ブログトップ

タグ:海岸 ( 77 ) タグの人気記事


2014年 11月 07日

屋鈍[終点]・(鹿児島県湯湾町)

d0158053_23155551.jpg


▲土俵の脇にたたずむ、しまバス

 贅沢な奄美の休日。奄美の集落には必ずと言っていいほど存在する、ミヤーという土俵兼、集会所。 バスは、何もない海沿いの道をひたすら走り続けて、屋鈍の集落で小休止。



d0158053_23203896.jpg

◎読み・・・やどん
■運行・・・しまバス株式会社 本社営業所
□路線・・・屋鈍線
[PR]

by hansman | 2014-11-07 22:00 | Comments(0)
2014年 10月 27日

浜平・(熊本県天草町)

d0158053_935113.jpg


▲火力発電所を望みながら・・・

 東シナ海の広々とした海を眺めながら、天草の西海岸をゆく産交バスが快適に走ります。海の向こうには長崎半島が間近に眺められ、野母崎から茂木に至る海岸線や、戸町岳など手に取るような近さで、天草と長崎の近さを実感できます。 バスの向こうには苓北町のシンボル、九州電力火力発電所が見えていますが、苓北町はこの発電所のおかげで財政が豊かで、天草下島全域の2市8ヵ町の広域合併で天草市が誕生した際、唯一単独の町としての存続を果たしています。




◎読み・・・はまびら
■運行・・・産交バス株式会社 天草営業所
□路線・・・富岡港~下田線
[PR]

by hansman | 2014-10-27 22:00 | (熊本県)・天草/三角 | Comments(0)
2014年 10月 25日

教会入口Ⅱ・(熊本県河浦町)

d0158053_911768.jpg


▲夕日を浴びて走る産交バス

 サンセットロードとして名高い、天草西海岸の道を、夕方の産交バスが寂しげに走ります。 東シナ海に沈む夕日に照らされながら輝く車体を、右へ左へ。 海岸の幾重にも連なる狭いカーブを次々に曲がってゆきます。



d0158053_9113035.jpg

◎読み・・・きょうかいいりぐち
■運行・・・産交バス株式会社 牛深営業所
□路線・・・一町田~下田線
[PR]

by hansman | 2014-10-25 22:00 | (熊本県)・天草/三角 | Comments(2)
2014年 10月 21日

教会入口・(熊本県河浦町)

d0158053_2044155.jpg


▲天草の海沿いをゆく産交バス

 羊角湾という名の通り、外洋から深く入り込んだ入江は、波穏やか。 素掘りのトンネルをくぐる産交バスは、狭く曲がりくねった海沿いの国道を、慣れたハンドルさばきで丁寧に走ってゆきます。 トンネルの掘削技術が格段に進歩した現代では、岬を貫通した立派な新道が作られましたが、路線バスだけは今でもこうして、津々浦々の集落を廻るために、昔の道を走り続けています。




◎読み・・・きょうかいいりぐち
■運行・・・産交バス株式会社 天草・牛深営業所
□路線・・・一町田~下田線
[PR]

by hansman | 2014-10-21 22:00 | (熊本県)・天草/三角 | Comments(2)
2014年 10月 05日

二川・(鹿児島県根占町)

d0158053_23205731.jpg


▲錦江湾と三州バス

 青く輝く真夏の錦江湾を眺めながら、三州バスは今日も快走しています。 8月にもかかわらず沿線では稲刈りが最盛期を迎えていて、稲を干す光景があちらこちらに。 さすが暖かい南国鹿児島というだけあって、大隅半島の南の方では、夏に収穫して、秋に向けてもう一度田植えをする二期作も可能なのだとか。



d0158053_23211364.jpg

◎読み・・・ふたがわ
■運行・・・三州自動車株式会社 鹿屋運行事務所
□路線・・・大泊線(垂水港・鹿屋~根占~佐多~大泊・外之浦)
[PR]

by hansman | 2014-10-05 22:00 | (鹿児島県)・大隈半島 | Comments(0)
2014年 08月 29日

外之浦[終点]・(鹿児島県佐多町)

