ブログトップ

タグ:亀の井バス ( 6 ) タグの人気記事


2017年 02月 24日

梶原・(大分県別府市)~日本の棚田100選・内成棚田~

d0158053_2157139.jpg


▲内成棚田と亀の井バス

 冬枯れの内成棚田を縫って、亀の井バスが走ります。 棚田一面に水が張られる梅雨の頃にもう一度訪れたい風景です。



d0158053_21572012.jpg
◎読み・・・かじわら
■運行・・・亀の井バス株式会社 別府営業所
□路線・・・内成線(別府駅~かいがけ)
[PR]

by hansman | 2017-02-24 08:03 | Comments(0)
2017年 02月 21日

太郎丸Ⅱ・(大分県別府市)~日本の棚田100選・内成棚田~

d0158053_21421732.jpg


▲内成棚田と亀の井バス

 山あいの里に行けば、棚田に出会えることがよくありますが、ここの棚田はそのスケールでは、九州随一のものだろうと思います。そして、バス路線は棚田の上から下までをくまなく巡るようなルート設定で、バスの車窓から楽しめる棚田としても抜群の存在といえるでしょう。2月。暦の上では立春を迎え、棚田の畦道では至る所で野焼きが行われていました。



d0158053_21423718.jpg
◎読み・・・たろうまる
■運行・・・亀の井バス株式会社 別府営業所
□路線・・・内成線(別府駅~かいがけ)
[PR]

by hansman | 2017-02-21 20:00 | (大分県)・別府/湯布院 | Comments(0)
2017年 02月 19日

太郎丸・(大分県別府市)~日本の棚田100選・内成棚田~

d0158053_21263195.jpg


▲内成棚田と亀の井バス

 日本の棚田100選に選ばれた内成棚田は、別府市街地から峠を二つ越えた山懐に位置します。別府の街と内成地区を結ぶのは、亀の井バスのローカルバス。 内成棚田は、いま福岡行き高速バスの車体全面にラッピング広告が出されるほど、宣伝中のローカル路線です。



d0158053_21265694.jpg
◎読み・・・たろうまる
■運行・・・亀の井バス株式会社 別府営業所
□路線・・・内成線(別府駅~かいがけ)
[PR]

by hansman | 2017-02-19 20:00 | (大分県)・別府/湯布院 | Comments(0)
2013年 02月 21日

仙人田/仙人田茶屋[終点]・(大分県安心院町)

d0158053_2093968.jpg


▲亀の井バスから大分交通へお乗換え

 つい一昨年前まで、別府から安心院まで直通していた亀の井バスですが、今はここ仙人田茶屋にて大分交通に乗り換えです。ここ東椎屋地区から安心院までは永らく亀の井と大分交通のダブルトラックとなっていましたが、現状はどちらか片方を維持していくのも大変な乗客の少なさです。こうして乗り換えをさせる方式にしてしまって更に乗客離れを進めるよりは、亀の井一本に絞る方が賢明だったかも。



d0158053_20101693.jpg

◎読み・・・せんにんだ(亀の井)/せんにんだちゃや(大交)
■運行・・・亀の井バス株式会社 別府営業所/大交北部バス株式会社 安心院営業所
□路線・・・仙人田線(別府~仙人田)[5]/東椎屋線(安心院~仙人田茶屋)
[PR]

by hansman | 2013-02-21 06:00 | (大分県)・国東半島/宇佐/中津 | Comments(0)
2012年 12月 13日

由布院駅前バスセンター・(大分県湯布院町)

d0158053_21492629.jpg


▲産交・亀の井・日田バス揃い踏み

 12月初旬ですが、湯布院の盆地にはうっすらと雪が積もりました。全国的にも名だたる観光地であるため、こんなに寒い日にも大勢の観光客が散策しています。駅前の亀の井営業所の後ろには雄大な由布岳が、雪のベールをまとって顔をのぞかせています。



d0158053_2149453.jpg

◎読み・・・ゆふいんえきまえばすせんたー
■運行・・・亀の井バス株式会社 別府営業所/日田バス株式会社 日田営業所/九州産交バス株式会社 熊本営業所
□路線・・・湯布院線[36](別府~湯布院)・くじゅう高原線[37](別府~湯布院~牧ノ戸峠)/福岡~湯布院線[高速特急]/九州横断バス(熊本~阿蘇~別府)
[PR]

by hansman | 2012-12-13 06:00 | (大分県)・別府/湯布院 | Comments(0)
2010年 10月 30日

九重登山口[長者原]・(大分県九重町)

d0158053_22264857.jpg

 ようやく寒さも和らぐ高原の5月。 初夏のくじゅうでは山開きが行われ登山者で賑わう。 ここは飯田高原の中心地、長者原。 別府からやって来た亀の井バス(写真左)と、玖珠や九重の町から上がってくる日田バスとが交わるところである。 午前中、ちょうど両社のバスが出会った。 バスはこの先の牧の戸峠まで登ってゆく。 登山者にもちゃんと路線バスが利用されているのがうれしい。



d0158053_22174392.jpg

◎読み・・・くじゅうとざんぐち[ちょうじゃばる]
■運行・・・亀の井バス株式会社 別府営業所/日田バス株式会社 玖珠営業所/九州産交バス株式会社 熊本営業所
□路線・・・くじゅう登山線[37]/九重登山線/九州横断バス[くじゅう・あそ]
[PR]

by hansman | 2010-10-30 22:25 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)