

幸島入口[終点]・(宮崎県串間市)

d0158053_23502968.jpg


▲道半ばの終点・幸島入口

 宮崎交通の直営路線としては、最南端の停留所となる幸島入口。 何年か前まではこれから更に先へ、都井岬へ向けて走っていましたが、敢え無く廃止となりました。 幸島へは小型ボートで渡してもらえます。島には古くからサルが自生していて、見学できるそうです。
 宮崎交通の先代社長・岩切章太郎翁が、“大地に絵を描く”というスタイルで開発してきた宮崎の観光地ですが、もはやマイカー時代となり、宮崎交通のバスがそれらの観光地への足となって活躍する機会はめっきり減っています。



d0158053_2351593.jpg

◎読み・・・こうじまいりぐち
■運行・・・宮崎交通株式会社 日南管理所
□路線・・・市木線(飫肥~南郷~幸島入口)
[PR]

by hansman | 2012-05-09 06:00 | (宮崎県)・宮崎市内近郊/日南 | Comments(3)
2010年 11月 29日

枕崎・(鹿児島県枕崎市)

d0158053_234223100.jpg


 九州最南端を行く鉄道の終着駅・枕崎。 かつてはここからは伊集院へ至る南薩鉄道(鹿児島交通)も走っていたが、当時の木造駅舎も取り壊され、スーパーマーケット「タイヨー」へと変身した。 鉄道旅行でここを訪れる人にオススメしたいのが、坊津線、「今岳ゆき」の路線バスである。 一日数本だが南薩の風を感じることのできる路線だ。 




d0158053_23425789.jpg

◎読み・・・まくらざき
■運行・・・鹿児島交通株式会社 鹿児島・枕崎・加世田支社
□路線・・・鹿児島空港~加世田~枕崎線[特急]・鹿児島~枕崎線[特急・普通]・南薩線[なんてつ号]・知覧~枕崎線・東大山~枕崎線[指宿ゆき接続]・坊津線・金山線など
[PR]

by hansman | 2010-11-29 23:52 | (鹿児島県)・南薩 | Comments(2)
2010年 06月 16日

港町・(熊本県水俣市)

d0158053_17485942.jpg



 水俣の町を出て、これからバスは県境を越えて、隣町・出水をめざす。 熊本県も最南端のこの辺りに来ると、にわかに南国風情が漂ってくる。 冬の晴れ間のもと、さざんかの可憐な花とヤシの木が同時に見られるという何ともミスマッチな光景に出会えた。 さざんかの生垣の裏側は産交バスの水俣営業所である。 バス会社のテリトリーが混ざり合うのも県境の町・水俣ならではの光景だ。  



d0158053_17573265.jpg
◎読み・・・みなとまち
■運行・・・南国交通株式会社 出水営業所
□路線・・・水俣~出水~阿久根線
[PR]

by hansman | 2010-06-16 17:59 | (熊本県)・八代/人吉/水俣 | Comments(0)
2010年 05月 22日

羽島車庫・(鹿児島県串木野町)

d0158053_21473663.jpg




 青く輝く串木野の海を見下ろしながら、林田バスが峠を越えてゆく。 東シナ海から吹く南風が、暖かくそして心地よい。


d0158053_23553290.jpg
◎読み・・・はしましゃこ
■運行・・・いわさきバスネットワーク(旧林田バス)株式会社 川内営業所
□路線・・・串木野駅~羽島車庫~土川東線 / [70番]上川内~川内駅~草良~羽島車庫線
[PR]

by hansman | 2010-05-22 21:55 | (鹿児島県)・川薩/出水/大口 | Comments(6)