ブログトップ

タグ:農村風景 ( 67 ) タグの人気記事


2016年 06月 16日

金武Ⅳ・(福岡市西区) ~旧三瀬街道・金武宿をゆく~

d0158053_22473163.jpg


▲旧三瀬街道をゆくスマートループ

 福岡市西区という行政区分が到底似合わない、静かな空気が漂う金武地区。ここには、昭和30年に福岡市に吸収されて消滅した、旧早良郡金武村の風情が今もなお残っています。 このあと市内に出たバスは、まるでこんな場所を走ってきた事は無かったことであるかのような涼しい顔をして、シーサイドももち地区や博多の大都会を走ります。



d0158053_22475966.jpg
◎読み・・・かなたけ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 金武自動車営業所
□路線・・・金武線[2](天神~早良口~金武)・シーサイド線[306](博多駅~タワー~金武)
[PR]

by hansman | 2016-06-16 18:00 | (福岡県)・早良/糸島/市内西部
2016年 06月 13日

南金武Ⅱ・(福岡市西区) ~旧三瀬街道・金武宿をゆく~

d0158053_23175183.jpg


▲金武の里をゆく西鉄バス

 遠くに望むシーサイド地区の近代的な高層ビル群のシルエットと、手前の田園風景が不釣り合いなワンカット。 昭和50年代以降西南部へ驚異的な都市化の波を発した福岡都市圏では、こうしたのどかな風景はすっかり郊外の外縁部に追いやられました。 とはいえ、それは天神からバスに乗って、わずか1時間ほど揺られれば、農村地帯に足を踏み入れることが可能という事でもあります。 海、山が近く、自然に囲まれた街という点は、福岡の都市としての大きな魅力の一つです。



d0158053_2318710.jpg
◎読み・・・みなみかなたけ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 金武自動車営業所
□路線・・・金武線[2](天神~早良口~金武)・シーサイド線[306](博多駅~タワー~金武)
※写真の区間に関係する路線のみ掲載。
[PR]

by hansman | 2016-06-13 18:00 | (福岡県)・早良/糸島/市内西部 | Comments(0)
2016年 05月 14日

川久保・(熊本県菊陽町)

d0158053_23304093.jpg


▲菊陽町の野を駆けるキャロッピー号

 [子20]系統の大津ゆきが廃止となり、産交の直営路線はここを通らなくなりましたが、今は菊陽町が運営するキャロッピー号が走ります。 菊陽町は、熊本都市圏のベッドタウンとして栄える北西部の光の森地区において、人口が急増している反面、南東部には白川の氾濫原と河岸段丘に沿って、ニンジン畑広がっており、同一町域において、その性格が大きく異なっています。



d0158053_23304970.jpg
◎読み・・・かわくぼ
■運行・・・産交バス株式会社 大津営業所
□路線・・・菊陽町巡回バス 東部循環線
[PR]

by hansman | 2016-05-14 18:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2016年 05月 08日

丸岡[終点]・(鹿児島県鹿児島市)

d0158053_18395010.jpg


▲かわいらしい丸岡を背景にして・・・

 高原の広々としたサトイモ畑の中を、バスがゆっくりと走り抜ける丸岡地区。 鹿児島市の北西部に連なる台地上にそびえるお椀を返したようなかわいらしい山の名が丸岡の由来です。 丸岡地区には、国道三号線河頭から分岐し、皆与志地区を経てやってくる、旧林田産業交通の路線の終点と、坂元・下田などを経由して本城地区へ抜ける南国バスの路線の双方が乗り入れています。 

※南国交通の丸岡は、こちらをご参照ください。




◎読み・・・まるおか
■運行・・・鹿児島交通株式会社(旧林田系) 鹿児島営業所
□路線・・・丸岡線[60][60-1]・花野団地線[63]
[PR]

by hansman | 2016-05-08 18:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊 | Comments(0)
2016年 04月 05日

仁保・(福岡県庄内町) ~筑豊特急の走るみち~

d0158053_12304157.jpg


▲春の筑豊路をゆく筑豊急行

 筑豊特急の兄弟路線である筑豊急行に充当される、ブルーの塗装が美しい福北ラインカラーの車が、筑豊の春の野を駆け巡ります。福北ラインカラーは、かつて福岡~北九州を結ぶ高速バス専用で活躍したカラーです。 路線ごとにカラフルな色を纏った西鉄の高速バスのバブルの絶頂期の僅かな余香を残しながら、最後の力走を見せています。



d0158053_12315150.jpg
◎読み・・・にほ
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 田川支社・飯塚本社
□路線・・・福岡~筑豊線[特急・急行] ・庄内線[2](飯塚~赤坂橋)
[PR]

