ブログトップ

タグ:車庫 ( 12 ) タグの人気記事


2016年 12月 04日

交通局前Ⅱ・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_2136531.jpg


▲市電車庫と市営バス

 平成27年、鹿児島市交通局が移転し、今では見られなくなったこの風景。 電車通り沿いに所狭しと並べられた電車のある光景は、あまねく鹿児島市民の記憶に刻み込まれているのではないでしょうか。 レトロな電車が大切に使われ続けている鹿児島市電、そしてノスタルジックな車庫や局内の建物群。 市民の思い出と共に、その歴史を新しい交通局へと引き継いでなお、市電・市バスは今日も鹿児島の街を走り続けています。




◎読み・・・こうつうきょくまえ
■運行・・・鹿児島市交通局 各営業所/鹿児島交通株式会社 各営業所
□路線・・・新屋敷経由各路線
[PR]

by hansman | 2016-12-04 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 11月 26日

交通局前★現二中通り★・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_22515419.jpg


▲安全と笑顔で走る電車・バス

 平成27年5月の電車車庫移転に続き、10月のバス営業所の移転に伴い、鹿児島に電車が開業して以来、長きにわたって市バス・市電の運行を支え続けてきた高麗町の交通局が幕を下ろしました。 局内には車庫や整備施設、事務所などが所狭しと建ち並び、そのひとつひとつの建物の古さと味わい深さが、何となく懐かしい昔の小学校の中のような、そんな独特の雰囲気がありました。




◎読み・・・交通局前
■運行・・・鹿児島市交通局 各営業所/鹿児島交通株式会社 各営業所
□路線・・・新屋敷経由各路線
[PR]

by hansman | 2016-11-26 20:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 10月 20日

宮元[車庫]・(福岡県添田町)

d0158053_21562353.jpg


▲宮元車庫と虹バス

 津野地区は、添田の町部の東に横たわる岩石山に隔てられた静かな山村。 地区の中心部は油木ダムに水没し、今は上津野と呼ばれる英彦山の麓に集落が残っています。 その上津野地区には、西鉄バスが夜間停泊していたという宮元車庫が、当時の姿のままで現存しています。最末期の終点はこれより1kmほど上にある山口橋でしたが、昔は宮元が終点だったそうです。今は営農倉庫として利用されており、車庫の中にバスを入れることは出来ませんでしたが、往時の雰囲気をちょっとだけ再現してみました。




◎読み・・・みやもと
■運行・・・砂津本陣會總本部貸切
□路線・・・津野線[12](後藤寺~勾金・油須原~山口橋)・添津線[11](添田~戸立峠~津野支所~山口橋)
[PR]

by hansman | 2016-10-20 20:00 | 西鉄バス完全復活祭 | Comments(0)
2016年 06月 01日

福島支所前・(長崎県福島町)

d0158053_18103397.jpg


▲福島支所にて待機する西肥バス

 隣県の佐賀県伊万里市より橋によって繋がれた福島は、伊万里湾の中に浮かぶ島。 福島支所前は、伊万里から橋を渡って来るバスと、島内を循環するバスの運行拠点です。 橋が繋がる前より、島内にバスが走っていたそうです。



d0158053_1811567.jpg
◎読み・・・ふくしまししょ
■運行・・・西肥自動車株式会社 伊万里営業所
□路線・・・伊万里~福島線・福島循環線
[PR]

by hansman | 2016-06-01 18:00 | (佐賀県)・唐津/伊万里 | Comments(0)
2016年 03月 15日

龍の宮[終点]・(福岡市西区)

d0158053_0172421.jpg


▲遠き山に日は落ちて・・・

 能古島のバスは早じまい。 島のスピーカーから「遠き山に日は落ちて」の物悲しいメロディーが流れる頃、西鉄バスは一日の仕事を終え、運転手だけがフェリーに乗って帰途につきます。 島に留め置きにされたバスは、少し寂しげなたたずまいを残して、やがて長い夜を迎えます。



d0158053_0183758.jpg

◎読み・・・りゅうのみや
■運行・・・西日本鉄道株式会社 愛宕浜自動車営業所
□路線・・・能古島内線
[PR]

by hansman | 2016-03-15 20:00 | (福岡県)・早良/糸島/市内西部 | Comments(0)
2016年 02月 16日

武蔵ケ丘車庫前・(熊本市北区)

d0158053_1812910.jpg


▲武蔵ケ丘車庫に整然と並ぶ産交バスと車庫前を通過する電鉄バス

 熊本市の北に位置する武蔵ケ丘地区は、昭和40年台後半ごろから、丘陵地帯の広大な畑地を開発してできた熊本都市圏屈指のマンモス住宅団地です。この辺りは、熊本市内から北の菊池方面へ延びる電鉄バスの運行エリアと、北東の大津方面へ延びる産交バスの運行エリアの境界線に当たることから、電鉄・産交がそれぞれ乗り入れており、武蔵ケ丘車庫も両社が隣接して設置されました。 平成27年11月、菊陽町側に開発された光の森地区に新たに光の森営業所が開設されたことから、産交の武蔵ケ丘車庫はひっそりとその役目を終えました。 新しかった街も成熟し、徐々に世代交代しつつあります。



d0158053_18224725.jpg
◎読み・・・むさしがおかしゃこまえ
[PR]

by hansman | 2016-02-16 20:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2015年 09月 17日

