ブログトップ

タグ:火山 ( 12 ) タグの人気記事


2016年 01月 11日

東紫原陸橋Ⅱ・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_18512020.jpg


▲桜島と鹿児島市街地をバックに

 穏やかな南国・鹿児島の青空のもと、東紫原陸橋を登るバス。 ここは、台地上に古くから開発された紫原団地への、新たなアクセスルートとして近年開通した区間です。 そのダイナミックなルート選定は、まるでジェットコースターのような坂やカーブ、そして鹿児島の街を一望する雄大な車窓を見せてくれます。
 





◎読み・・・ひがしむらさきばるりっきょう
■運行・・・鹿児島交通株式会社 鹿児島・鹿児島西営業所/鹿児島市交通局 浜町・新栄営業所
□路線・・・東紫原・桜ヶ丘線[19]/東紫原線[15・15-2・15-3]
[PR]

by hansman | 2016-01-11 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2015年 10月 19日

草千里火山博物館前Ⅳ・(熊本県阿蘇町)

d0158053_19244821.jpg


▲火の山・阿蘇と産交バス

 このところ、火山活動が活発な阿蘇・中岳火口。 通常はロープウェーで火口縁まで登って、火口内部をのぞくことができるという、世界でも稀な観光スポットなのですが、平成27年10月現在、火山活動の活発化に伴い、バスは途中の草千里での折り返し運行となっています。 しかし、活きた阿蘇山のスケールを楽しむためには、穏やかな火口を見るのも楽しいですが、こうして常時噴煙が立ち上る姿を目の当たりにするのもまた、良いものです。





◎読み・・・くさせんりかざんはくぶつかん
■運行・・・九州産交バス株式会社 熊本営業所/産交バス株式会社 阿蘇営業所
□路線・・・九州横断バス・(熊本~阿蘇山~黒川温泉~湯布院~別府)/阿蘇登山線・(内牧・阿蘇駅前~阿蘇山西駅)
[PR]

by hansman | 2015-10-19 22:00 | (熊本県)・阿蘇/小国/高森 | Comments(0)
2015年 07月 05日

田上団地中央・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_22262727.jpg


▲桜島と鹿児島交通

 鹿児島市のシンボル・桜島をバックに、団地輸送の市内バスが走ってきました。今年は得に噴火活動が盛んで、1日のうちに何度も噴煙を空高く上げています。





◎読み・・・たがみだんちちゅうおう
■運行・・・鹿児島交通株式会社 鹿児島・鹿児島西営業所
□路線・・・田上団地経由便[24・27・33]
[PR]

by hansman | 2015-07-05 22:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2014年 06月 05日

シーサイドブリッジ{付近}・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_23121382.jpg


▲桜島を背景にして・・・

 夕暮れの錦江湾に浮かぶ桜島を背景にして、鹿児島交通の回送車がゆったりと車庫に帰ってゆきました。
市内から見た桜島は、一日に7回、その色を変えると言われますが、特に夕方のピンク色に染まるその姿は圧巻です。 ここ、シーサイドブリッジを渡るバスは、平日の朝一本。鹿児島駅から鴨池港へ向かう通勤便[特急23]番だけ。この美しい車窓も、県庁勤務のスーツ姿の職員にとっては日常の光景のようで、うたた寝したり、新聞や小説を読んだりと、みなさん思い思いに朝の車内を過ごしています。




◎読み・・・しーさいどぶりっじ
■運行・・・鹿児島交通株式会社 鹿児島営業所
□路線・・・鹿児島駅(シーサイドブリッジ)鴨池港線[特急23]
[PR]

by hansman | 2014-06-05 06:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(2)
2012年 01月 27日

湯之平展望所・(鹿児島県桜島町)

d0158053_15914.jpg


▲1・2号車揃って小休止・・・。

 ここ湯之平展望所は、標高373m。 桜島の中で一般者が立ち入れる所では最高所にあたります。 バスの背景には、先ほど爆発したばかりの桜島がもうもうと噴煙を上げているのが間近で見られ、荒々しい岩肌を剥き出しにした北岳と南岳の姿が、ド迫力で楽しめます。
 展望台からは、北は霧島連山・韓国岳と新燃岳。 西は吉野台地から谷山に至る鹿児島市街地と金峰山。 南は指宿に開聞岳と、鹿児島の端から端までを一目で見渡せて、とても気持ちのよいところです。



d0158053_155571.jpg

◎読み・・・ゆのひらてんぼうしょ
■運行・・・鹿児島市交通局 桜島営業所
□路線・・・桜島アイランドビュー
[PR]

by hansman | 2012-01-27 06:00 | (鹿児島県)・大隈半島 | Comments(2)
2012年 01月 25日

赤水展望広場・(鹿児島県東桜島町)