by hansman | 2016-04-05 20:00 | (福岡県)・筑豊 | Comments(0)
2016年 03月 12日

松延・(福岡県筑紫野市) ~筑紫平野をのんびりと~

d0158053_0552349.jpg


▲筑紫平野をのんびりと西鉄バス

 二日市から甘木市内を経て、杷木へ向かうルートは、その昔朝倉軌道という軽便鉄道が県道上を闊歩していた伝統的なルートで、現在の西鉄バスに至るまで、その歴史は深く、そして乗客の需要も旺盛で、元気な路線です。 血気盛んな社風であったといわれる朝倉軌道の従業員が、戦後も長きにわたって西鉄社員として残り、この路線の繁栄を支えてきました。
 



d0158053_0564436.jpg
◎読み・・・まつのぶ
■運行・・・西鉄バス二日市株式会社 甘木支社
□路線・・・甘木幹線[40・41](二日市~甘木~杷木)・博多駅~甘木線[400]
[PR]

by hansman | 2016-03-12 20:00 | (福岡県)・二日市/朝倉 | Comments(1)
2016年 03月 03日

越早Ⅱ・(熊本県砥用町) ~秘境路線バスをゆくシリーズ~

d0158053_20531378.jpg


▲越早をゆく上り便(熊本市内ゆき)

 朝もや立ち込める静かな農村を、ゆっくりと下る熊本バス内大臣線は、緑豊かな矢部地方と熊本の都心を結ぶ長大路線です。 下界ではそろそろ通勤ラッシュの渋滞が始まる朝の時間帯ですが、バスはそんな事とはまるで無縁のような、のんびりとした面持ちです。 しかしこの牧歌的な風情をも漂わせるローカルバスも、これから30~40分ほど緑川の流れに沿って走り、熊本平野の街並みに突入する頃には、にわかに通勤バスへと仕立て上げられ、慌ただしい熊本の朝の足へと変貌するのです。

・越早ののんびりとした佇まいは→コチラへ(ほぼ西鉄バスの旅)



d0158053_20533737.jpg
◎読み・・・おっそう
■運行・・・熊本バス株式会社 熊本中央・甲佐営業所
□路線・・・内大臣線[南21](熊本~甲佐~砥用~浜町)
[PR]

by hansman | 2016-03-03 20:00 | (熊本県)・城南/矢部/蘇陽 | Comments(0)
2016年 01月 17日

上村・(熊本県菊陽町)

d0158053_23442271.jpg


▲大津の街並みと産交バス伴合線

 菊陽町はニンジンの一大産地で、熊本空港のある高遊原台地の北側斜面一帯の、火山灰地質の肥沃な畑地にも、広大なニンジン畑が広がります。 向こうに見える大津の町並みは、もう間近に。お昼の産交バスが熊本市内から戻ってきました。



d0158053_23444075.jpg

★★平成27年11月30日廃止★★
◎読み・・・うえむら
■運行・・・九州産交バス株式会社 大津営業所
□路線・・・伴合線[子11](熊本~伴合~陣内~大津)
[PR]

by hansman | 2016-01-17 22:00 | (熊本県)・熊本市内近郊 | Comments(0)
2015年 10月 01日

上代太郎・(大分県玖珠町)

d0158053_22435774.jpg


▲坂を下る日田バス

 玖珠町と日田市とを結ぶ峠の途中、上代太郎。のどかな里山風景が広がりますが、すぐそこには大分自動車道の天瀬高塚インターチェンジ、そして高塚愛宕地蔵尊がある賑やかなところです。玖珠~日田間の路線バスは、玖珠川沿いを遡上してゆく天瀬経由と、山越えの高塚経由の2ルートが走り、それぞれに違った趣の車窓を楽しめます。



d0158053_2244206.jpg

◎読み・・・かみだいたろう
■運行・・・日田バス株式会社 玖珠営業所
□路線・・・高塚線(日田~高塚~玖珠)
[PR]

by hansman | 2015-10-01 22:00 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)
2015年 09月 28日

中廻江・(熊本県富合町)

d0158053_026962.jpg


▲夕陽と熊本バス

 実りの秋の訪れを告げる熊本平野。 有明海の遥か西の空へ夕日が沈みます。バスの後ろには、海の向こう、長崎県の雲仙岳が薄っすらとその美しい姿を見せています。



d0158053_0263299.jpg

◎読み・・・なかまいのえ
■運行・・・熊本バス株式会社 熊本中央営業所
□路線・・・川尻線[川13](熊本~川尻~城南)
[PR]

by hansman | 2015-09-28 22:00 | (熊本県)・城南/矢部/蘇陽 | Comments(2)