ブログトップ

タグ:北九州都市高速 ( 5 ) タグの人気記事


2017年 03月 19日

東港ジャンクション{付近}・(北九州市小倉北区)

d0158053_2136873.jpg


▲都市高速を疾走するエアポートバス

 北九州空港が周防灘の洋上に移転開港して10周年を迎えました。各方面から新空港を結ぶエアポートバスは、その輸送量において苦戦を強いられるものが多くありましたが、小倉都心部と新空港を結ぶ路線は、満席になる便もあるほどの大盛況。小倉駅北ランプから直接都市高速に乗り入れるノンストップ便が、北九州の工業地帯を眺めながら疾走してゆきました。




◎読み・・・ひがしみなとらんぷ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 小倉自動車営業所
□路線・・・小倉~北九州空港線[ノンストップ]
[PR]

by hansman | 2017-03-19 20:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2013年 06月 15日

東芝前{付近}・(北九州市小倉北区)

d0158053_9534939.jpg


▲都市高速を走る西鉄バス

 小倉の城下町の外れにある菜園場地区の上空には、二層構造の都市高速道路があり、大都会の雰囲気を紡ぎだしています。ここを走る西鉄バスは、平日の朝の通学時間帯にだけ走る下到津ランプ経由の便がわずかに数本であり、珍しい光景といえます。後ろに見える東芝北九州工場は、大正9年に白熱電球の工場として創業した東芝最古の工場だったそうですが、この春惜しまれながらも閉鎖されました。



d0158053_9565010.jpg

◎読み・・・とうしばまえ{付近}
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 中谷・恒見自動車営業所
□路線・・・志井線[132](志井・中谷~戸畑)・恒見線[111](恒見~戸畑)
[PR]

by hansman | 2013-06-15 06:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2012年 09月 21日

高速千代ニュータウン・(北九州市八幡西区)

d0158053_20243272.jpg


▲続々と発着する高速バス

 小倉と福岡を結ぶ大動脈の“福北ライン”をはじめ、八幡インターチェンジから九州縦貫自動車道に入る高速バスが必ず通る喉首に当たるため、様々な高速バスがこの停留所を経由してゆきます。
 写真には福岡ゆき「ひきの号」、同じく福岡ゆき「中間高速」、北九州空港ゆきの市営バス、向かいの登り線には長崎からやってきた「出島号」が写っていますが、このうち中間高速は八幡ICまで下道経由に変わり、市営バスは空港線から撤退しており、今は高速千代にはやって来ないようです。



d0158053_2027779.jpg

◎読み・・・こうそくちよにゅーたうん
■運行・・・西日本鉄道株式会社 博多自動車営業所/西鉄高速バス株式会社 北九州支社/西鉄バス北九州株式会社 八幡自動車営業所/西鉄バス久留米株式会社 京町支社/九州産交バス株式会社 熊本営業所/長崎県交通局 長崎営業所 など
□路線・・・福岡~小倉線[高速特急]・福岡空港~小倉線[高速特急]・小倉~久留米線[高速特急]/北九州空港~黒崎線[空港特急]/小倉~熊本線[高速特急]/小倉~長崎線[高速特急]
[PR]

by hansman | 2012-09-21 06:00 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(2)
2012年 05月 04日

大里ランプ[付近]・(北九州市門司区)

d0158053_2227209.jpg


▲都市高速を快走する西鉄バス

 移動手段としてすっかり定着した、都市高速経由の門司線[170][175]番、そして恒見急行。歴史の浅い路線というイメージがあるのですが、実はこの道路自体は、関門トンネル接続の国道3号線のバイパスとして、もう50年位前から存在しています。 その昔は藤松など数箇所にバスストップまで完備されていたようで、当時の停留所遺構がいまだに残っています。 以前は門司~小倉を西鉄の電車が結んでいたので、それとの競合を避け、あまり積極的には路線が展開されていなかったのかも。



d0158053_22314381.jpg

◎読み・・・だいりらんぷ ふきん
■運行・・・西鉄バス株式会社 門司・恒見自動車営業所
□路線・・・門司線[170][175]・恒見急行線[急行]
[PR]

by hansman | 2012-05-04 06:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2010年 05月 12日

九州工大前駅{付近}・(北九州市戸畑区)

d0158053_20344443.jpg




 後方の山は若松の最高峰・石峰山と、尾根伝いに連なる高塔山。 小倉や戸畑から洞海湾を隔てた若松半島への交通は、元来は戸畑渡場までの路面電車と渡し船の連絡によって担われてきたが、若松を含む五市合併によって北九州市が誕生する前年の昭和38年に開通した若戸大橋によって、自動車による往来が飛躍的に便利になった。今では小倉~戸畑を結ぶ都市高速道路が若戸大橋に接続し、路線バスが小倉と若松をダイレクトに結ぶ。


◎読み・・・きゅうしゅうこうだいまええき{ふきん}  ■運行・・・西鉄バス北九州  □路線・・・グリーンパーク線(砂津~都市高速~若松~グリーンパーク)[199番]
[PR]

by hansman | 2010-05-12 20:56 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(0)