ブログトップ

タグ:橋 ( 79 ) タグの人気記事


2017年 04月 11日

葉光ヶ丘東・(福岡県筑紫野市)


d0158053_21480646.jpg

























▲宝満川を渡る西鉄バス

 太宰府の裏手に聳える宝満山から流れ落ちる宝満川は、筑紫平野を潤し、九州最大の河川・筑後川へ合流します。吉木地区一帯には、宝満山の山懐に抱かれた静かな農村地帯が残っています。


d0158053_21505678.jpg










◎読み・・・ようこうがおかひがし
■運行・・・西鉄バス二日市株式会社 原支社
□路線・・・吉木線[1-1](葉光ヶ丘経由吉木系統)
[PR]

by hansman | 2017-04-11 20:00 | (福岡県)・二日市/朝倉 | Comments(0)
2017年 03月 23日

めかりパーキングエリア{付近}・(北九州市門司区)

d0158053_22252360.jpg


▲関門橋を渡る夜行ハイウェイバス「ムーンライト号」

 国内の夜行高速バス黎明期より、30年以上にわたって大阪と福岡を結び続けた「ムーンライト号」が、およそ600kmの旅を終えて、関門海峡を渡って来ました。 福岡までのラストスパートをかけて早朝の九州路を駆け抜けます。




◎読み・・・めかりぱーきんぐえりあ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 博多自動車営業所/阪急観光バス株式会社 など
□路線・・・福岡~大阪線[夜行]など
[PR]

by hansman | 2017-03-23 20:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2017年 03月 16日

日の出橋・(福岡県直方市)

d0158053_21244052.jpg


▲夕陽を背に受ける西鉄バス

 直方の中心部で遠賀川を渡す日の出橋を、西鉄バスが往来します。 黄金色に輝く冬の夕方、混雑した橋の上をゆっくりと進みます。




◎読み・・・ひのでばし
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 直方支社
□路線・・・黒崎~直方急行線[急行]・西尾線[2][3]・頓野団地線[1]・イオン直方線[13][直行]など
[PR]

by hansman | 2017-03-16 20:00 | (福岡県)・筑豊 | Comments(0)
2016年 11月 15日

松浦橋・(佐賀県唐津市)

d0158053_23562867.jpg


▲松浦橋を渡る昭和バス

 山紫水明の風情を醸し出す早朝の松浦川。 そして、凛と張った冷たい空気を切るように松浦橋を渡る昭和バス。 現在の松浦橋は戦前の昭和14年に竣工したものが現役で、全長496mに及び、九州でも屈指の川幅を持つ松浦川下流の貴重な渡河ルートとして重宝されました。 筑肥線電化までは鉄道もこの大河に阻まれ、博多からの列車は橋の手前の東唐津駅までで途切れていました。 松浦橋には、現在も路線バスが渡る他、朝の二便だけ唐津城入口まで足を延ばす“特急バスからつ号”が車庫へ戻るために渡ってゆく光景を見ることができます。




◎読み・・・まつうらばし
■運行・・・昭和自動車株式会社 唐津営業所
□路線・・・七山線(唐津~細川)・市内循環線(東ルート) ※橋を渡る系統のみ掲載
[PR]

by hansman | 2016-11-15 20:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2016年 10月 28日

分校下・(福岡県添田町)

d0158053_2135966.jpg


▲第二回西鉄バス完全復活祭

 陣屋から先の山間部へ向かって走った大藪線。 今回のバスツアーでは、この幻の路線ともいうべき終点をめざしました。 帰路、参加者の方より撮影したいとの希望を受けて停車した、山奥の橋にて。 こんな鬱蒼とした部分まで路線が延びた最盛期の西鉄バスの路線網には、凄まじいものを感じます。




◎読み・・・ぶんこうした
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・大藪線(後藤寺~添田~馬場~大藪)
[PR]

by hansman | 2016-10-28 20:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2016年 10月 26日

