ブログトップ

タグ:島 ( 10 ) タグの人気記事


2015年 11月 08日

合串・(熊本県津奈木町)

d0158053_2347966.jpg


▲三ツ島と産交バス

 晴れた日の不知火海は、波風ひとつ立たぬ静かな内海の風情が漂います。 そんな穏やかな水面に浮かんだ、三つの小島が並ぶ風景は、あわせて三ツ島と呼ばれ、地域の人々に愛されています。



d0158053_23474883.jpg

◎読み・・・あいぐし
■運行・・・産交バス株式会社 水俣営業所
□路線・・・平国線(佐敷~平国~水俣)
[PR]

by hansman | 2015-11-08 22:00 | (熊本県)・八代/人吉/水俣 | Comments(0)
2015年 11月 02日

にがき・(熊本県津奈木町)

d0158053_422758.jpg


▲湯の児温泉街と産交バス

 大小の岬と、浦々が展開する平国線沿線は、八代海沿岸の波穏やかな海沿いの道。 地中海を思わせるリアス式海岸の向こうには、水俣の湯の児温泉と、三つの小さな島が並ぶ湯の児島。 天気の良い日は、天草の島々も手に取る近さです。



d0158053_424868.jpg

◎読み・・・にがき
■運行・・・産交バス株式会社 水俣営業所
□路線・・・平国線(佐敷~平国~水俣)
[PR]

by hansman | 2015-11-02 22:00 | (熊本県)・八代/人吉/水俣 | Comments(0)
2015年 10月 31日

東園山・(鹿児島県桜島町)

d0158053_2226143.jpg


▲新島をバックに走る鹿児島市営バス

 桜島の北岸から東岸へかけてのエリアを走る、かわいらしいミニサイズの鹿児島市営バス。 波静かな、錦江湾に浮かぶ新島を車窓に眺めながらゆったりと走ります。 新島は江戸時代に起きた桜島噴火の際に海底から隆起してできたという、文字通りの新しい島で、現在は無人島になっているものの、桜島の浦之前港より週に三日ほど行政連絡船・じんじま丸が運航され、渡ることが可能です。




◎読み・・・ひがしそのやま
■運行・・・鹿児島市交通局 桜島営業所
□路線・・・桜島代替線[70](東白浜~黒神口)
[PR]

by hansman | 2015-10-31 22:00 | (鹿児島県)・大隈半島 | Comments(0)
2015年 08月 25日

長田・(長崎県佐世保市)

d0158053_2223532.jpg


▲おだやかな佐世保湾と西肥バス

 大村湾の入り口を塞ぐように浮かぶ針尾島。外海側の島の西岸は佐世保湾に、内海側の島の東岸は大村湾に面する島です。 島内には佐世保市内から干潮橋を渡って島の尾根上を縦貫し、西海橋へ向かう幹線と、島の西岸の集落を丹念に廻る、こちらの口木循環線の2路線が走っています。



d0158053_22234014.jpg

◎読み・・・ながた
■運行・・・西肥自動車株式会社 東部営業所
□路線・・・口木循環線
[PR]

by hansman | 2015-08-25 22:00 | (長崎県)・佐世保/平戸/松浦 | Comments(0)
2013年 03月 05日

波戸岬・(佐賀県鎮西町)

d0158053_23583415.jpg


▲玄界灘を背にして走る昭和バス

 玄界灘に向かって突き出た波戸岬。その尾根の上を昭和バスが気持ちよさげに走っています。後ろに見える島は左から松島と加唐島です。この日は眺望も良く、遠く壱岐の島が間近に見えていました。天気が良い日は朝鮮半島あたりまで見えそうなくらい開放的な美しい岬で、唐津へ来たときは昭和バスに乗って足を延ばしていただきたいところです。 



d0158053_23534669.jpg

◎読み・・・はどみさき
■運行・・・昭和自動車株式会社 唐津営業所
□路線・・・波戸岬線(唐津~波戸岬国民宿舎)
[PR]

by hansman | 2013-03-05 06:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2011年 05月 07日

