ブログトップ
2012年 02月 21日

平清水・(大分県臼杵市)

d0158053_2156136.jpg


▲三重の塔と三重町ゆき

 臼杵にやってくると、まず目に入るのがフンドーキンの工場と、ここ龍源寺の立派な三重の塔。 西南戦争のとき、寺は全焼しましたが、山門と塔だけは焼け残りました。
 臼杵と大分市内や佐賀関、三重町などを結ぶ路線バスは、この寺の前の道を往来しています。 臼杵の町並みは、古い寺社仏閣や商店、民家などが建ち並び、歩くだけでも楽しいところです。



d0158053_215804.jpg
◎読み・・・ひらそうず
■運行・・・大分バス株式会社 大分中央営業所/臼津交通株式会社 臼杵本社/大野竹田バス株式会社 大野本社
□路線・・・臼杵線(大分~臼杵)・臼三線(臼杵~三重町)・一尺屋線(臼杵~佐賀関)
[PR]

by hansman | 2012-02-21 06:00 | (大分県)・佐伯/臼津


<< 日吉神社前・(大分県玖珠町)      コミュニティセンター前[終点]... >>