ブログトップ

タグ:寺社仏閣 ( 69 ) タグの人気記事


2017年 07月 20日

平等寺[終点]・(福岡県筑紫野市)

d0158053_21124440.jpg























▲平等寺の里をゆく西鉄バス

夏の遅い夕暮れ時、山あいの終点に最終バスがひっそりと到着します。終点のそばにある神社では、夕闇に光る提灯と、白い幟旗が幻想的な夜のたたずまいを見せています。

◎読み・・・びょうどうじ
■運行・・・西鉄バス二日市株式会社 原支社
□路線・・・山口線[2-1](平等寺系統)

[PR]

by hansman | 2017-07-20 22:00 | (福岡県)・二日市/朝倉 | Comments(0)
2017年 06月 25日

下到津・(北九州市小倉北区)


d0158053_23074849.jpg
























▲到津八幡宮の鳥居と電車代替バス

 ガタンゴトンと路面電車の音が響いた下到津は、今はスタイリッシュなマンションが立ち並ぶオシャレな街へと変貌し、到津八幡宮の鳥居は街並みに埋もれるように建っています。路面電車はバスへと変わり、颯爽と走り抜けてゆきました。

◎読み・・・しもいとうづ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 小倉・八幡・青葉自動車営業所
□路線・・・小倉~黒崎・折尾線[特快1][1]・鞘ヶ谷循環線[7]・八幡東ニュータウン線[76]
[PR]

by hansman | 2017-06-25 20:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2016年 11月 30日

宮之浦神社前・(鹿児島県吉田町)

d0158053_12191514.jpg


▲宮之浦神社と南国バス

 九州縦貫自動車道吉田インターのすぐそばに鎮座する鎮守神社は、その地名が示す通り、宮之浦地区の中心に位置します。付近の地名はこの神社を中心に宮東・宮西などと名付けられており、学校の名も宮小学校となっています。 現代の鹿児島で宮之浦といえば、古くからの集落がある神社周辺のことよりも、北東側の山間部に建設された一大住宅ニュータウン・宮之浦団地の方を示すことが多いかもしれません。
 




◎読み・・・みやのうらじんしゃまえ
■運行・・・南国交通株式会社 鹿児島営業所
□路線・・・本城線[6]
[PR]

by hansman | 2016-11-30 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 10月 22日

豊前坊[終点]・(福岡県添田町)

d0158053_22242455.jpg


▲西鉄バス最高峰・豊前坊にて

 夏でもひんやりした風が吹く豊前坊。 標高1199mの英彦山は、福岡県下の山では二番目に高く、その中腹まで登るバス路線もまた、西鉄グループ全路線の中でも最高地点を走っており、中でも終点・豊前坊付近は海抜825mの高さを誇りました。  しかし、近年になってこれを大きく超える西鉄バス路線が開設されました。 夜行高速バス・福岡~富士山線がそれで、終点河口湖駅付近の標高が860m、更に途中経路の富士五湖道路において1000mを越える個所があるそうです。





◎読み・・・ぶぜんぼう
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・英彦山線[10](後藤寺~川崎・添田~英彦山神宮下・豊前坊)
[PR]

by hansman | 2016-10-22 22:37 | Comments(0)
2016年 10月 19日

山の神・(福岡県添田町)

d0158053_21465464.jpg


▲戸立峠の途中でひと休み

 福岡県内を走った西鉄全路線の中でも、山間路線の宝庫であった添田管内。いくつか見どころがありますが、その中でも屈指の狭隘ルートが続いていたのが、添田と津野とを分かつ戸立峠の旧道です。現役時代は写真の車よりも大きな、大型短尺車なども乗り入れており、凄まじい峠越えが演じられました。今回、この区間に貸切バスを通すにあたって、約2kmにわたって沿道の生い茂った草や、バスの屋根に引っかかる枝の剪定などを実施しました。沿線の住民の皆さまのあたたかいご理解に感謝する次第です。




◎読み・・・やまのかみ
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・添津線[11](添田~戸立峠~津野支所~山口橋)
[PR]

by hansman | 2016-10-19 20:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2016年 05月 07日

