ブログトップ

タグ:農村風景 ( 67 ) タグの人気記事


2012年 04月 01日

南公民館・(熊本県高森町)

d0158053_22113597.jpg


▲外輪山に沿ってゆく産交バス

 津留・林の両集落で、極上の狭隘路を走り終えたバスは、今度は外輪山の内側の縁をたどりながら、高森の町へと戻ってゆきます。 この外輪山の縁から眺める車窓風景が大変優美で、生活感あふれる高森の農村のバックに雄大な阿蘇のやまなみが広がるという、贅沢な眺めを楽しむことが出来た区間です。
 途中には巨大な御神木が立つ、高森阿蘇神社が静かに佇んでいます。



d0158053_2212102.jpg
★★平成24年3月31日廃止★★
◎読み・・・みなみこうみんかん
■運行・・・産交バス株式会社 高森営業所
□路線・・・高森町民バス 高森環状線
[PR]

by hansman | 2012-04-01 06:00 | (熊本県)・阿蘇/小国/高森 | Comments(0)
2012年 03月 31日

林Ⅱ・(熊本県高森町)

d0158053_2157166.jpg


▲根子岳をバックに・・・

 高森町のシンボル的存在・根子岳は、阿蘇の五岳のひとつ。 相変わらず、高森町民バスでは定番の極狭道路を走ります。
 この高森環状線は、この3月で廃止となってしまいました。 同じ高森町民バスでも、山岳部を走る各路線は利用者が多く堅調なようですが、ここは中途半端に町に近いこと、また近い割には週に2日しか動かないという不便さが相まって、なかなか利用が延びなかったのかもしれません。



d0158053_21574444.jpg
★★平成24年3月31日廃止★★
◎読み・・・はやし
■運行・・・産交バス株式会社 高森営業所
□路線・・・高森町民バス 高森環状線
[PR]

by hansman | 2012-03-31 06:00 | (熊本県)・阿蘇/小国/高森 | Comments(0)
2012年 03月 07日

宮園・(福岡県甘木市)

d0158053_2332066.jpg


▲春らんまんの宮園にて・・

 宮園のうるわしい春の景色の中を、西鉄バスがゆっくりとたどってゆきます。 新芽が芽吹き、あたたかな陽気が漂い出して、これからまた四季折々の色合いを見せてゆく農村の風景ですが、バスはあと数日で終わってしまいます。 出会いと別れの春ということで、去りゆくバスの代替は4月から乗合タクシーが走り始めたそうですが、やはり乗合タクシーよりも西鉄バスの方が、断然田舎の道にはよく溶け込むものだと思います。



d0158053_2391128.jpg
★★平成22年3月廃止★★
◎読み・・・みやぞの
■運行・・・西鉄バス久留米株式会社 吉井支社
□路線・・・黒川線
[PR]

by hansman | 2012-03-07 06:00 | (福岡県)・二日市/朝倉 | Comments(0)
2012年 03月 04日

黒川[終点]・(福岡県甘木市)

d0158053_2148158.jpg


▲黒川をあとにする西鉄バス

 冬晴れの凛とした空気の中、西鉄バスがゆったりと集落を下りて行きます。 杷木を起点に運行する路線ですが、志波から峠を越えた黒川地区は旧甘木市域であり、行政的には長らく杷木とは繋がりがありませんでした。 それでも住民の移動需要は、近くて便利な杷木町方向に向いていたようで、路線バスは本来向かうべき甘木方向ではなく、峠を越えてでも杷木をめざして走っていました。



d0158053_21511250.jpg
★★平成22年3月廃止★★
◎読み・・・くろかわ
■運行・・・西鉄バス久留米株式会社 吉井支社
□路線・・・黒川線(杷木~黒川)
[PR]

by hansman | 2012-03-04 06:00 | (福岡県)・二日市/朝倉 | Comments(0)
2012年 02月 23日

日吉神社前・(大分県玖珠町)

d0158053_23352767.jpg


▲のどかな集落・日出生をゆく

 この風景を見ると、西鉄バスが、どえらくのどかな所を走っているな~と思われるかもしれませんが、実はこれは大分県の日田バス。 西鉄のお下がりを、ほぼそのままの姿で走らせています。
 院内町との町境はもうすぐそこ。安心院からやって来る大分交通の田所ゆきの終点も近いですが、路線は繋がっていません。 地元の方の話によれば、昔は大分交通のバスが田所を越えて、日出生を通り、そのまま玖珠町の中心部の森駅前まで乗り入れていた時代があったのだそうです。 日出生といえば、陸上自衛隊の演習場を思い浮かべる方が多いと存じますが、演習場はここからは少し離れていて、むしろ龍門線の終点・田代の方が近いのではないでしょうか。



d0158053_23384221.jpg

◎読み・・・ひよしじんじゃまえ
■運行・・・日田バス株式会社 玖珠営業所
□路線・・・日出生線
[PR]

by hansman | 2012-02-23 06:00 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)
2012年 01月 12日

慈恩寺・(熊本県植木町)

d0158053_2249539.jpg


▲産交バス山鹿ゆき

 熊本市内から国道3号線を一路北へ、県北の温泉町・山鹿へ向けて走る産交バスの山鹿線は、木山や松橋・大津などと並んで、九州産交の基幹路線をなしています。
 山鹿ゆきは[京5]~[京9]の系統番号が割り当てられ、それぞれ山鹿市内でどのような経路を通るかという識別になっているのですが、中でも著しく便数が少ない[京9]は特徴的で、植木の町を抜けるとおもむろに国道を外れて、植木温泉を経由します。
 特に山鹿側の温泉への取り付け道路は狭くて、大型バスがやってくるのは場違いじゃないかという所を走り抜けてゆきます。数多い山鹿線の中でも、一日わずか2往復の[京9]植木温泉経由ですが、是非一度乗って頂きたい素朴な“寄り道路線”です。



d0158053_22501239.jpg

◎読み・・・じおんじ
■運行・・・九州産交バス株式会社 山鹿営業所
□路線・・・山鹿線(植木温泉経由)[京9]
[PR]

by hansman | 2012-01-12 06:00 | (熊本県)・山鹿/菊池/玉名/荒尾 | Comments(0)
2011年 12月 23日

横峰・(大分県安岐町)

d0158053_21482147.jpg


▲両子山をバックに・・・

 両子山を後にして、お昼の安岐ゆきが下ってゆきました。 この日は朝から快晴で、この写真を撮る一時間ほど前までは青空が広がっていましたが、どういう空の成りゆきなのか、バスが来る時間になると雲が空を覆いつくしてしまいました。 
 写真のバスは、もう20年以上使っているんではないかという骨董品の部類ですが、そのような気配を感じさせない走りっぷりです。 この両子線の一部便が乗り入れる、梅園の里という複乗区間があるのですが、そこの坂がバスにとっては結構な急傾斜で、ウンウンとエンジンを唸らせて登るのは爽快です。



d0158053_21485338.jpg
◎読み・・・よこみね
■運行・・・国東観光バス株式会社 杵築営業所
□路線・・・両子線
[PR]

by hansman | 2011-12-23 06:00 | (大分県)・国東半島/宇佐/中津 | Comments(2)