下山[終点]・(熊本県大矢野町)

d0158053_22552128.jpg


 ◆維和島の終点・下山。 車エビの養殖場の水が抜かれて、天日干し中。

 (車エビの養殖で有名な維和島は、大矢野島から更に二本の橋を渡ったところにあります。 バス路線は橋を渡り終えると、島の北部へゆく「蔵々漁港ゆき」と、南部へゆく「下山ゆき」とに分かれますが、昼の便を狙えば、蔵々漁港を先に往復したあとに下山へ行くので、一度に両方の路線へ乗車することができます。 島の至る所に車エビの養殖場がありました。)



d0158053_22553411.jpg

◎読み・・・しもやま
■運行・・・産交バス株式会社 三角営業所
□路線・・・下山線
[PR]

by hansman | 2011-05-07 15:05 | (熊本県)・天草/三角 | Comments(2)
2011年 05月 06日

小峰・(熊本県新和町)

d0158053_2375751.jpg


 ◆黄砂の降るあいにくの展望だが・・・。

 (本渡~宮地浦間を結ぶ、「下大田尾線」ですが、元々平成22年9月まではこの写真よりひとつ本渡よりの下大田尾が終点でしたが、この先海岸を少し走れば宮野浦側からアクセスしていた立線の終点・「立」に繋がるため、現在は下大田尾から立を通って宮地浦へゆくという非常に効率のよい路線となっています。 この時の改正は本渡~栖本~松島間が教良木乗換え、富岡港~一町田が高浜乗換えになるなど、文字通り“ダイヤ改悪”の面が多かった中、唯一の評価できる部分です。 写真の丸い島は、リス島という名前をつけてリスを大量に放し飼いして観光名所にするつもりだったのが、リスがみんな居なくなってしまったというお粗末なエピソードがあるんだそうです。)



d0158053_2383180.jpg

◎読み・・・おみね
■運行・・・産交バス株式会社 天草営業所
□路線・・・下大田尾~立線
[PR]

by hansman | 2011-05-06 06:31 | (熊本県)・天草/三角 | Comments(2)
2010年 11月 12日

金印塚Ⅱ・(福岡市東区)

d0158053_23462567.jpg


 この辺りは、志賀島島内線の中で最も車窓が美しい区間では無いだろうか、きれいな白砂を眺めながら、バスは離合困難な狭隘路にさしかかる。 西の海に沈む太陽が望める絶好のサンセットラインである。



d0158053_23465191.jpg
★★2回目掲載停留所★★
◎読み・・・きんいんづか
■運行・・・西鉄バス宗像株式会社 新宮支社
□路線・・・志賀島島内線[1]
[PR]

by hansman | 2010-11-12 19:20 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部 | Comments(0)
2010年 11月 12日

金印塚・(福岡市東区)

d0158053_23335710.jpg


 西戸崎駅前から勝馬ゆきに乗りこみ、海ノ中道から砂州を渡り志賀島に入ると、次第に道は狭く海岸に沿って湾曲をはじめる。 左に能古島や糸島半島、玄界島などを望みながら、島の西半分を半周する路線だ。 漢倭奴国王の刻印で知られるあの有名な金印はこの辺りで偶然発見され、現在は福岡市博物館に展示されている。



d0158053_2336923.jpg

◎読み・・・きんいんづか
■運行・・・西鉄バス宗像株式会社 新宮支社
□路線・・・志賀島島内線[1]
[PR]

by hansman | 2010-11-12 00:06 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部 | Comments(2)
2010年 11月 06日

志賀島・(福岡市東区)

d0158053_21264951.jpg


 左は荒々しい波が打ち寄せる玄界灘、右手は波穏やかな内海の博多湾である。 九州本土と砂州によって陸続きの志賀島へは、天神からも直通でバスが走る。 博多湾を挟んだ対岸には、福岡タワーやドームなど、都心のビル群が近くに望めるが、バスは香椎や和白など博多湾の外周を大きく廻って走ってくるので1時間以上かけてここまでやってくる。 写真は志賀島側から、本土・西戸崎を眺めた様子。



d0158053_2127897.jpg

◎読み・・・しかのしま
■運行・・・西日本鉄道株式会社 新宮自動車営業所/西鉄バス宗像株式会社 新宮支社
□路線・・・志賀島線[21・21A]/志賀島島内線[1]
[PR]

by hansman | 2010-11-06 21:34 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部 | Comments(4)