ブログトップ

タグ:高原 ( 5 ) タグの人気記事


2016年 10月 15日

高柳・(大分県九重町)

d0158053_2336756.jpg


▲大船山と日田バス

 雲間にたなびく大船山をバックに、日田バスがひた走ります。今でも雄大な風景を求めて世界各国から観光客を呼ぶくじゅうの高原美。 その中にあって、ここに住む人々の生活に携わってきた千町無田線は、地味な役回りに甘んじつつも、いつもくじゅうの素晴らしい風景の中にとけ込んでいました。 観光路線とは一味違う、本当の美しさがそこにありました。



d0158053_23362661.jpg
◎読み・・・たかやなぎ
■運行・・・日田バス株式会社 玖珠営業所
□路線・・・千町無田(飯田)線
[PR]

by hansman | 2016-10-15 20:00 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)
2016年 10月 14日

吉部・(大分県九重町)

d0158053_23273979.jpg


▲飯田高原を快走する日田バス

 車窓には広々とした飯田高原と、その向こうにくじゅう連山を望む千町無田線。その雄大さは、九州の路線バス屈指といえるでしょう。 道の両側に電柱が一本もないバス道路は、九州内をくまなく探してもそうそうありません。




◎読み・・・よしべ
■運行・・・日田バス株式会社 玖珠営業所
□路線・・・千町無田(飯田)線
[PR]

by hansman | 2016-10-14 20:00 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)
2016年 10月 11日

千町無田・(大分県九重町)

d0158053_22573580.jpg


▲高原をゆく日田バス

 その昔は、田畑の耕作が出来ない瓦礫の原だったと言われる千町無田は、筑後川流域から開拓に上がってきた人々によって開墾され、現在は高原に広々とした田園風景を作り出しています。まっすぐにひかれた道を、千町無田線が快走します。



d0158053_22575392.jpg
◎読み・・・せんちょうむた
■運行・・・日田バス株式会社 玖珠営業所
□路線・・・千町無田(飯田)線
[PR]

by hansman | 2016-10-11 20:00 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)
2011年 05月 01日

高柳・(大分県九重町)

d0158053_23295482.jpg


 ◆くじゅうのやまなみを背景に、広大な飯田高原を走る。

 (後ろにはくじゅうの山々が屏風のようにそびえています。 四季折々の美しさを見せる飯田高原の中のまっすぐな道を走ってゆきます。 飯田小学校から谷底の温泉へ急降下し、それから狭く曲がりくねった道をひたすら登って飯田高原に出れば、壮大な景観が車窓いっぱいに見ることが出来る、といった路線展開は、九州の路線バスでも屈指の乗りごたえ満点のローカル路線といえます。千町無田線は、あまり人に知られたくない路線ですが、ぜひ乗っていただきたいとも思います。 平日しか動きませんので注意が必要です。)



d0158053_2334866.jpg

◎読み・・・たかやなぎ
■運行・・・日田バス株式会社 玖珠営業所
□路線・・・千町無田線[スクール兼用]
[PR]

by hansman | 2011-05-01 21:07 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(4)
2011年 05月 01日

吉部・(大分県九重町)

d0158053_23105699.jpg


 ◆いかにも高原といった雰囲気の中を走り抜ける千町無田線。

 (標高880m、飯田高原唯一の米どころである千町無田は、いまから約1300年前に朝日長者という豪族が居を構え、「後ろ千町、前千町」という広大な水田によって財を成したそうです。 伝説について詳しくは九州産交の九州横断バスの車内放送にて紹介されていますので実際に乗車してお聞きいただきたいのですが、この長者が神前の餅に向かって矢を射ったことをきっかけに米の育たない土地=千町無田 となってしまいました。 その後筑後川大洪水で下流から逃れた人々によって開墾され、現在のような広大な水田となったそうです。 バスは千町無田から小さな丘(写真の位置)を越えると、水田地帯から牧草地帯へと車窓が変化してゆきます。)



d0158053_23113053.jpg
◎読み・・・よしぶ
■運行・・・日田バス株式会社 玖珠営業所
□路線・・・千町無田線[スクール兼用]
[PR]

by hansman | 2011-05-01 05:22 | (大分県)・日田/くじゅう | Comments(0)