大日寺・(福岡県飯塚市)

d0158053_2057166.jpg


▲梅の香が漂う八幡宮前をゆく

 福岡都市圏と筑豊地区とを隔てる八木山峠の麓に広がる飯塚市鎮西地区は、寺社仏閣の多いエリア。 大日寺のほか、明星寺・建花寺・蓮台寺とお寺の名前に由来する地名が数多くあり、鎮西四国八十八箇所と称する霊場となっているそうです。 八木山峠を挟んだ福岡側の篠栗町では、近年お遍路人気が定着しており、この辺りは、峠を越えて仏教文化が色濃く残る一帯となっています。



d0158053_20573517.jpg
◎読み・・・だいにちじ
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 飯塚本社
□路線・・・潤野線(坂の下発着系統)[3]
[PR]

by hansman | 2016-05-07 18:00 | (福岡県)・筑豊 | Comments(0)
2016年 04月 22日

佐賀成田山前・(佐賀県上峰町)

d0158053_19532559.jpg


▲佐賀成田山前をゆく西鉄バス

 九州では、久留米成田山の大慈母観音像があまりにも有名なので、ややマイナーな印象のある佐賀成田山。 入口の桜が、国道を往来する車の安全を見守っています。 その昔は福岡~長崎を結ぶ特急バス「九州号」なども闊歩した国道34号線を、今は鳥栖管内のローカルバスがのんびりと走っています。



d0158053_19534325.jpg
◎読み・・・さがなりたさんまえ
■運行・・・西鉄バス佐賀株式会社 鳥栖支社
□路線・・・鳥栖~神崎線[43]
[PR]

by hansman | 2016-04-22 18:00 | (佐賀/福岡県)・鳥栖/小郡 | Comments(0)
2016年 03月 26日

八木山バイパス 篠栗IC{付近}・(福岡県篠栗町) ~筑豊特急の走るみち~

d0158053_229536.jpg


▲南蔵院の釈迦涅槃像と筑豊特急

 福岡方面から八木山バイパスに入ってすぐ、徐々に高度を上げる筑豊特急の車窓から、左手に目をやると、篠栗四国八十八箇所霊場の総本山・南蔵院の巨大な涅槃像が、ほんの一瞬だけ姿を現します。 沿線の観光地にはあまり恵まれない筑豊特急の車窓の中で、ここは随一の見どころと言えるでしょう。 ちなみにこの大きな涅槃像、ブロンズ製としては世界最大のモノだといわれております。 しかし、南蔵院へお参りの際は、JR福北ゆたか線(篠栗線)城戸南蔵院前駅のご利用が便利ですので念のため!




◎読み・・・やきやまばいぱす ささぐりいんたーちぇんじ
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 田川支社・飯塚本社
□路線・・・福岡~筑豊線[特急・急行]
[PR]

by hansman | 2016-03-26 20:00 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部 | Comments(0)
2016年 02月 15日

宮前・(福岡県久留米市)

d0158053_014014.jpg


▲宮前をゆく西鉄バス

 日本三大火祭りの一つに数えられる鬼夜が、毎年1月7日に行われる玉垂宮は、西鉄大牟田線電車大善寺駅のほど近く、境内をかすめるように大牟田通いの特急電車が駆け抜けてゆきます。 神社の表側の県道には、かつて大川鉄道として開業し、昭和26年の路線休止に至るまで、この地をのどかに走った西鉄大川線の代替として、久留米の街と大川市とを結ぶ西鉄バス[15]番が、今でも細々と走っています。



d0158053_0142841.jpg
◎読み・・・みやまえ
■運行・・・西鉄バス久留米株式会社 大川支社
□路線・・・大川線[15](JR久留米~津福~大善寺~城島~大川橋) ※橋を渡る系統のみ掲載
[PR]

by hansman | 2016-02-15 20:00 | (福岡県)・久留米 | Comments(0)
2015年 11月 12日

大矢・(熊本県芦北町)

d0158053_021282.jpg


▲快適な入江のドライブ

 青い海の上を滑るように走る、産交バスの行く手には、穏やかな入江のカーブが次から次へと立ちはだかります。 めまぐるしく移り替わる車窓は、湾の奥ヘ、そして岬へ。 美しい海辺のドライブコースです。



d0158053_023189.jpg

◎読み・・・おおや
■運行・・・産交バス株式会社 水俣営業所
□路線・・・平国線(佐敷~平国~水俣)
[PR]

by hansman | 2015-11-12 22:00 | (熊本県)・八代/人吉/水俣 | Comments(0)