ブログトップ

タグ:斜面地 ( 11 ) タグの人気記事


2016年 07月 03日

白木・(長崎県長崎市)

d0158053_21504886.jpg


▲斜面の家々をバックに

 斜面都市・長崎をゆくバス道路は、どこも狭隘な坂道が多いのですが、架橋技術の進歩により、近年はダイナミックな道路造りが可能になり、長崎の道のイメージを一新しつつあります。 ひと昔まえの長崎では考えられないような、天に橋をかけたような立派な道。 長崎バスが颯爽と駆け抜けます。



d0158053_21514749.jpg
◎読み・・・しらき
■運行・・・長崎自動車株式会社 神の島営業所
□路線・・・矢の平線
[PR]

by hansman | 2016-07-03 20:00 | (長崎県)・長崎市内近郊/西海 | Comments(0)
2016年 01月 03日

稲佐橋・(長崎県長崎市)

d0158053_0315377.jpg


▲稲佐橋を渡る長崎バス

 長崎駅の裏手を流れる、浦上川にかかる稲佐橋は、飽の浦・福田方面、稲佐山方面・西城山方面などのバスが三方向に分かれる交通の要衝。 直進する木鉢ゆきと、右折する大見崎ゆきが並走してやってきました。
バスの後ろの、斜面の高くまで家並みが張り付く浜平地区までバスが上ります。



d0158053_032954.jpg

◎読み・・・いなさばし
■運行・・・長崎自動車株式会社 神の島・松ヶ枝・大橋・ダイヤランド営業所
□路線・・・城栄町方面[3]・西城山方面[4]・稲佐方面[5]・飽の浦・福田方面[6]
[PR]

by hansman | 2016-01-03 22:00 | (長崎県)・長崎市内近郊/西海 | Comments(0)
2015年 11月 04日

赤崎平生・(熊本県津奈木町)

d0158053_23122858.jpg


▲狭い集落内の道をゆく産交バス・ローザ

 みかん山の断崖に、家々が建ち並ぶ赤崎地区。 急峻な地形と、複雑な海岸が織りなす沿線は、所々にバスには通りづらい、狭隘道路が残っています。 近年、こうした道路は次々と改良され、ようやく平国線沿線にも快適な道が完成しつつあり、このような場所も残りあとわずかとなっています。



d0158053_23125016.jpg

◎読み・・・あかさきひらばえ
■運行・・・産交バス株式会社 水俣営業所
□路線・・・平国線(佐敷~平国~水俣)
[PR]

by hansman | 2015-11-04 22:00 | (熊本県)・八代/人吉/水俣 | Comments(0)
2015年 05月 05日

常安団地下・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_2223910.jpg


▲鹿児島市街地を見下ろして

 長崎や佐世保のように、有名ではありませんが、鹿児島市内も実は平地が乏しく、坂の町です。とはいえ、火山灰が堆積したシラス台地で形成された鹿児島の地盤はもろく、長崎のように斜面地に家がへばり付くような箇所は少なく、台地上に削られた安定した広い所に大規模な団地がつくられ、そこへ坂道でアプローチするというタイプの“坂の町”となっています。 そんな中、ここ常安団地はどちらかというと長崎や佐世保に近い、斜面地型の住宅地で、小さなバスが崖に沿ってぐんぐん高度を上げてゆきます。
 


d0158053_22164126.jpg
◎読み・・・とこやすだんちした
■運行・・・鹿児島交通株式会社 鹿児島営業所
□路線・・・葛山線[75]
[PR]

by hansman | 2015-05-05 22:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2014年 09月 13日

上竜尾町Ⅱ・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_21421244.jpg


▲家並みを縫って走る

 平地の少ない鹿児島市では、高度経済成長期以降の人口急増に対応して、紫原や明和をはじめ、シラス台地上を切り拓いて、数多くの大規模団地を形成してゆきました。しかし、ブルドーザーのような重機が乏しく、山の上を容易に開発できなかった時代には、人々はこうして谷筋のわずかな土地に住みかを求め、土地不足を補っていたため、市内では谷筋の古い集落と、山の上の新興団地とが交互に現れるという面白い特色があります。このような谷筋の古い集落は、ここ坂元のほかに、冷水町・玉里町・日当平・田入道・小野町・常盤・田上・広木などが挙げられます。