d0158053_045266.jpg


▲桜島をバックに・・・

 桜島の風景にあまりに魅了されてしまい、昼になってからもう一度乗車した桜島アイランドビュー。 桜島港の乗り場には、観光客が長蛇の列を作っていて、所定のマイクロバスではとても乗車できなかったため、急遽2号車が呼ばれてやってきたのがこちらの中型バス。 鹿児島市内を走る市営バスと何ら変わらない仕様のバスなので、運転手がものすごく恐縮していましたが、むしろ乗車目線の高いこの車の方が、景色を楽しむには適していると思います。
 赤水展望広場は、鹿児島出身の長淵剛さんがオールナイト野外ライブを開いた場所です。 背景には桜島。 対岸には鹿児島市内の夜景。 最高のロケーションです。 ライブ開催時は港からここまで、7万人が歩いて移動したそうです。



d0158053_0561570.jpg

◎読み・・・あかみずてんぼうひろば
■運行・・・鹿児島市交通局 桜島営業所
□路線・・・桜島アイランドビュー
[PR]

by hansman | 2012-01-25 06:00 | (鹿児島県)・大隈半島 | Comments(0)
2011年 10月 07日

車帰り・(熊本県阿蘇町)

d0158053_22124013.jpg


▲往生岳と産交バス

(往生岳をバックにして、世界一の大カルデラの中を、小さな産交バスが走ってきました。“車帰り”はいつ来ても、のどかな雰囲気を感じることのできる好きな場所です。)



d0158053_22125160.jpg
★★平成23年9月30日廃止★★
◎読み・・・くるまがえり
■運行・・・産交バス株式会社 阿蘇営業所
□路線・・・赤水線(車帰り経由)
[PR]

by hansman | 2011-10-07 06:00 | (熊本県)・阿蘇/小国/高森 | Comments(0)
2011年 01月 02日

武中下・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_22313696.jpg


 この年末年始、24年ぶりの大雪に見舞われた鹿児島市内では、すっかり晴れ渡った空に冠雪した桜島が姿を現した。 昨年はおよそ900回という、観測史上最大の噴火回数を記録した桜島。 火山灰をかぶる地元の方にとっては迷惑千万な話だが、今年もその噴火する雄大な姿をひそかに期待している。

※※武岡トンネル入口の真上に位置する“武部神社”から望んだ桜島。 ちょうどここに訪れたら、およそ20日ぶりに目を覚まして噴火を見せてくれました。 小規模ではありますが、これが今年の桜島の“初噴火”です。※※


d0158053_22324439.jpg

◎読み・・・たけちゅうした
■運行・・・南国交通株式会社 鹿児島営業所/鹿児島交通株式会社 鹿児島支社・鹿児島西営業所 など
□路線・・・武岡ハイランド線[11・12・13]・西郷・大峯団地線[14・15・16]・皇徳寺ニュータウン線[17]・松元・伊集院線[18]/中山線[11・13]・桜ヶ丘線[17・18]・紫原線[19・22]・星ヶ峯ニュータウン線[20・20-1・27・33]・西郷団地線[30・30-1] など
[PR]

by hansman | 2011-01-02 22:55 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(2)
2010年 08月 23日

長者原[九重登山口]・(大分県九重町)

d0158053_1962234.jpg


 くじゅう・飯田高原の中でももっとも美しいといわれる、長者原。 草原の中を、やまなみハイウェイの快適な曲線が貫き、夏草は風にゆれ、くじゅうの山々は涼しげに高原をつつみ込む。 その壮大な景色を堪能しつつ、九州横断バスは風を受けて走り去る。


d0158053_1991110.jpg

◎読み・・・ちょうじゃばる[くじゅうとざんぐち]
■運行・・・九州産交バス株式会社 熊本営業所/日田バス株式会社 玖珠営業所/亀の井バス株式会社 別府営業所
□路線・・・九州横断バス[くじゅう号・あそ号] / くじゅう登山線 / くじゅう高原線[37]
[PR]

by hansman | 2010-08-23 19:21 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(2)
2010年 07月 17日

九重少年自然の家前・Ⅱ・(大分県九重町)

d0158053_20341072.jpg


 雄大な、くじゅうの山々を仰ぎながら。 夏の空には雲が流れ、草原の草は風に揺れる。 高原の涼しげな夏の時間が過ぎてゆく。



d0158053_2035250.jpg

◎読み・・・くじゅうしょうねんしぜんのいえまえ
■運行・・・日田バス株式会社 玖珠営業所
□路線・・・くじゅう登山線
[PR]

by hansman | 2010-07-17 20:44 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(2)