ブログトップ

タグ:西鉄バス ( 416 ) タグの人気記事


2010年 05月 12日

九州工大前駅{付近}・(北九州市戸畑区)

d0158053_20344443.jpg




 後方の山は若松の最高峰・石峰山と、尾根伝いに連なる高塔山。 小倉や戸畑から洞海湾を隔てた若松半島への交通は、元来は戸畑渡場までの路面電車と渡し船の連絡によって担われてきたが、若松を含む五市合併によって北九州市が誕生する前年の昭和38年に開通した若戸大橋によって、自動車による往来が飛躍的に便利になった。今では小倉~戸畑を結ぶ都市高速道路が若戸大橋に接続し、路線バスが小倉と若松をダイレクトに結ぶ。


◎読み・・・きゅうしゅうこうだいまええき{ふきん}  ■運行・・・西鉄バス北九州  □路線・・・グリーンパーク線(砂津~都市高速~若松~グリーンパーク)[199番]
[PR]

by hansman | 2010-05-12 20:56 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(0)
2010年 05月 11日

櫛田神社・博多町家ふるさと館前・(福岡市博多区)

d0158053_1863412.jpg




 博多の町の総鎮守・櫛田神社は、初夏の風物詩、博多祇園山笠のフィナーレである追い山の発着地点となっている。早朝4時59分にスタートする一番山に続いて、5分間隔で続々と博多の町を駆け回る追い山は迫力満点だ。 この日は郊外からの西鉄バスも追い山に合わせて、深夜3時台から出発するものもあり、まだ明けやらぬ土居通りや大博通りは、鈴なりの見物客で賑わう。  



◎読み・・・くしだじんじゃ・はかたまちやふるさとかんまえ  ■運行・・・西日本鉄道  □路線・・・福岡シティループバス「ぐりーん」
[PR]

by hansman | 2010-05-11 18:28 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部 | Comments(0)
2010年 05月 10日

八幡高校・(北九州市八幡東区)

d0158053_20343045.jpg


▲工事中の八幡高校前

 道路工事の脇を、西鉄バスが窮屈そうに抜けてゆきます。
 丘の上に開発された新興住宅団地・八幡東ニュータウンから降りて、小倉へ向かいます。
 かつて北九州工業地帯の中核として製鐵景気に沸いた八幡の街には、その発展を象徴するように大量の煤煙が降り注いでいて、大蔵の丘により煙が隔てられたこの辺りは、唯一教育環境が整った場所でした。


◎読み・・・やはたこうこう ■運行・・・西鉄バス北九州 株式会社 小倉・八幡・香月・戸畑・浅野自動車営業所
□路線・・・八幡東ニュータウン線[76]・八幡市内線[43]・中畑線[54]・白谷線[44]・八幡高校線[臨時]
[PR]

by hansman | 2010-05-10 20:46 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(4)
2010年 05月 06日

尾倉町・(北九州市八幡東区)

d0158053_20243449.jpg




 八幡の街のシンボルとなっている皿倉山。標高622mの山頂からは遠くは英彦山、さらに大分の由布岳が見渡せる日もあり、新日本三大夜景にも数えられるパノラマスポットだ。それでも八幡駅とケーブルカーのりばを結ぶバスは、日祝日の1便のみという状態にまで衰退しており、完全にその役目を失っていた。


※廃止済み停留所※

◎読み…おぐらちょう ■運行…西鉄バス北九州 □路線…帆柱ケーブル線[46番]
[PR]

by hansman | 2010-05-06 23:50 | (福岡県)・八幡/戸畑/若松 | Comments(2)
2010年 05月 06日

森林都市・(福岡県宗像市)

d0158053_1945141.jpg


▲赤間急行とフィーダバス

 国道3号線バイパスに沿った丘陵地帯は、福岡市のベッドタウンとして大規模な宅地開発が行われてきました。スーパーマーケットや銀行といった僅かな商業施設が集まる森林都市周辺は、その生活の拠点となっています。
 急行バスはバイパスのランプウェイを上がり、JR赤間駅へのフィーダー路線バスはここから右折し、分かれてゆきます。急行バスで天神へ、JR線で博多へ、ツーウェイアクセスがこの町の売りだそうです。

◎読み…しんりんとし
■運行…西鉄バス宗像
□路線…赤間急行線・森林都市線[8]など
[PR]

by hansman | 2010-05-06 10:09 | (福岡県)・宗像/遠賀 | Comments(4)
2010年 05月 05日

昭和橋・(福岡県杷木町)

d0158053_2322785.jpg


▲昭和橋を渡る西鉄バス

 昭和4年の開通から、ずっと人々の往来や、世相の流れを見つめてきた昭和橋。老体に最後の鞭を打ち、まもなく完成する新しい昭和橋に、いまその座をゆずろうとしています。ここはかつて、筑前と筑後を結ぶ基幹路線だった所でしたが、今や杷木の町と山間部とを結ぶローカル路線のルートに過ぎず、一日に何度か、マイクロバスが往来するだけの状態です。


◎読み・・・しょうわばし
■運行・・・西鉄バス久留米
□路線・・・田篭線・小塩線・妹川線
[PR]

by hansman | 2010-05-05 00:18 | (福岡県)・二日市/朝倉 | Comments(0)