ブログトップ

タグ:西鉄バス ( 430 ) タグの人気記事


2017年 04月 09日

原田橋[終点]・(福岡県宇美町)

d0158053_19145310.jpg
























▲往来する西鉄バスと桜のみち

 旧国鉄勝田線の引き込み線路跡に植えられた桜の木が、春先になると、ひとすじのピンクに彩られた道となって、往時のレールの在り処を教えてくれます。 国に買収されるまでの勝田線は、西鉄の前身会社のひとつであった筑前参宮鉄道の手によって営業されており、戦前は同会社によって峠の向こうの太宰府までを結ぶ計画もあったそうですが、ついには幻のうちに潰えて、ここ筑前勝田が終点となりました。

 



d0158053_19224709.jpg










◎読み・・・はるだばし
■運行・・・西日本鉄道株式会社 宇美自動車営業所/西鉄バス二日市 原支社
□路線・・・宇美線[32]・[34](原田橋系統)/太宰府~宇美線[4-1]
[PR]

by hansman | 2017-04-09 22:00 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部 | Comments(0)
2017年 04月 09日

湯川住宅前・(北九州市小倉南区)

d0158053_23515859.jpg


▲安部山公園の桜並木と西鉄バス

 桜スポットの多い北九州市内でも、樹齢が高く、枝ぶりが良い安部山公園の桜並木。 13番・安部山公園ゆきのバスに乗れば、ピンク一色に彩られたトンネルの中を通り抜けることができます。



◎読み・・・ゆがわじゅうたくまえ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 弥生が丘自動車営業所
□路線・・・安倍山公園線[13]
[PR]

by hansman | 2017-04-09 20:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2017年 04月 07日

慈眼山前・(大分県日田市)

d0158053_23310241.jpg



▲慈眼山公園の桜と高速バス日福線(にっぷくせん)

 日田の官公庁街にほど近いところに位置する慈眼山公園は、かつて日田城があったという由緒ある山です。江戸時代には、日田の街は天領として幕府直轄の領地であり、城下町ではありませんでしたが、それより遥か昔の平安時代には日田にもお城があったのだそうです。桜が咲き誇る春の空の下、福岡から到着したハイウェイバスが日田インターを降り、バスセンターまでのラストスパートを駆け抜けてゆきました。


d0158053_23342596.jpg











◎読み・・・じげんざんまえ
■運行・・・日田バス株式会社 日田営業所
□路線・・・有田線(日田~岩下)・小鹿田線(日田~皿山)・済世会線(日田~済生会病院)

※福岡~日田線は当停留所通過


[PR]

by hansman | 2017-04-07 20:00 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)
2017年 04月 05日

市立八幡病院・(北九州市八幡東区)

d0158053_228366.jpg


▲桜並木をゆく西鉄バス

 旧八幡市時代より製鐵病院や、済生会病院と共に、地域の医療センターとしての役目を果たしてきた、北九州市立八幡病院は、今、移転計画が進行中で、昭和50年代よりこの地にあったレンガ調の病棟は、近い将来姿を消す予定です。五市合併によって誕生した北九州市は、いまでも旧市それぞれに病院、図書館などといった公共施設を備えています。




◎読み・・・しりつやはたびょういん
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 香月・戸畑・八幡・小倉自動車営業所
□路線・・・山手線[40](戸畑~鞘ヶ谷・祇園町~八幡駅系統)・小倉~戸畑~黒崎線[91]・大谷線[42]・鳴水線[73]
[PR]

by hansman | 2017-04-05 20:00 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(0)
2017年 04月 03日

呼野・(北九州市小倉南区)

d0158053_2125910.jpg


▲桜満開の西鉄バス田川快速線

 小倉から南へ延びる旧秋月街道に沿って走る、西鉄バス田川快速線。 桜満開の呼野の里をあとにして、バスはこれから北九州と筑豊を隔てる金辺峠越えに臨みます。




◎読み・・・よぶの
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 田川支社
□路線・・・小倉~田川快速線[快速]
[PR]

by hansman | 2017-04-03 20:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2017年 04月 01日