d0158053_0135811.jpg


▲最南端の雰囲気は満点だが・・・

 路線バスで行くことが出来なくなって久しい、本土最南端の佐多岬。 それでも、旧佐多岬ロードパークの入口がある大泊集落から、更にひと集落先の外之浦までは、現在も夕方一本のバスが通っています。 最後の小さな峠のトンネルを越え、坂道を下ると、そこが最果ての終点・外之浦です。 海の向こうには種子島をかすかに望み、最南端の雰囲気は満点ですが、緯度ではホテル佐多岬停留所の方がやや南にあるようで、九州最南端停留所の栄冠は手にできず・・・。



d0158053_0132678.jpg

◎読み・・・とのうら
■運行・・・三州自動車株式会社 鹿屋運行事務所
□路線・・・大泊線(鹿屋・垂水港~根占~佐多~大泊・外之浦)
[PR]

by hansman | 2014-08-29 22:00 | (鹿児島県)・大隈半島 | Comments(0)
2014年 08月 25日

浦頭波止場・(長崎県佐世保市)

d0158053_2305443.jpg


▲軍艦と西肥バス

 湾内に軍艦が浮かぶ光景は、軍港佐世保さもありなん、といったところ。とはいえ、佐世保市内でもバスの窓から軍艦を眺められる区間はそうそう多くありません。 ここは西海橋へと続く針尾島の東側をめぐる隠れ家的循環ルートで、平日に4便のバスが走るだけで、土日祝はお休みです。後ろのとんがった山は赤崎岳、その裏側にうっすらと見える山は相浦富士として地元では名高い愛宕山です。



d0158053_2311884.jpg
◎読み・・・うらがしらはとば
■運行・・・西肥自動車株式会社 東部営業所
□路線・・・口木線(重尾~口木~重尾)
[PR]

by hansman | 2014-08-25 22:00 | (長崎県)・佐世保/平戸/松浦 | Comments(0)
2014年 08月 20日

島泊北・(鹿児島県佐多町)

d0158053_223642.jpg


▲青い海をあとにする三州バス

 「佐多は沙汰なし、陸の孤島。」と呼ばれるほど、昔はまともな道が無かった本土最南端の佐多町。昔と言っても、伊座敷から先のバス道路が開通したのは、現いわさきグループが佐多岬を観光開発した昭和38年頃の話だそうで、それまでは天気が良ければ数日に一度船がやって来るようなところだったとか。 大隅半島と対岸の薩摩半島とを分かつ錦江湾も、この辺りからは外洋にひらけ、ダイナミックな青い海を楽しめます。



d0158053_2232230.jpg
◎読み・・・しまどまりきた
■運行・・・三州自動車株式会社 鹿屋運行事務所
□路線・・・大泊線(鹿屋~大泊・外之浦)(垂水港~大泊) ※島泊海岸経由便のみ
[PR]

by hansman | 2014-08-20 22:00 | (鹿児島県)・大隈半島 | Comments(0)
2014年 06月 10日

岩屋入口・(北九州市若松区)

d0158053_22264396.jpg


▲響灘を眺めて

 響灘を眺めながら、若松北海岸をゆく北九州市営バスのローカル路線。若松北海岸は、すでに沖の方まで埋め立てが進んだところが多く、市営バスの路線で海を眺められる箇所はごく限られています。 このあたりの海岸は千畳敷と呼ばれ、干潮時には美しい岩場が出現します。



d0158053_222826100.jpg

◎読み・・・いわやいりぐち
■運行・・・北九州市交通局 向田・若松営業所
□路線・・・高須線(折尾駅~高須公住~かんぽ保養センター)・二島線(折尾駅~二島駅~かんぽ保養センター)・蜑住線(二島駅~蜑住団地~かんぽ保養センター)
[PR]

by hansman | 2014-06-10 22:00 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(0)
2014年 03月 10日

楠泊・(長崎県佐々町)

d0158053_11449.jpg


▲九十九島の海沿いをゆく西肥バス

 佐世保から、平戸方面への国道を北上する半急行バスの路線に並行して、海岸線を走るローカルバスが走っています。 津々浦々にあらわれる漁村と、海に浮かぶ北九十九島の島々が美しいところです。天気が良い日は、すぐそこに平戸島が横たわっています。


d0158053_112422.jpg

◎読み・・・くすどまり
■運行・・・西肥自動車株式会社 北部営業所
□路線・・・北松循環線(佐世保~佐々~楠泊~大加勢~江迎)
[PR]

by hansman | 2014-03-10 06:00 | (長崎県)・佐世保/平戸/松浦 | Comments(0)