薬師堂Ⅱ・(福岡県添田町)

d0158053_23511026.jpg


▲中元寺川を渡る虹バス

 遠賀川の支流彦山川のそのまた支流の中元寺川を渡る、旧添田交通カラーの虹バス。 この辺りは田川地区でも最奥部ともいえる一帯で、彼岸花が咲く初秋の、静かな時間が流れてゆきました。




◎読み・・・やくしどう
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・中元寺線[10](後藤寺~川崎・添田~陣屋)
[PR]

by hansman | 2016-10-26 20:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2016年 10月 07日

筌の口温泉Ⅱ・(大分県九重町)

d0158053_21163679.jpg


▲鳴子川を渡る日田バス

 くじゅう夢大吊り橋がかかる鳴子川渓谷に向かって大瀑水となって落ちる、鳴子川の上流に佇む筌の口温泉。 その脇にかかる小さな橋をバスは渡ります。 くじゅう高原の様々な風景を堪能できた日田バスの千町無田(飯田)線は、平成28年9月末をもって廃止となってしまい、今はここを渡るバスの姿は見られません・・・。




◎読み・・・うけのくちおんせん
■運行・・・日田バス株式会社 玖珠営業所
□路線・・・千町無田(飯田)線
[PR]

by hansman | 2016-10-07 20:00 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)
2016年 09月 25日

大吊橋中村口・(大分県九重町)

d0158053_091934.jpg


▲くじゅう夢大吊橋と日田バス

 人道用吊り橋としては日本一の規模を誇るくじゅう夢大吊橋。 川面からの高さは173mに及ぶスケールとスリルで、完成当初より観光客に大人気を博し、くじゅうの山奥は連日大盛況となりました。 バスも長い渋滞に阻まれてダイヤがに未曾有の混乱をきたしました。 開通から9年目を迎え、現在はやや落ち着いたものの大吊橋人気は根強く続いています。




◎読み・・・おおつりばしなかむらぐち
■運行・・・日田バス株式会社 玖珠営業所
□路線・・・登山線(森駅・九重IC・中村駅~くじゅう登山口・牧ノ戸峠)
[PR]

by hansman | 2016-09-25 20:00 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)
2016年 09月 19日

戸畑渡場Ⅳ[終点]・(北九州市戸畑区)

d0158053_22431990.jpg


▲船員労働安全衛生月間

 渡し船から若戸大橋へ、交通の主役が大きく変わって50年―。今なお現役でひとを渡す。その脇でひっそりと姿を消そうとしている西鉄バス戸畑発着所。変わらないと思っていた風景は、気づかないうちに人々の日常から遠い存在へ変わっていました・・・。




d0158053_22434644.jpg

◎読み・・・とばたわたしば
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司・戸畑・小倉自動車営業所
□路線・・・門司~戸畑線[70]・[74]・中原線[93]・鞘ヶ谷線[40]・大谷線[42]
[PR]

by hansman | 2016-09-19 20:01 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(0)
2016年 09月 19日

戸畑渡場Ⅲ・(北九州市戸畑区)

d0158053_20512384.jpg


▲若戸大橋と西鉄バス

 真っ赤な海の架け橋、若戸大橋の戸畑側のたもとで静かな余生をおくる戸畑バスセンター。 昭和60年の電車廃止までは、ここが西鉄戸畑線の終点で、今なお、当時のプラットホームが西鉄バスのりばとして生き残っています。往時は若松から渡船で渡ってきた客を、小倉や八幡へ輸送する中継地点として大きな役割を持っていましたが、バス転換後、年を追うごとに渡船からの乗り継ぎ客は減少し、今では一時間に数本のバスがほとんど居ない乗客を拾って出発してゆきます。戸畑電停の遺構が残る戸畑バスセンターも、今月末で閉鎖されることが決まりました・・・。



d0158053_20593938.jpg
◎読み・・・とばたわたしば
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司・戸畑・小倉自動車営業所
□路線・・・門司~戸畑線[70]・[74]・中原線[93]・鞘ヶ谷線[40]・大谷線[42]
[PR]

by hansman | 2016-09-19 20:00 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(0)