伊美・(大分県国見町)

d0158053_23295454.jpg


▲車庫で待機する大分交通のバスたち

 国東半島の離れ小島・姫島とを結ぶ姫島村営フェリーが発着する、伊美港にほど近い伊美。 こじんまりした車庫に、待合所があるバス交通の拠点です。 国東半島の海岸沿いは、今でもローカル路線バスを乗り継いで廻ることができ、ここは、その際の乗り換えポイントの一つとなるところです。



d0158053_2335197.jpg

◎読み・・・いみ
■運行・・・国東観光バス株式会社 国東営業所/大交北部バス株式会社 高田営業所
□路線・・・宇佐駅~豊後高田~伊美線・国東~伊美線・西方寺線・赤根線・岐部線
[PR]

by hansman | 2015-09-17 22:00 | (大分県)・国東半島/宇佐/中津 | Comments(0)
2012年 09月 29日

小原[終点]Ⅱ・(宮崎県北郷村)

d0158053_23571950.jpg


▲小原の立派な格納庫

 山奥の終点でよく見かける、格納庫付きの立派な車庫ですが、ここのは各段に立派です。 こんな山間部の車庫にまできっちりと、それも三色塗りの美しさを維持するとは“さすが宮崎交通”といわざるを得ません。
 宮崎交通は昔から、花やフェニックスなどの樹木を植えるなど、沿線の修景を自費で行ってきた会社なのですが、その社風のせいかどうなのか、何もこんな山奥の車庫にまで美しさを追求するとは・・・。 九州の他のバス会社ではなかなか見られない美意識を感じることができます。



d0158053_23593688.jpg
★★平成24年9月30日廃止★★
◎読み・・・こばる
■運行・・・宮崎交通株式会社 日向自動車営業所
□路線・・・宇納間線(日向~門川~小原)
[PR]

by hansman | 2012-09-29 06:00 | (宮崎県)・延岡/高千穂/日向 | Comments(0)
2012年 02月 11日

水俣車庫・(熊本県水俣市)

d0158053_114127.jpg


▲車庫で休む南国バスを横目に産交バス

 熊本県の南端・水俣は、地元の産交バスはもとより、鹿児島県側の大口や出水・阿久根方面より鹿児島県の南国バスも越境して乗り入れてきます。 南国交通も市内に車庫を構えており、出水・阿久根ゆきの発着点となっています。
 水俣は小さい町なので、市内の移動に路線バスを利用しようという需要は昔からあまり無く、地元住民は熊本県の産交バスよりも、他県の南国バスの方が利用機会が多く、親近感があるのではないかと思います。空港も熊本空港よりも鹿児島空港が利用される地域ですし、交流も八代方面より出水方面の方に向いているところです。



d0158053_1141887.jpg
◎読み・・・みなまたしゃこ
■運行・・・南国交通株式会社 出水・大口営業所
□路線・・・水俣~出水阿久根線・空港~大口水俣線
※産交バスは停車しません。
[PR]

by hansman | 2012-02-11 06:00 | (熊本県)・八代/人吉/水俣 | Comments(0)
2012年 02月 03日

桜の里ターミナル・(長崎県長崎市)

d0158053_233548100.jpg


▲これぞ長崎バス名物

 長崎市の北西部のはずれ、新興住宅地の分譲が進む桜の里に、長崎バスの一大運行拠点、桜の里ターミナルがあります。 ここの名物は何といっても、遠くからも望める5階建てのバス専用立体駐車場です。
 バス用の立体駐車場って、全国津々浦々探してもなかなか見つからない、というか、他には無いのではないでしょうか。 それが、長崎バスには桜の里以外にも合わせて3箇所も存在します。
 もちろん長崎バスが儲かっているからこんな壮大なものが建設できるのではありますが、それ以上に、斜面が多く平地に恵まれない長崎では、このように狭い場所にいかに多くのバスを駐車できるかということが重要で、そういう土地柄がこのようなバスの立体駐車場を作り出したのでしょう。
 早朝の出庫前など、上階までびっしりとバスが駐車しているの光景は壮観です。 闇夜の中、美しく光る夜の立体駐車場もなかなか素敵です。
 



d0158053_2336446.jpg

◎読み・・・さくらのさとたーみなる
■運行・・・長崎自動車株式会社 桜の里営業所/さいかい交通株式会社 瀬戸営業所
□路線・・・内海線[1]・小江原線[3]・外海線[1]
[PR]

by hansman | 2012-02-03 06:00 | (長崎県)・長崎市内近郊/西海 | Comments(0)