◎読み・・・かみたつおちょう
■運行・・・南国交通株式会社 鹿児島営業所/鹿児島市交通局 本局・北営業所
□路線・・・伊敷団地線[8・9]・本城線[7]/玉里・西紫原線[3]・玉里・三和町線[31]
[PR]

by hansman | 2014-09-13 22:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2014年 04月 01日

上弥生町・(長崎県長崎市)

d0158053_21163545.jpg


▲長崎の斜面地を登る長崎バス

 斜面都市長崎の道をくねくねと登る長崎バス。今日4月1日からアクセスルートが変更となった三景台団地線が、わずかな距離の廃止区間をゆっくり登っています。 さて写真の中に長崎バスは見つけられましたでしょうか?



d0158053_21165282.jpg

◎読み・・・かみやよいがおか
■運行・・・長崎自動車株式会社 神の島営業所
□路線・・・三景台団地線
[PR]

by hansman | 2014-04-01 22:00 | (長崎県)・長崎市内近郊/西海 | Comments(0)
2013年 03月 01日

市営丸団地・(北九州市戸畑区)

d0158053_23325256.jpg


▲戸畑の街を見下ろして

 牧山地区の高台をゆく西鉄バス。沖台通りを走っていた戸畑区内を循環する[1][2]番系統が、近年になってこちらの高台の方へと上がってくるようになりました。街の向こうには新日鐵の八幡製鐵所(戸畑)の工場群が望めます。今では本家本元の八幡を凌ぎ、戸畑区の面積の約半分を新日鐵の構内が占めているほどの製鐵の街となりました。



d0158053_2333935.jpg

◎読み・・・しえいまるだんち
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 戸畑自動車営業所
□路線・・・戸畑循環線[1][2]
[PR]

by hansman | 2013-03-01 06:00 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(0)
2013年 02月 11日

椎ノ木団地入口・(北九州市戸畑区)

d0158053_2232546.jpg


▲市内を見下ろす高台を走る

 戸畑の高台を走る[42]番は、車窓から見下ろす景色もまた絶景です。椎ノ木団地あたりからは、関門橋から足立山・貫山・平尾台・皿倉山と北九州の景色が360度楽しめる場所です。このあたりからは小倉の夜景や新日鐵の工場の灯りが眺められ、夜はより美しい車窓が待っています。




d0158053_2234174.jpg

◎読み・・・しいのきだんちいりぐち
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 戸畑・香月自動車営業所
□路線・・・大谷線[42]
[PR]

by hansman | 2013-02-11 06:00 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(0)
2013年 01月 03日

帆柱一丁目・(北九州市八幡東区)

d0158053_23151765.jpg


▲八幡の街を見おろして・・・。

 帆柱山(皿倉山)の中腹を、[42]番の小柄なバスが走っています。 長崎には負けますが、八幡も山の上まで住宅がひしめく斜面都市です。「1901」と書かれた建物が日本初の近代溶鉱炉である東田第一高炉で、八幡の誇りでもあります。そして、その右には製鐵所遊休地に作られた遊園地・スペースワールドのスペースシャトルがありますが見つかりましたでしょうか? 八幡の過去の栄光と、現在の姿が同時に眺められる場所ですが、ちょっとさみしい気分になるかも。
 ちなみに[42]番のバスは、戸畑を出ると後ろに見える枝光の丘を越えてやって来て、その後こちらの帆柱山麓に登るという、山越え専門路線で、乗りごたえは充分です。




◎読み・・・ほばしらいっちょうめ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 戸畑・香月自動車営業所
□路線・・・大谷線[42]
[PR]

by hansman | 2013-01-03 06:00 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(0)
2012年 12月 29日

南町・(長崎県長崎市)

d0158053_22571195.jpg


▲さてバスはどこに居るでしょう?

 斜面都市・長崎らしさを最大に体現したといっても良いこの界隈。崖にへばりつく様に建つ家並みを縫ってバスが登ってゆく光景は長崎ならではの醍醐味ですが、バス停から家まで“石段を200段”などというのが普通にあって、地元の人にとっては全く醍醐味じゃないのかも。




◎読み・・・みなみまち
■運行・・・長崎自動車株式会社 神の島営業所
□路線・・・大浦線[60]
[PR]

by hansman | 2012-12-29 06:00 | (長崎県)・長崎市内近郊/西海 | Comments(2)