青葉町・(北九州市小倉北区)

d0158053_23325295.jpg


▲都市高速の高架下を疾走

 3月24日の運行をもって、廃止された菜園場経由のバス路線は、そのほとんどの区間を都市高速の高架に蓋をされた道を走行していました。 いつの時代も小倉の街を陰から支えた菜園場地区。 バスもまた長い不遇の時代を静かに終えました。




◎読み・・・あおばまち
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司自動車営業所
□路線・・・門司~小倉線[95](下到津一丁目系統のみ)
[PR]

by hansman | 2017-04-01 21:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2017年 04月 01日

愛宕神社・(北九州市小倉北区)

d0158053_23204495.jpg


▲菜園場JCTと西鉄バス

 都市高速の高架橋が交錯する菜園場地区。 開通後30年以上が経過した北九州都市高速ですが、高架橋の老朽化が進み、また昨今声高に叫ばれている耐震性の問題もあって、大手町ランプから北の高架区間については近い将来撤去が検討されているそうです。 菜園場からバスが居なくなるのも寂しいですが、都市高速のある都会的な風景もしっかり記憶に留めておきたいものです。




◎読み・・・あたごじんじゃ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司自動車営業所
□路線・・・門司~小倉線[95](下到津一丁目系統のみ)

★(注)なお、本日は4月1日です。
[PR]

by hansman | 2017-04-01 20:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2017年 03月 29日

菜園場・(北九州市小倉北区)

d0158053_225514100.jpg


▲菜園場窯跡と西鉄バス

 城下町・小倉の西側外縁部に当たる菜園場地区は、その名の通り、小倉小笠原藩の御用畑が広がっていたところで、後年、河道変更工事が行われるまでは板櫃川の流れと共に静かな農村の風情を漂わせていたそうです。今は都市高速道路の高架橋ですっかり蓋をされ、菜園場窯跡と愛宕神社だけが、現在の喧騒からは想像もつかぬ昔日の面影をわずかに残しています。




◎読み・・・さえんば
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司自動車営業所
□路線・・・門司~小倉線[95](下到津一丁目系統のみ)
[PR]

by hansman | 2017-03-29 20:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2017年 03月 27日

金田三丁目*旧東芝前*・(北九州市小倉北区)

d0158053_22484156.jpg


▲都市高速下を疾走する西鉄バス

 旧電車道沿いの裁判所周辺のイメージが強い金田ですが、その内、金田三丁目は町域がそのままJR九州の小倉工場で、その広大な敷地は菜園場地区や下到津地区に接しています。その工場裏を走る菜園場経由の路線。 以前は、向かい側に東芝北九州工場もあって、工場に囲まれた一帯でした。



d0158053_23202485.jpg
◎読み・・・かなださんちょうめ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司自動車営業所
□路線・・・門司~小倉線[95](下到津一丁目系統)
[PR]

by hansman | 2017-03-27 20:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)
2017年 03月 25日

下到津一丁目[終点]・(北九州市小倉北区)

d0158053_22551672.jpg


▲東筑紫学園をバックに

 旧電車道と一枝線の大幹線が交差する下到津。 その一角の目立たぬところに、菜園場経由のバスのりばがあります。 その昔は到津営業所発着の小倉循環線[5]番のルートとして栄えた菜園場経由は、沿線人口の少なさなどが災いしたのか、小倉循環線の廃止後は一日数本のバスがわずかに走る日陰のような存在となりました。平成29年3月末で廃止になる菜園場経由のバスをしばらく連載いたします。




◎読み・・・しもいとうづいっちょうめ
■運行・・・西鉄バス北九州株式会社 門司自動車営業所
□路線・・・門司~小倉線[95](下到津一丁目発着系統)
[PR]

by hansman | 2017-03-25 20:00 | (福岡県)・門司/小倉 | Comments(0)